TTバイクの組付け中です。

こんにちはbici-okadamanです。

TTバイクの注文をいただきましたので組付け中です。
BH Aerolight(’15モデル)フレーム・・・タイミングよく15年から現在までほぼ継続モデルとして出ていたものを入手することができました。最新カラーではない、一部変更点があるが店側の方で対応できる、と言う条件付きにはなりましたけどね。こういう条件付きのもの、各メーカーに残っているケースもありますがあまり期待しないでください(笑)。

bh3

今回はトライアスロン用途としてのTTバイクではなく、自転車競技としてのTTバイクです。トライアスロンよりも競技規則的な制約が大きいので、例えばCEEPOやFELTでもIAシリーズなどは選択できませんでした。CEEPOなどは比較的「自転車競技的タイムトライアルバイク」の基準からは外れていないのですが、あくまでルールに合わせるひつようがあるのでそういう点も注意してきます。

bh2
トライアスロンではOKでロードのTTではNGな点に注意する必要があるのがハンドル・サドルの前後位置です。ルール上ハンドルとサドルのどちらか片方は前後位置の基準を守らなければならず、緩和措置があるもう片方のことも考えながら位置を決定していく必要があるのです。と、いうことでなるべく早い時点でチェックはしておかないと。

bh12

もうひとつ厄介な点はハンドル高さかな(苦笑)。
特にロードのTTは「空気抵抗との勝負」を優先して「長距離の快適性」には目を瞑っても大丈夫かなと思っています。TTバーの位置は外ハンドルの位置が決まってから高さも調整できるので、不要な高さは切ってしまいたい・・・けど切りすぎると元へ戻せないので。
後ろのバイクは念のためにポジションが大幅におかしくないかの確認中・・・です。

BH Aeroligthtについては完成したらまたきちんと。
確認のためにワイドタイヤを履かせてみましたが27mm幅+25CホイールもOKのようです。
むしろフレームとホイールの段差などを考えると細身のホイールよりも相性が良さそうです。
細身のタイヤ&細いリムは見た目にも軽さ的にも速そうには見えるのですが、組みながら細部をチェックしているとトータルではワイドタイヤの方が空力的に良さそうだというのはなるほどとも思えます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。