TTバイクの組付け中です。

こんにちはbici-okadamanです。

TTバイクの注文をいただきましたので組付け中です。
BH Aerolight(’15モデル)フレーム・・・タイミングよく15年から現在までほぼ継続モデルとして出ていたものを入手することができました。最新カラーではない、一部変更点があるが店側の方で対応できる、と言う条件付きにはなりましたけどね。こういう条件付きのもの、各メーカーに残っているケースもありますがあまり期待しないでください(笑)。

bh3

今回はトライアスロン用途としてのTTバイクではなく、自転車競技としてのTTバイクです。トライアスロンよりも競技規則的な制約が大きいので、例えばCEEPOやFELTでもIAシリーズなどは選択できませんでした。CEEPOなどは比較的「自転車競技的タイムトライアルバイク」の基準からは外れていないのですが、あくまでルールに合わせるひつようがあるのでそういう点も注意してきます。

bh2
トライアスロンではOKでロードのTTではNGな点に注意する必要があるのがハンドル・サドルの前後位置です。ルール上ハンドルとサドルのどちらか片方は前後位置の基準を守らなければならず、緩和措置があるもう片方のことも考えながら位置を決定していく必要があるのです。と、いうことでなるべく早い時点でチェックはしておかないと。

bh12

もうひとつ厄介な点はハンドル高さかな(苦笑)。
特にロードのTTは「空気抵抗との勝負」を優先して「長距離の快適性」には目を瞑っても大丈夫かなと思っています。TTバーの位置は外ハンドルの位置が決まってから高さも調整できるので、不要な高さは切ってしまいたい・・・けど切りすぎると元へ戻せないので。
後ろのバイクは念のためにポジションが大幅におかしくないかの確認中・・・です。

BH Aeroligthtについては完成したらまたきちんと。
確認のためにワイドタイヤを履かせてみましたが27mm幅+25CホイールもOKのようです。
むしろフレームとホイールの段差などを考えると細身のホイールよりも相性が良さそうです。
細身のタイヤ&細いリムは見た目にも軽さ的にも速そうには見えるのですが、組みながら細部をチェックしているとトータルではワイドタイヤの方が空力的に良さそうだというのはなるほどとも思えます。

ROTORキャンペーン

ROTOR よりスペシャルキャンペーンのお知らせだそうです。

ROTOR のパワーメーター IN Power(3D+ 110PCD)限定50set
(165・170・172.5・175の在庫限り)
(2016/11/24-12/20 まで)
NoQ 52/36 100,000+tax
Q-rings 52/36(red) 126,000+tax

まだ大丈夫だと思うけど・・・(苦笑)。
IN Powerは片側計測タイプのパワーメーターですね。
単3電池を使用するという点も斬新と言えば斬新ですが、片側のみでもペダリング計測モードは備えていてローラー台などでのペダリングスムースネスは計測できます。そしてペダル計測モードによってQ-ringsの最適な取り付け位置を評価できるという機能ももちあわせているので、特にトライアスリート向けで「前乗りでOCPセッティングを変更したほうがいいかどうか迷う」と言う場合には有効かなと。ロードの基本は「3」で僕は良いと思いますし、前乗りにしている現在でも3のままですので僕はあまり気にしていないんですが・・・(笑)。

取り急ぎギア板も込みですので相当お得なセットにはなっています。
注意したいのはINPOWERは30mmφシャフトなのでBB86系ユーザーはBBの選択肢が狭くて苦労します←実体験。

チューブレスタイヤのこと

こんにちはbici-okadamanです。

今更感あるかも?ですが、チューブレスタイヤのこと。
南アルプスロングライドに参加する直前から妻のSCOTT SOLACE DISKの完成車ホイールをそのままチューブレス化しました。実際にはチューブレスレディ化と言うらしいですが・・・(MTBでは明確に分かれている?でもロードじゃそこまではっきりとは分けてませんよね。)

チューブレスタイヤのメリットは
「パンク時のエア漏れの速度低減」・・・内部チューブが破裂すると言うことを避けることができる。
「タイヤとチューブの弾性違いによるエネルギー損失」・・とくに低気圧運用しているタイヤでは顕著かと。
「タイヤ重量の軽減?」・・・太くなればなるほどその可能性が大きいのでは
・・・と思っていますが実際に乗り心地、転がり抵抗・・・とてもいいです。

1-2016-11-16-09-00-13

完成車ホイールはクリンチャー(CL)リムですから、完全にはチューブレス(TL)リムとは言えませんが構造上はほぼほぼ一緒の「ビード引っ掛け式」リム構造です。元々チューブレスリムは2wayと呼ばれているように、内部にチューブを入れるクリンチャータイプも、入れないチューブレスタイプも対応しているケースがほとんどです。タイヤに関していえばチューブレスタイヤの方がクリンチャータイヤに比べてよりしっかりとビードを引っ掛けてリムに密着している方式と考えれば良いので・・・たしかに「クリンチャーリムでチューブレスタイヤのエア漏れがおこらなければ大丈夫」とは言えるんですよねぇ・・・。

1-2016-11-025
他社からもいくつかチューブレス化キットが出ていますが、比較的老舗でもあるStan’s No Tubesのチューブレス化キットを使用しています。組み付け時の様子はおもいっきしすっ飛ばしますがエア漏れはほとんどなく、チューブ入りのクリンチャータイヤと同じような運用が可能になっています。

と、いうことでチューブレス化。
エア漏れやシーラントに起因する懸念事項もあって、一概に「全部OKだぜ!」とは言えないものの、とりあえずは問題ないようです。
普通の手持ちホイールをチューブレス化できるとなると「わざわざチューブレス対応のホイールを準備する」と言う必要がなくなるので、チューブレスタイヤの導入テストには良いですよ。もうひとつはお気に入りのホイールをそのままチューブレス化できるメリットもあります。(クリンチャー用リム故にちょっと嵌めにくいケースもありますが)
チューブレス化のメリットは太いサイズになるほど出てくると僕は予想してますが、南アルプスロングライドでのインプレッションはとりあえずよかったようです。また、今後シクロクロス用のホイールもチューブレス化する予定でいます。

作業についてはご自分でできる!と言いきれない部分(チューブレスホイール&チューブレスタイヤよりもちょっと面倒なエア漏れ対処)があるのですが、bici-okadamanでも対応しますので詳細はお問合せ下さいませ。

今週の予定

こんにちは、bici-okadamanです。朝方の東北沖地震にはやはり緊張しましたね。NHKのニュースでは同時に静岡での震度がでていたので一瞬静岡でも地震があったのかと身構えました。なにはともあれ、被災地を思うと同時に備えにも一層取り組まなければと感じました。

ところで、今週は珍しく水曜日が祝日でお休みです。bici-okadamanの定休日と重なってはおりますが、そのまま定休日でお休みとさせていただきます。妻は勤め人ですし、子供たちもせっかくの祝日おやすみなので家族サービス?をする予定です(笑)。自転車?乗れるかな・・・?^^;

今日の入荷物・・・Power2max用の電池、CR2450Nを10個入荷しました。
これでしばらくはP2M電池の在庫があります。
一応、バッテリーローと出る仕様になっていると思いますが、唐突に電池が切れるとP2Mはコンビニエンスストアで調達ができません。肝心かなめのレース前に・・・と言うお話もいただくことがあるのでなるべく常置する方向でやっています。個人的にはコストパフォーマンス・安定性・対応範囲などの面でPower2maxパワーメーターがおススメしているので。

2-2016-11-22-14-00-59

バーエンド用のネジ固定式のキャップです。
Sim-works by Nitto製です。プラキャップに比べたらやっぱり重量ありますが、プラキャップは意外と飛ばして失くす人が多いのです。そのままにしてしまうと危険だし、バーテープが解れてしまうこともあるのでここ最近は「しっかりしたものを」使う傾向が出てきています。なにより小物部分は失くなってしまうと悪い意味で目立ってしまうので・・・。

1-2016-11-21-17-06-38
遠征にぴったりなFeedbackのローラー台、入荷しています。
今回の1つに限っては交換用の練習ホイール付き(スプロケットなし、タイヤ有り)となっています。
ぶっちゃけこの方式に関しては交換用ホイール要らないと思うのですが(苦笑)、「要らない」と言う人は次の人へ回す方式で・・・最初に「欲しい」と言っていただいた方限定で用意させていただきます。

2016-10-17-12-08-20

南アルプスロングライド行ってきました!

おはようございます。bici-okadamanです。
昨日はお休みをいただいて、smr/gruppo bici-okadamanの皆さんと南アルプスロングライドへ参加してきました。(と、言っても僕はサポート兼子守りでしたが笑)

昨年までツールド富士川として開催されていたイベントが2日間に拡大、そのうちの日曜日に1dayエントリーでした。gruppo bici-okadamanとしては計13名のエントリー、会社の仲間とエントリーされた方など他にも合わせると・・・15名?かな。八ヶ岳GFや佐渡ロングライドのようなビッグイベント
でも10名近くでエントリーしたことがありますが、南アルプスロングライドはそこまで大規模でもなくこれほどgruppoが目立ったイベントも始まって以来かも!でした。
1-2016-11-20-08-08-19-1

ロングライドのイベントのやり方として、コース中は参加者の走り方に任せてコース中細かく立哨して頂いているイベントも数多いのですが、南アルプスロングライドは地元ライダーを中心にサポートライダーが10-20人程度のグループの前を引いていくというスタイルを取っていて、途中途中で見ているとなかなか大変そうとは思うものの、よく率先して走られているなと言う印象でした。gruppoのメンバーも数グループに分かれたりするもののエイドごとにほぼ合流しなおしてバラバラになって走ることを極力避けられていたので思ったよりも走れたのではないかと。仲間の存在ってロングライドでは大きいですからね。

1-2016-11-20-10-49-25

僕の方もコースそばにあるクラフトパークなどで子守り?をさせつつコースの途中途中へなるべく回って3-4か所で写真を撮ったり、声を掛けたりで楽しませてもらいました。みんながとても楽しそうに走っているのが印象的でした。他のクラブの方などにも親し気に声をかけていただいたり、手を振ってもらったり子供たちも楽しみましたしね。

1-2016-11-20-15-57-30

最終ヒルクライム&ダウンヒルは「パス」も選択できるコースなので、力量や余裕度に合わせることで初心者からでも「ちょっと練習すればチャレンジできそうなコース」だと思います。秋のイベントがとてもたくさんあるのでsmr+(プラス)をやる余裕もなく・・・来年は「smr+の代りにこのイベントにでましょう!」ってことでも良いかなー楽しめるかなーと言う感想でした。

参加、同行の皆さまお疲れさまでした&完走おめでとうございました。
来年もぜひ参加しましょう!
P.S.シクロワイアード載るかも・・・(笑)

12月1日から

そういえば最近のニュースで

「静岡県でもタンデム自転車の走行がOKになりました。」

と言うのがありましたね。12月1日からだそうです。
これでご夫婦やカップル、親子でツーリングがやりやすくなりましたよ(笑)。
「通常の自転車の2人乗り」ではなくて「2人がちゃんとペダルを漕いで走ることのできる自転車」ということ、ですからね。いつかbici-okadamanでもタンデム自転車売れないかなーと。(僕の友人の中で一人だけタンデム自転車を購入した人がいますが・・・乗ってないとか、もったいない^^)

そんなニュースがありましたよ、と言うことで。

明日は臨時休業&smrも自主運行日(#2016/11/20予定)

焼津は天気が回復しました!
で、明日は南アルプスロングライドへ行ってきます!(もちろん雨でも行く予定でしたが笑)
参加のぐるっぽ皆様、朝が早い予定ですがよろしくお願いいたします。

11月20日の予定になります。
smrは自主運行日となります。
bici-okadamanは臨時休業日となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017 SCOTTのカタログ在中

雨降り土曜日うらめしいです。こんにちはbici-okadamanです。

2017年SCOTTのバイク~エクイップメントカタログが入荷してきました。
SCOTTとSyncrossの両方と言うことですね。
とりあえず先着で10名様程度分は在庫ありますので欲しい方はお早めに。
SCOTTバイクの方もすでに2017年は入荷が始まっていますのでご検討の方もお早めに、と言うことですね。ロード、MTB、今年はシクロクロスにグラベルロードなども展開充実です。

1-2016-11-19-11-20-43

ちなみにbici-okadamanで普段乗っているバイクは Addict とSolace Diskです。
1-2016-11-05-09-45-14
Addictは僕が普段乗っています。オールマイティに走れるロードバイク、タイミングの問題でちょうどADDICTが新型になった年だったのでFOILではなくこちらに乗っています。今だったらFOILにしたかもしれませんがADDICTも気に入っていますよ。もちろん、同じパーツで組めばADDICTの方が軽いです(笑)。
もう一台、SOLACE DISKは妻が乗っていますがようやく時代が追いついてきたのかなと思うDISKブレーキ+スルーアクスル形式のエンデュランスロード系。でも乗っている限りでは普通にロードバイクですし、より強力なブレーキとしなやかな足回り(特に後輪側は)を併せ持っている点でロングライドのお供にはベストチョイスだと自負しています。ちょうどこのバイクを探すときに候補になっていた別ブランドは通常の9mmクイックでしたが、ディスクブレーキロードの将来はたぶんスルーアクスル形式になるだろうということでこちらを選択したんです。使い勝手も問題ないですし、ディスクブレーキに関わる問題回避やクイックのバイクでたまに見かける精度悪くホイールが嵌っているケースも避けられますし、ディスクロード+スルーアクスルは良いと思いますよ。

と、いうことでちょっとサイズが特殊ではありますが、SCOTTバイクの試乗どちらもできますので試乗も合わせてSCOTTご検討くださいませ。

Niner RLT9 STEEL + LAUF CRIT 試乗しました

こんにちはbici-okadamanです。

夕方ぎりぎりになってしまいましたが、今日はこれを紹介です。
Niner RLT9 STEEL & LAUF CRIT 。
29インチMTBを得意としていたNinerが生んだRLT9というグラベルロードシリーズのうち、鉄系フレームに・・・リーフスプリングと言うサスペンション形式を(再び?)持ち込んだLAUFのグラベルロード用30mmトラベルフォークの組み合わせ。
1-2016-11-17-16-25-09

特に今回の目玉はこれ↓。
すでにユーロバイクなどでお目見えしていてRidleyにも装着されていたり、インターバイクでも装着バイクがあったりと注目度は満点なようですが、これまでのMTB用よりもトラベル量は短く、30mmと通常のロードライディングで邪魔にならないようにはしてあります。

1-2016-11-17-16-25-15

1-2016-11-17-16-25-25

試乗してみた感想は、もう別物のバイクです。とても楽しくて、グラベルでは少々の段差や凹凸を気にすることなく走りに集中でき、オンロードでも路面の衝撃を気にすることなく疲労度の少ないバイクになります。ノーマルのフォークでも試乗させてもらったことがありますが良くも悪くもリジッドフォークですよね。衝撃吸収性に関してはダートを走っていても、路面のつなぎ目だけでもまるで絨毯の上にいるかのようです。特にフロント側のトラベルがあることで体幹も安定しますし、段差に身構える頻度もさがるし、その分走りに集中できるだけの仕掛けのあるとても楽しいサスペンションフォーク。
このフォークのもう一つ素晴らしいのは、メンテナンスフリーなこと。単に板ばねを複数枚使用しているだけなので機構的な部分がないのもロードで慣れたライダー向けですよ。

と、言うことで・・・でも、試乗だけで展示はできないんですが、
イベントがある際はぜひ、代理店の「ミズタニ自転車」がブース出展しているかどうか調べてみてください(笑)。

カーボンワイドリム

bici-okadamanです。今日は定休日ですが走ってきたついでにちょっとアップします。

これまで2か月弱使用していたBOMAのプロトタイプのカーボンホイールですが、そろそろ試乗&販売用として店頭に置きますのでよろしくお願いします。もちろん試乗してから購入の検討してください(笑)。価格は130,000円(michelin power コンペティション25C装着済み、11S(11-28)スプロケ、boma カーボンブレーキ用パッド込み)、なおご希望の方はmichelin power allseason28Cもセットさせていただきますよ。今回のテストライドで試用した全品です。

ロード全般からシクロクロス用途まですべての領域でお勧めかと思います。通常のクリンチャーと同様に扱えるのでトライアスロン用途としても普段のトレーニングから使われるのはいかがでしょうか。
1-2016-11-16-11-28-37

25Cに変えてからの印象なのですが、重量不利は全く感じなくなりました。登りのタイムも他ホイールと遜色なくでるようになりましたし、登りの多いコースでも問題なく使えるように思います。平坦コースでも28C→25Cでの軽量化分が加速に効果を発揮している分、まだまだロードでは25Cがベストかなとは思いました・・・。28Cはブルべや冬場のスローペースでの乗り心地の良さ、あるいはグラベルロード用の26C(グラベルキングなど)が使えるという点で生かした方が良さそうです。

今回、カーボンホイールのワイドリム化と言う点で実感したのは、「安定感」と言う点で恩恵が大きいです。空力的には横風対応が穏やかになるのでコントロールがしやすくなりますし、多少強く吹くシチュエーションでも使用できるようになるので、横風での使用リスクが下がりますよね。また、ホイールの剛性・安定感と言う意味、またタイヤの扁平度?でもワイドリム化の恩恵があります。タイヤの横方向の接地面積が増してグリップ感が上がること、接地する半径が大きく穏やかなリーン特性が感じられること。ホイール全体の剛性も細いリムより安定して使えるように感じます。(ちょっと語弊がないとは言えませんが・・その辺の説明はお店で^^;)
ロードバイク全体の雰囲気からすると細いタイヤ、細いリム信仰ってまだまだ強いです。このホイールを付けていてロードっぽくないねと言われてこともしょっちゅうなんですが、走ってみると走行中の安心感はこれまでのホイール以上にありますよ。と、言うことで、ワイドリム化はこのテストホイールに限らずお勧めな手法に感じます。