2時間ちょっとライドに行ってきました。(定休日です^^;)

水曜日、お店の休日は週1ですのでちょっと長めに走ってきます。
・・・と言っても2時間ちょっとですが(苦笑)。
グループライドの時と違って単独でペースを維持するトレーニングを中心にしています。
気持ちや時間的余裕があればもう少し長く走るのですが、イベントライドが中心であればこのくらいでも充分ですね。今の僕で60㎞・獲得標高600m、平均時速27-28㎞/hと言ったところです。
今日は休憩場所で知り合いの方に会いまして、少しお話をしましたので休憩時間が15分ほどでしたが、4-5分休憩もいずれは無しでとかんがえているのですが・・・。

1130-1 今日は道中の気温が平均8℃ということだったようですが、行きはゆるく登っているコースなので暑くて途中でウィンドベストを脱ぎました。パンツはまだ夏用を使用してレッグウォーマーで走っています。
ウェアの方はアンダーがQ36.5 L/S ベースレイヤー3でジャージがreric Lepusロングジャージ。アンダーが8℃以下対応なのですがジャージの方は12-18℃対応です。今日はこれでちょうどよかったです。暑くもなく寒くもなくという意味で。Lepusは防風素材が入っているジャージで透湿性に優れているとはいうもののトレーニングなどでは大量に汗をかくのに間に合わないと僕は思っています。なので、たいていはもう少し寒い時にちょうど良いんですよね。しかも、このウェアは薄手でストレッチがそれなりにあるので身体にフィットしやすく、冬場の大敵の風対策も効果大でした。

で、今日は僕の向かい風対策(笑)。
1130-2

38cm幅のハンドル+ブラケットを若干内側へ向けています。
※一応、僕の身長は182㎝、肩幅も42-3㎝ありますよ。
空力的に幅を狭くすると同時に前面投影面積からなるべく体の中へ腕を入れてしまうための方策です。(アダムハンセン選手と同じ・・・と言うか真似ですが。)
ハンドル操作とダンシングではちょっと癖がありますが、慣れてしまった今ではまったく違和感がないですね。僕の場合はもともと肘が外へ開く癖があるのでハンドル幅については狭くなっても肘の位置で調整しているのではないかと言うのが僕の見解です。肘から下が内側へ入っているのではないかと。だからむちゃくちゃ空力がよくなるというわけでもないのですが体感はできる程度・・・かな。
この効果がでかいのは・・・大きい人ですね。通常は肩幅基準でハンドル幅が決まります。

冬装備のキモは見えないところ

こんにちは、bici-okadamanです。

今朝はまだ夏ウェア+αで走ることができました。
夏用長袖のウェア+ビブパンツが基本でもちろん色々使いましたけど。
静岡の冬は基本的に暖かいのが前提なので、各ブランドから出ているウェアの極寒用を着る頻度は・・・年に1か月あるかないかです。着なくても成り立ちますかね。なので、あまりお勧めしてません。
※初日の出ライドやナイトライドをする方はまた別の話です。あれは本当に寒い・・・。

model
夏用ウェアで出撃とは言え、アンダーウェアは冬用を着用しました。レッグウォーマーももう欲しいですね、夏用でもタイツ(足首までのタイプ)の人はまだそれで大丈夫のようです。
あとはネックゲイター代わりにチューブバンダナ。BUFFお勧めです(デザイン多すぎなので基本的に受注入荷させています)。夏場はヘッドキャップ替わり、冬場はネックゲイターにしたりイヤー(耳)キャップにしたり。
もうひとつは「ウィンドベスト」・・・ウィンドブレーカーの袖なしタイプを着用することが多いです。極寒シーズンでも冬用ウェアのもっとも外側はウィンドベストが使いやすいです。腕まで防風素材で覆ってしまうと暑いのです。

と、言うことで静岡の冬は「走り出しこそ寒く感じるものの日中ライドは極寒用はいらない」と思って丁度いいと思います。今年の冬が寒くても責任持てませんが。
各ブランド10℃前後対応がもっとも使いやすい、防風素材系は体幹部だけで十分、風が入ってくるような対策は小物で・・と言うのが僕の基本的なスタイルです。ロードライドで休憩が少ない人は・・・寒さ対策が仇になるケースもありますよ。
もっとも重要なアイテムは「アンダーウェア」の方です。冬場とは言えロードライディングはかなり汗をかきます。ウェアの選択を間違えて厚着してしまうとウェアの内部はひどい汗。アンダーウェアが重要なのは、この汗をとにかく「排出すること」。防風素材系のウェアを着ていると透湿性も妨げてしまうケースがあり、体表面が汗で濡れたままになると水分が風で急激に冷やされて「凍えてしまう」からとにかく体表面に残らないようにしてほしいのが理由です。他スポーツ用でも冬用アンダーは各種でていますが、自転車特有の事象としては胸側は風を受けるけど背中側は風を受けにくいという問題もありますね。ランニング以上に問題になることがあるので近年の自転車用アンダーは前後でまるで違うデザインになっているものが多いのも特徴です。
と、言うことで冬用アンダーは何社かを状況に応じて使い分けしていますが・・・僕のおすすめもありますのでbici-okadamanでご相談ください。

1-img_5811

 

ちなみに冬用のグローブもこれが重宝です。
極寒用としてはさすがに耐えきれませんが、手が汗をかき始めたらDefeetのグローブに切り替えて使用するという作戦もお勧めです。極寒用は使い始めはかなり暖かいのですが、汗をかき始めると透湿性の悪さ・防風性(と言っても冷気が抜けてはいってくることが多いです)のせいで汗を冷やしてしまい冷たい水の中に手を突っ込んでいる状況のような凍えっぷりに遭遇することがありますしね。
Defeetはただの軍手じゃないんです。目の詰まった微妙に風を遮るセーターのような存在?と思って丁度いいかなぁ。

1-2016-10-25-15-53-58

冬もほぼ毎朝走っています。
どんなウェアが欲しい?ご相談くださいませ。

オーバーホールのススメと消耗品

今週はオーバーホール作業が1件。
ただいま、その準備作業に取り掛かっています。
消耗品としてどこまでを交換するか、再使用するか部品の見極めをしていかなくては。

ぱっと見の判断ではリアディレーラーのプーリーは要交換でした。
歯の部分と肉抜きの部分の厚みがかなり薄くなっているほど摩耗しているように「見えます」。
2年ぶりでのオーバーホールと言うことなのですが、僕が見る限りではこの部品は次の2年持たないだろうと思います。歯の底の部分が途中で抜けてしまうように千切れてしまうのではないかと。
プーリーのアルミ製品は「意外と」消耗度が激しいパーツです。
purley

ちなみに下の写真からは今回のバイクではありませんよ、念のため。
雨天走行がそれほど多くないとは言っても、路面の水たまりや濡れ、あるいは汗などによってフォークの付け根にあるヘッドベアリングが泥・錆びだらけになっているというのはよくある話。
徹底的に洗浄してもボロボロになっているようであれば交換しますし、それほどでなければグリスアップしておきますが、この辺はフレーム&ベアリングのシール性に関わっていることが多くて乗った環境だけではないようです。

1-2016-03-20-15-57-15

オーバーホール以前に「変速がうまく決まらない」と言うこともあります。
多少の事であれば「エンド修正」で曲げを治しますが、見るからに曲がっているねと言うケースであれば「部品交換」が発生します。例えば競技をやっている人などは「予備品を持っておいてね」とお願いすることもあります。変速のトラブル自体もオーバーホールで発覚するケースがたまにありますね。

1-2016-04-023

これもオーバーホールで分かった例ですが、なぜ普段気が付きにくいかと言うと、チェーンオイルで黒くなっていることと、そもそもチェーンが掛かっているので当たっている部分が見えないからです。元形状を忘れていてこれが普通だと思い込んでしまうこともあります。変速が少しずつおかしくなっているのですがそんなもんだろうと乗っていることもあります。

1-2016-02-018

定期的なオーバーホールが必要なのは異常を発見するためと言うことでもある・・・。
フレームが割れていた例(寿命によるものと判断しました)。
フレームの方も綺麗に洗浄して拭き取るわけですが、それ以前に?と言う線があって気が付きました。色々気が付くことがあります・・・。

1-2016-02-08-11-14-55

もちろん、オーバーホールは大作業なので、乗る条件(天候や距離、競技で使うのか普段乗りなのかハレの日のバイクなのか)や整備状況(きちんと手入れがされているバイクほどオーバーホール期間は開けても大丈夫ですが・・そういう人ほど感覚が短いです^^;)などによって、あるいは定期的に部品交換などの整備をまめにしている人は部分オーバーホールの状況なので全体には必要なかったり・・・と色々なパターンがあります。
それでもロードでだいたい2年を最長の目処にオーバーホールされると、より長く楽しく乗れるのではないかと思いますよ。

また、タイヤ、チェーン、バーテープ、人によってはブレーキシューなどもオーバーホール毎より早い消耗度になっている場合がありますのでこまめにチェックされることをお勧めします。
例えばタイヤはパンクがなくても3,000-7,000km、チェーンも通常なら3,000-5,000㎞あたりが目安かと…。

・・・と、言うことで今週はオーバーホール作業だけあと1台までとさせていただきます。
(それ以外の作業は余裕がありますので大丈夫です^^;)

もうひとつのサイクリンググループ。

おはようございますbici-okadamanです。

今朝はうちの父たちのグループのライドがみんなで出発していきました。
僕はほとんどノータッチで少しずつ輪が広がっているグループですが、みんな思い思いの恰好で走ってます。
unspecified-1

元々は地域の友人同士で走りにいっていましたが、それを見た友人などから昔持っていたバイクを治してもう一回走りたいねとオーバーホールや修理の話をいただいて合流したかたもいます。なので、基本的には「オールドバイク」の集まりだったりします(笑)。また、父母のバイクは基本的にはリアバッグ付きにしてあります。道の駅や無人販売所、地域の御店に寄ってくるのが好きなので大きなバッグは必要なんですよ。これはこれでサイクリングの楽しみでもありますからね。
勝手連的なグループは継続が難しいと言えば難しいのですがあくまでマイペースでやっていってもらいたいものです。

と、言うわけで・・・。
以前乗っていたけどまた乗りたいねと言う方もどうぞバイクをお持ち込みくださいませ。
用途によってはまだまだ現役の自転車になるかもしれませんし、最新バイクよりも愉しさがあるかもしれません。そういう修理やオーバーホールもやっています。

限定1個(ブレーキブースター)

<在庫処分?残り1個です>
ふとしたことで思い出したのですが、通常のキャリパーブレーキの「踏力」をアップさせるためのフロントブレーキ用ブースターが1個みつかりました。(まだ隠し持っていたらしい)。

ワイヤを引く量を途中で変換させることで25%ほどブレーキ踏力をアップさせるための部品です。
もう、在庫についてはこれ1個じゃないだろうかというモノ。
ロードバイク専用品です(笑)。
unspecified2

どちらかと言うと握力の弱い女性向きのパーツだと思います。
たとえば、峠からの下りで「腕がパンパンになってしまう」と言う人向きです。
僕の場合は、下りで長時間ブレーキを握り続けるような状況でも腕が張って握れないということはまず起こりません。(カーボンホイールの特性もあって長時間は握り続けることができないということもあります)ですが、この問題を訴える人がまだ多いのも確かなんですね。
モデルチェンジごとにそういった問題を訴える人が減ってきているメーカーのモノの進化もありますがまだまだこういう部品も必要なんですけどね・・。

と、言うことで限定1個しか残っていませんが2600円+工賃(2160円)で対応できますので気づいた方はお早めに~(残っていたと言うことはそこまでじゃないかもしれないけどネ)

手組ホイール組みました。

こんにちは、bici-okadamanです。

ホイールを組みました。
と、言っても普通のホイールを普通にですが(笑)。
テンションのズレ、振れのズレはまぁ最小限に抑えられているとは自負してますけどね。
初期段階でテンションのズレを失くすように細かく調整していくと自然に振れもなくなるんです。最初のテンションズレを放置して振ればかり見ながら組んでしまうとリムを歪ませてしまうので最後の最後でテンション合わない微小な振れが取れない・・・と言うオチにならないようにとやっています。

unspecified

目的がロードレースやトライアスロン、普段のライドでも記録や速さを意識されるようなライダーであれば、いわゆる「完組み」と呼ばれている各ブランドのホイールに専用設計の利点があるので僕もこちらを敢えて勧めることはありません。
手組みでも勝負できないことはないけど、見た目のスペックでなかなか勝てないと思うのです。たとえば軽さ、空気抵抗(スポーク本数を減らすのはなかなか難しい)、見た目などはね。まして、価格面でもなかなか勝負できません。(部品をよせあつめるだけで完組ホイール以上の価格になっていたりしますから・・・)

それでも近年はホイールの各部品への注目度もましてきて、例えば「ハブ」だったり「リム」だったり「スポーク」だったり、組み方だったりに個性をだしたホイールを組みたいねという相談を受けることはありますね。例えばハブを1点豪華に組むというやり方もありだと思います。リム・スポークは消耗品と割り切ってしまうのが例えばGOKISOやChrisKingハブで組むときに考えられますから。そういうやり方だと完組ホイールを購入して乗り換えていくよりも安上がりになる可能性もありますね。

 

本日のsmrは中止としました。(#2016/11/27報告)

おはようございます。bici-okadamanです。
今日のsmrは中止としました。
smr

一応ウェアは着用済みで待っていましたが(笑)
天気予報でも6-10時前後だけ曇りで山間部は雨、そして午後は雨・・・。
路面はすでに濡れている。
晩秋で来週からは暦上は冬ですからね・・・。
と、言うことで中止です。

%ef%bc%92unspecified

高草山もこんな様子ですからね・・・。
ちなみに7時30分には地域のビーチクリーン作戦(浜の掃除)も「雨天のため中止します」と放送が入りました。
%ef%bc%93unspecified

 

bici-okadamanは予定通り11:00ごろから営業開始します。
それではまた後で。