2017 BH & Corridore

こんにちはbici-okadamanです。
水曜日は定休日でしたが、展示会日ということで東京出張でした。1会場だけでしたが多数の代理店が集合する日でしたので効率的とは言え疲れた~(笑)。

と、言うことで展示会での商談してきたものご紹介。
まずは、Corridoreという代理店。スペイン有数(たぶん2位ではないかとは思いますが)のBHとスペシャルバイクとしてカーボンのオリジナルバイクを製作しているSARTOと言うブランドを取扱っています。その他にSpiuk(ヘルメット、サングラス、シューズ)とWishbone(台湾:BB&リアディレーラーのプーリー)。

1-img_0578
BHの会社自体の歴史はすでに100年以上だそうで、Orbeaと並んで代表的なスペインメーカーとして認識されています。特徴は他社よりもスローピングが強いデザインと言うこと。Giantなどが始めたスローピングデザインですがシート高さなどの自由度は確かに高く、剛性と軽量化の両立という点でも合理的だと思います。重量重心が下がるメリットもあってダンシングなどではバイクが振りやすいと感じるかもしれません。

ロードだけでも
Race (オールマイティ)
Aero
Endurance
Sport
と色分けできるラインナップがあるので、競技志向でもイベント志向でもそれぞれ価格に応じてモデルをそろえることができています。比較的他社よりもカラーリングの種類が多いのも選択しやすくていいんじゃないかと思います。ちなみに見た目に反して「ビッグサイズ」が入荷できるのも魅力的です!190㎝前後まで対応サイズを載せているブランドなんて・・・見たいことないです(苦笑)。

1-img_0586
レースモデルのUltralight 105完成車(¥358,000+tax、フレーム288,000)
上位モデルにEvoモデルもあります
1-img_0588
evoモデルアルテグラ完成車。
完成車重量でEvoのアルテグラモデルは6.4kgと記載されているくらい超軽量なバイクです。
僕個人の主観がはいるのですが市民レースやエンデューロの他にヒルクライム系を得意にしているなら強力な武器になると思いますよ。スローピングフレームは比較的剛性が高くなるイメージがありますが特にリア側のシートステーなど衝撃吸収に配慮された設計もされているように走りやすいバイクになっているでしょう。

1-img_0585
エアロ系G7(diskのみ)とG6。
フルエアロ・・・的なバイクではありませんが、レースで使うには使いやすいシートポスト構造やハンドル、ブレーキなどの汎用部品仕様など、実戦仕様(レースが続くようなライダー向けかと)。
メカニックが付くような選手であれば・・・当然サポートにバイクメンテしてもらえば良いんですが、そんな状況は??なので取扱いがしやすいこともレース活動を続けるにはポイントとして考えた方がいいです。もうひとつはエアロロードでも登れるかどうかって大事でしょう。重量が増えにくい構造しているのは強みです。

1-img_0579
ちなみに今年はCarbonのベーシックなグレードとアルミバイクの価格が若干値下がりしていて部品の選択を含めてコストパフォーマンスだけでなく価格的にもいいね!と思いますよ。

もうひとつの展示ブランド
Sarto。
2枚目の写真をみてもらえばその個性と手の掛けようは凄いです。
そして3枚目のカラーリング!(実は知り合いのかたのバイクです^^;)
これまではスペシャルバイク・パーツの製作会社だったそうで、いわゆるワンオフのようなバイクだったと思いますが2014年から自らのブランド名をだすバイクを展開しはじめたということです。

1-img_0590  1-img_05911-img_0597

もうひとつ重要な部品ブランドがこちら。
Wishbone。
フレームに装着してベアリングを固定し、クランクの軸を通すためのパーツがBB(ボトムブラケット)ですが、近年はいわゆるネジの締めこみ式ではなくて、圧入式(おしこんでるだけ)の規格が多くて、音鳴りなどに悩まされる人が出ていた部品。
圧入式でなくても音が出ることがあったくらい、しっかり固定されていなければならない部品なんですが圧入式って押し込んでいるだけなので公差の問題で音鳴りとかショップでも困るケースって多いです。
その大部分を解消しようというのがこのウィッシュボーンのBB。
圧入式のタイプは多くは左右連結することがないのですが、ウィッシュボーンは通常の圧入に加えて内部の中央で左右をねじ込み連結させてしまうタイプ。左右交互にかかるペダリングの圧力を一体に受け止める効果も発揮するでしょうね。
さて、その圧入式BB。実は種類が多すぎてすべてのBBタイプとクランク径タイプに対応しているブランドってありません。ウィッシュボーンは大多数のブランドへ対応してくれていますが・・・まだごく1部のBB&クランクタイプに対応していない・・・それが厄介なことに僕が乗っているBB86 ×Power2max(ROTOR 30φシャフト)と言う組み合わせなんですよね・・・と、言うことで確認したのですがもうちょっと掛かりそうだと・・・テスト状況も確認したのですがかなり大変そうですね(苦笑)。

1-img_0576

と、いうことで今日はまだアップが続きます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。