フレーム塗装できます~

おはようございます、bici-okadamanです。

今日はフレーム塗装のご注文をいただいているのでその準備を・・・と言っても、外注業者さんへお願いするわけですがちょっとワクワクしながら取り掛かります(笑。

バックがこの色の壁ですみません・・・。
正真正銘のピストフレームで、お父さんが高校時代から乗られていた?フレームを息子さんが今度は乗られるようにとのことだそうで、せっかくなのでカラーも替えて・・・と注文をいただきました。
管理のしっかりされていたフレームはやっぱり違うんだなと感嘆するくらい綺麗にされていますが、気分一新ということなんです。

フレームに装着されているパーツ類はこれから全部外して、オーダーシートをまとめてこちらも業者さんに送ります。球体ペイントさんです。
実際に1か月~1か月半ほどは掛かる予定になっていますがお楽しみにと言うことで。

塗装ネタではもうひとつあったのですが・・・上のバイクとは混同しないようにしてくださいね(笑)。
以前、僕の叔父がどうしても自作ペイントでやりたいんだ!と言うことでちょっとだけお手伝いしましたが・・・缶ペイントでもどうにかできるんだなということはわかりました。
その時は、グリスなど自転車系のオイルで塗料が剥げるなどのトラブルが発生して、「自動車系」の缶ペイントを使うことでDIY塗装ができましたが、この秋にSpray Bikeと言う会社から自転車向けDIYペイント缶が登場しています。僕も興味津々で入荷させてみましたが試してみる勇気はありません(笑)。

ちなみにフレーム全体に塗装したいならばやはり剥離作業と下地作業は必須になりますね。
そこは業者さんにお願いしたいよーと言う場合も球体ペイントでお願いできるのでご相談くださいませ。

 

カテゴリー: bici-okadaman パーマリンク