秋冬系ウェアで必要なもの

こんにちはbici-okadamanです。
今日は雨天ですが明日は晴れるようで・・・よかった。(定休日が僕の休日なので)。
日に日に朝の気温が低下してきてウェアの切り替えに悩まされるようになりました。

朝は寒いけど、日中は暖かい。
登っている最中は暑いけど、下り始めると汗が冷えて寒い。
日なたはまだ暖かいけど、日陰が続くと寒い。

・・・と言う感じです。
ある状況では暑くてある状況では寒い・・・となるのでウェアの選択がとても難しい。
更に寒くなって冬用ウェア一択となっても、ライダーによっては「暑い!」と思う場面があるためウェアの重ね着に関しては少しずつでも増やしていった方が良いと思います。

この時期に重宝するのは
アームウォーマー&レッグウォーマー
ノースリーブ(or半袖)の目の詰まった秋冬アンダーウェア
ウィンドブレーカー
指付きグローブ
があると半袖+パンススタイルに組み合わせるだけでもう少し走れます。

1-2016-10-25-15-53-58
冬場に重宝なDefeet GLOVEが入荷しました。
ただの軍手?と思うなかれ、プロツアーチーム選手でもかなりの選手がこのグローブを春先に使用しています。目の詰まった網目が通気性を適度に抑え、発汗を外へだし、手が汗で濡れた状態にならないのが最大のメリットです。(実際に以前は「軍手」をして春先にレースをしていたこともあります)冬場の手先が凍えないようにするためには「グローブによって手先が汗で濡れてしまう」ことを避けることが一番効果的に思います。どれだけ高級で保温性、防風性に優れていても汗で濡れてしまうとどんどん冷やされてしまうことを実感します。冬場用のグローブはサブグローブでも良いのでdefeetを持つのがもっともいい対処方法だと思うのです。

アーム&レッグウォーマー
ニット系であれば特にQ36.5だったりDefeetのような「夏用のアームカバー&レッグカバー」でも持っていると便利です。この辺の製品は冬用である必要ないくらい暖かいです。逆にパールイズミやレリックなどのレーサーパンツ系の素材のものは裏起毛タイプの冬用をそろえないと厳しいです。展示会などで見解を聞いているとメーカーの「適温にする」と言う考え方が違うところからきているようですね。

ウィンドブレーカー
静岡あたりだと真冬時期でも「ウィンドベスト(防風素材のノースリーブ)」を持っているだけで対処できるのでgruppoでは初代のベストがこの時期もっとも活躍するのですが・・・欲しいよと言う方はご相談くださいませ。(まだトップシーズンには間に合います)
長袖タイプにせよベストにせよ、もっとも重要なのは身体(冬ウェアを着た状態)にフィットするかどうかです。ゆっくり走るから・・・と言う人でもなるべくフィットしているものを選ぶべきです。理由は空気抵抗。ウィンドブレーカーは名前の通り風を遮ってしまうので空気抵抗が増してしまう。さらに風の強い季節でもあるので自分の走力に関係なく「向かい風」で体力を浪費するなんてこと避けたい。そのための「ベスト」と言う選択肢でもありますが、ともかく「フィットしていること」が重要になってきます。少量ずつではありますが、rericなどのフィット感の良いものを在庫してますので試着もしてもらうとよろしかろうかと。

と、言うわけで「今の季節」に必要なものを考えてみました。
冬はまだ先です(笑)。
冬ウェア、シューズカバーなどのご相談も随時お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリー: bici-okadaman パーマリンク