ただ今テスト中(そろそろ最終バージョン)

こんにちはbici-okadamanです。

以前、BOMAさんから「プロトタイプだから」と言うことで入荷させてもらった、50mmハイトのワイドリム仕様ホイールですが、さすがに28C仕様(Michelin power all season)では重さを感じるので25mm(Michelin power competition)に変更してテスト再開することにしました。28mmでもmichelin powerシリーズにはテストしたall season とは別にenduranceと言うモデルがありまして40g外周が軽くなるということなのでそちらもテストしてみたかったのですが・・・。

ちなみにホイール単体で重量を測ることをしていませんでしたが、ちょうどいい機会だったのでFホイル重量だけ確認しました。フロントは約700g。限定モデルで出てくるTH-W55といい勝負できそうです。

1-2016-11-07-17-44-58

25㎜幅のタイヤでもなんら問題はなさそうです。
むしろタイヤとリムの一体感に関してはワイドリムの方がありますね。
ビードもリムにしっかり噛んでいましたし、最適な幅のように思いますが・・・。
アルミリムで細いタイプだと25㎜幅はタイヤがかなり太く感じてしまいます。
明日から少しの期間実走テストしてみますが、問題なければそろそろと思います。

MTBではチューブレス、チューブレスレディなどチューブがないタイヤの方が増加中なのですが、ロードの世界ではまだクリンチャーホイール全盛ですし、「チューブレス化できるようなモノなんて・・・」と言う感じです。今回、ちょっと思い立ってStan’s Notubesと言うメーカーの「チューブレス化できるリムテープ」を使用してみました。(チューブレス化の練習台みたいな感じですが)
実際にクリンチャータイヤ用としても使用できることはメーカーの説明でもわかるんですが、いくつかの点でクリンチャー用としてもメリットはありそうです。
1-2016-11-07-17-27-46
まずはリムテープがずれにくいだろうなと言う点。
接着力のあるテープですからね。リム幅にきちんと合わないテープを使うと内部でひどくずれているケースがありますが、それは避けられそう。バルブ穴は千枚通しなどで穴を開けますが、穴が最小限になるのとリム穴に直接チューブが当たるのを避けられるようにできるのでバルブ穴周辺のパンクトラブルも避けられそう。もうひとつは軽量性・・・通常タイプより軽いようです。
アルミリムであればこれでチューブレス化も可能になりますが、クリンチャータイヤ用としてもこのリムテープかなり使えそうです。

(ちょっとネタなし^^;)

こんにちはbici-okadamanです。
今日はちょっとネタなし・・・。
月曜日は「入荷しました」と言うような話もなく、僕は最近月曜日ランニングのメニューなので帰ってくるまで写真撮らないし(笑)。と、言うことでありまして。そういえば、今日は朝ライドしているのは父たちのグループだけにしか会いませんでした。いつもはもう少し会うのですが少しずつ寒さが気になる季節になってしまったからでしょうか。

次の次に出るイベントを決めましたよ(笑)。
1月にシクロクロスのイベントに出場予定です!
と、いうことでこれからちょっとずつ練習です。
ちなみに前回出場は10年くらい前になります。そしてその前の出場が18年前かな?(笑)。

本日のsmr (#2016/11/06報告)

こんにちはbici-okadamanです。
今日は天気も良く、南アルプスロングライドの打ち合わせもあり参加15名(内、女性3名、ツーリング班一応全員)でした。グループはおおむね3つに分かれて走りましたと言うことでいいのかな?
僕は前半はゆっくり班と一緒に。後半は先頭グループと一緒に走りました・・・今日は帰路も比較的ゆっくりでしたよ?(笑)。

14964173_1806004566345502_800268692_o

smrではグループライドと言うことで「なるべくグループで走る」と言うことを優先して走りたいと思っています。トレ班ではレースに必要な集団走行スキルを身に着けてもらうことが走力云々より重要なことになりますし、ツーリング班でもせっかくみんなと走るためにきているのにバラバラに走っていたらペースも落ちて「気持ちだってなんのために・・・」となりますからね。グループで走っているからこそのペースは平坦~若干下り気味のコースで大きく変わります。(上りだと走力の方が優先されてしまいますが)グループライドの特性を生かしたいと思っていますし、生かすためのスキルアップの場でもありたいなと思っています。

 

Stages Power 初入荷~。

ようやくか!って気がしないでもないですが、17年契約からStages Powerのパワーメーターの取扱いを開始しましたのでご連絡です。
パワーメーターはこれで計4社目?です。(garminとPOLAR/LOOKは入手可能ですが・・・^^;)

1-2016-11-05-13-26-45

Stagesの最大の魅力は「手軽なこと!」でしょうか。
左側クランクを交換するのみで使用可能になりますし、ant+/bluetooth smart の電波対応なので無線受信系のサイクルコンピューターの種類も選ばない。POLARでも使えるってことですね。
また、重量増もだいたい20gだけということで、要はセンサーを載せただけなので機能になんら影響を与えないという点でも優れてます。
Pioneer/rotorのようにペダリング解析云々はなく、Power2maxのように左右バランスチェック機能ももちませんが、実運用上ではあまり問題になりません・・・。と、言うわけで使い勝手のよいパワーメーターかなと思います。
唯一の問題点はBB後ろに取り付けるタイプのダイレクトマウントブレーキとの相性があります。その点についてはご相談ください。

さて、パワーメーター。必要かどうかの議論はともかく、あれば役に立ちますし、走行中の楽しみのひとつにもなります。例えば、グループサイクリングなどで「なぜかわからないけど足が攣ってしまう、ばててしまう」という悩みについての一つの問題解決ツールにはなり得ます。登りで無理して走っているんだなとか、ペース配分に波が大きいんだなとか。レース派だけでなく、よりスマートにサイクリングを楽しみたい、トレーニングの管理をより数値的に管理したいなど、サイクリングに楽しみを追加してくれるツールとしてもStagesのようなパワーメーターは価格的な優位さも含めて面白いかなと思います。

明日のsmrについて(#2016/11/06予定)

こんにちはbici-okadamanです。
今朝はすっきりと晴れて朝比奈川沿いも多くサイクリスト走ってました。
トライアスリートの方が多かったかな・・・?と思いましたが。

1-2016-11-05-09-45-14
南アルプスロングライドには僕は家族&仲間サポートの予定で妻が参加です。
家庭内の遣り繰りがつかないと一緒に走ることもできない・・・と、言うことで今週もしーさんの練習を今日やりました。グループ内で後ろについて走るのが比較的得意なのですが、なにぶん練習時間は限られるので普段より1回で走る距離を増やすこと、自分でペースを作ることができるようになることにポイントを絞ってます。ギア比の設定などでもいかに楽に走るかについて、上り傾斜のやり過ごし方と下り傾斜の利用を意識するようになってきていますが・・・果たしてついていけるかな?(笑)。

smrは今週も通常通り、南アルプスロングライドまであと3回のライドです。
smrに参加されているメンバーはじめぐるっぽやお客様でも多くの仲間の方が参加される見込みですが、不安な方はぜひsmrで脚慣らしをどうぞ。

プライベートレッスンライド #4(登りの練習)

こんにちは、bici-okadamanです。
今日はプライベートレッスンと言う形で朝ライドでした。
しっかりと苦しんでいただきました(笑)。1-2016-11-04-09-26-02

登りのレッスンをして欲しいということでしたので、高低差50m(勾配7.2%)の上りを用意しました。
最初の2本は順番を入れ替えて走り方のチェックと走るポイントを整理して。
次の2本はもう少しペースを抑えて、走るリズムとちょっと気になったダンシングのしかたについてのレクチャーと。1㎞無い程度の上りですが何度も繰り返すと弱点(強化するべき点)も分かりますが、スムースにできていることが分かるようになりますね。最初から最後までフォームは崩れなかったので、ペース配分の仕方に気を遣うようにしました。

帰路は初めて走られる道でさらに登りをこなしてみましたが斜度の変化に対する対応もよく、後は継続できればまだまだ走れる様子がうかがえました。もちろん、レッスンですぐに効果が表れてくれればうれしいのですが、意識することが無意識でできるようになるまではどうしても時間・繰り返しが必要だと思います。と、言うわけで、「再チェックをお願い」という依頼にも応えられるように準備をしていかなくてはなりませんね(笑)。

プライベートレッスンライド、今後も受付中でございます。
詳細はお問い合わせくださいませ。

オーバーホール中。

こんにちはbici-okadamanです。
昨日、戻りまして今日から営業再開です。どうぞよろしくお願いいたします。

で、出発前に預かったバイクのオーバーホールをしています。
この部品はあとどのくらい持つか?、もう交換したほうが良い部品か?どこにゴミや砂など異物が入り込んでいるのかをチェックしながら洗浄・乾燥・注油を進めていきます。ってことで・・・乾燥するのに天気が良い方が良いなと言うことでやっと晴れてきて何よりです。

オーバーホール作業ではだいたいワイヤ交換は必須作業です。
近年はシマノ系のワイヤを中心にコーティングワイヤが出回っていますが剥がれ落ちてしまって、更にササクレが出ているのかどうかが見分けにくい・・・左側の方がじつはダメージが大きくて一部ササクレが出ていました。アウターワイヤはそのまま使おうと思えば使えるのですが、変な曲がりの癖などがあって新品のインナーワイヤを通してもだいたいは途中で引っかかり感があるのです。
1-2016-11-01-11-24-16

今回の一番ダメージが合った部品。
1-2016-11-002
ヘッドセット(アッパー部)のベアリングの内部が泥と錆と?でぐちゃぐちゃになって分離してしか外せませんでした。と、いうことでこの辺はベアリング単品でも発売されているものがありますから交換したほうが無難ですね。(セットで換える必要がない部品とも言えます・・・まぁグレードアップさせるとかであればセットで換えますが・・・。)

外側から見ても内部の部品の状態はわからないものも多少はあります。
洗浄・注油だけで済むのか、部品修理が必要か、交換が必要か、状態を伝えて継続使用するかを判断しながら先へ進ませます。

P.S. 今週の予定は通常通りです。
3日(木曜日)は11:00~の営業
4日(金曜日)は8:30-10:30でプライベートレッスンライドの予定が入っています。