CEEPO (トライアスロンバイク &・・・)

CEEPOは田中信行社長自らが開発者となり育ててきたJapaneseトラアスロンバイクブランドです。
「トライアスロン」だけをみているブランドと言っても過言ではない、そういうブランドは実際の所数が少ないのです。世界的に見てもトライアスロンと自転車競技のタイムトライアルを兼用させているブランドはまだまだ数多いですし、分けたら分けたでえらいこっちゃな造形になりつつあるブランドも・・・ありますね(笑)。プロが乗れば強靭なパワーでぶっ飛ばしていけるものの、どう見ても一般ライダーには無理だろ・・・と思うバイクが今のトライアスロンバイクの「最新トレンド」のように思いますが、CEEPOは狙いが違います。
開発ライダーをいまも務める田中社長がいる限り、「乗りやすい」バイクが開発ワードとして捨てられることは無いと思います。開発のみならず、展示会を自ら開催し、試乗会・練習会、レース前のサポートなどに飛び回っているからこそのバイクなんだと思います。

と、言うことで田中さん自らが乗っているViperR 。(IMチャイナ仕様そのまま)


セカンドグレードのKatana2題。
ポジション調整は必要ですが150㎝台からは乗ることが可能です。これまでの傾向ではサドル高さの位置が最適な位置がでるようであればハンドルの遠さに関しては対応が可能というのが僕の見解でもあります。特にCEEPOについては。)
ミドル・ロング系でオールマイティに使えるとすればやはりKATANA、そしてVENOMと言うことになりますね。基本的にはKATANAの1世代前の型を使ったモデルがVENOMということになるので
モデルチェンジに伴う改善部分があるのが今のKATANAということなんですが。

ちょっと気になったモデルがこちら。

Stinger R としてディスクブレーキモデルが・・・。(UCI認定を取っているので普通にロードとしてUCIレースでも使用可能です)
ディスクブレーキ台座やブレーキ本体などの重量もあって、フレーム側はなるべく軽量に・・・となるとCEEPOらしさに欠けるかもと嘆いてましたが。とりあえず日本へは未入荷らしい(笑

展示会行ってきました(PR インターナショナル編)

昨日は展示会出張@名古屋でした。
そうは言っても開催されているすべての展示会を回ることなんてできないんですよね‥てんでばらばらに実施されているので。代理店の方も苦笑されてましたけど・・・仕方がないのかなぁ。

と、言うことでまず第1弾はPR International編。
ドイツブランドを中心に輸入されているでのですが、「ツーリング」「バイクパッキング」系に注目が集まってきている今が旬になるかもしれないです。

バイクパッキングと言うと「輪行バッグ」の方を想像しがちで最初は僕もそっちじゃないの?と思っていたのですが、検索してみると「自転車に取り付けるバッグ類」のことを指すようになっているようです。伝統的なスタイルとしてキャリアを取り付けてからサイドバッグ・パニアバッグを装着する上の写真のような形から、近年はキャリア無しでもベルトなどを利用して自転車本体にうまく装着するタイプのバッグを用いるやり方まで幅広く「バイクパッキング」に対応したバッグ類が出ています。普段はロードバイクとして身軽に、たまの宿泊サイクリングでもロードで対応しようと言うスタイルがここまで発展してきたのかなと僕は思いますが。
Ortlieb(オルトリープ)は防水性の高いバッグ類をそのいずれの方法でも対応できるように種類が豊富にでています。

それらを支えるのがこの「ドライパック」。トライアスロンの着替えやウェットスーツの持ち帰りにも、キャンプにもツーリングバッグの雨対策にも重宝する種類の豊富なドライパック(防水袋)。まぁ定番ですけど・・・。

ブルべや通勤ライドスタイルを充実させるためのアイテム。
ハブダイナモシステムもロードで運用可能です。こちらの代理店が扱うブランドはちょっとお高めではあるけど信頼のモノと言う意味ではおススメ。もうひとつは泥除け。近年、ロードでも雨天時は泥除けを着用する方が快適と言う考え方が強くなってきています。ロードレースの場合でもサドル下に小さなフラップのようなものを取り付けてレーサーパンツにタイヤが巻き上げた「泥や砂を含んだ」水が掛からないようにするプロチームが出てきていますよね。どうせ濡れてしまうということではなくて「砂や泥」によってサドルやお尻を痛めつけることをなくす、と言うことがポイントだと思うのです。ブルべや通勤ライドではレースほど軽量化や不要物に敏感でないので、なるべくならしっかりとカバーしているものを取り付けた方が走りやすいという考えがこの泥除けです。雨天時に走る可能性があるのであれば用意しておくと良いですよ。

今のところの予定ですが、GORE-TEXで有名なGORE社ウェアも一部取扱いとなります。
やはり、防風系、防水・透湿系には秀でているものが多く、また着用感に関してもウィンター系を中心にお勧めかなと。デザイン的にはシンプルなものが多いですが、また入荷してくるものがあった時を中心にアップしてみたいと思います。

チューブレス化の可能性とは

おはようございます。bici-okadamanです。

シクロクロス富士川ではそれほどバイクが汚れなかったので今日タイヤを洗うくらいで済みました(笑)。静岡クロスをやるならこのくらいからスタートしたいですね~、ロード乗りの人に調査してみると「汚れるのがイヤ」とのことなのです。そんなのシクロクロスじゃないよと言う人もいるかもしれませんが、まぁとっかかりとしてはそのくらいで良いんじゃないかと思います。

それはともかく、チューブレス化。
今回のシクロクロスではノーマルクリンチャーホイールでもチューブレスタイヤで運用できる、Stan’s Notubeのキットを用いてIRC シラクCX TLを使いました。現時点では見様見真似で低圧運用(前2.0、後ろ2.0-2.5)で走りましたが、ここまでなんの不安もなく使用できています。
飛び乗りの練習で1,2回失敗してタイヤが横ずれしたのもあったので後輪だけ2.5で走ったのですが、できることならもうちょっと下げて走りたい場所もあったくらいでしばらくは試行錯誤しながらの運用になりそうなんですが、チューブレス化さまさまと言う感じです。
もうひとつ、妻のロードの方も同じやり方でチューブレス化をしてIRC Formula PRO TLを用いています。こちらも時々試走をくりかえしますが、エア漏れに関してはほぼ無問題(チューブレス専用リムとほど同レベル)ですし、チューブが無い構造でタイヤのダイレクト感が増すこと、エアボリュームの増大から空気圧を下げて運用しやすいこと、パンクリスクを下げられる点など利点がかなり高いように感じます。弱点は高速走行になるとタイヤバランスが気になるのかが実証できてない(今のところはわからないようです)。

このやり方ではほぼすべてのリムでチューブレス化が大丈夫なようです。
シーラント剤を入れなければならない、チューブレス専用ほど技術が確定していない、相性がすべて判明していないなどの点については注意が必要ですが、走行フィーリングやパンクリスクなどの点で使用も面白いかなと思っています。

ちなみに、今からでもシクロクロス間に合います。

今回は、夫婦でバイクを共用すると言うプロジェクトで臨んだのですがなんとか?本当はなってません(笑)。どちらも若干の不都合には目を瞑ってます。まぁ、競技時間も短く、ファンレースだよと言うことで走っていますからその辺は気にしないということで。そういう条件ならば意外となんとかなるのがシクロクロスバイクかもしれません。(グラベルロードという使い道でもOKですが、乗る距離が長い分だけちょっと不満があるかも・・・?)
もし、なんとかしたいようと言う方がいたらご相談ください(笑)。

フレームはもともと持っていたものに手持ちのパーツを適当に組み合わせました。バイクの性能云々の前にスキルアップの楽しみの方が大きいように思います。ちゃんと動いてくれればそれで良しかなと。実際にレース走る前にお話をちょっとした人もオールドパーツをうまく組み合わせておられましたし、余ってるパーツ+αで済むようにできますよ。(その場合はブレーキはカンチブレーキ仕様の方が安上がりだと思います)

Scott Speedstar CX20Disk(¥155,000税抜)
’16-17で販売したうちの1台ですが、まだメーカー在庫もあります。


FELT F85X(¥148,000税抜)

手持ち部品が無ければこれらの完成車もお勧めです。
ロードバイクで舗装路中心で走られてきた人、初心者の方なら、シクロクロス中心で走る予定でも1台目はこのあたりの方が絶対的にお勧めです。(ツーリングでもこの価格帯の方がお勧めかとは思いますが)少なくとも僕のフレームよりは軽いはず(笑)。初めのうちはこだわるとこそこじゃないかと。

シクロクロスバイクのメリットは「使い倒せる」と言う点ですね。この価格帯のバイクは通勤ライドへの転用にも対応がしやすいように泥除けダボやキャリアダボが用意されてて荷物装着のライドにも向いています。ギア比の関係でロード程、速度は伸びませんがツーリングレベルなら速度域はピッタリです。タイヤの太さもロードバイクに比べて自由が利くので「ダートも含めたロードバイク=グラベルロード」としての利用も多いのが、1台目のバイクとしてやセカンドバイクとしての使用価値を高めてくれます。競技だけでなく多方面に使えるバイクとしても検討してみてください。

シクロクロス富士川参加してきました!

1月22日は1日おやすみをいただきまして、シクロクロス富士川に参加してきました。
bici-okadamanのお客様には数人シクロクロスバイクを購入されている方もおられるのですが、まだ本格的にレースに出場するのはこれからになる・・・ので、まぁ水先案内人的なイベント参加としてなんですが・・・(笑)。

シクロクロス富士川は11月に開催された南アルプスロングライドのイベントを開催されたNPO法人が地域での自転車振興を目的にこちらも開催されておられるのですが、「道の駅」併設の芝生広場を活用しての、「オフロードも走れるロードバイク?」のファンイベントです。きちんとした競技規則でのカテゴリー別は全国組織としてレースが運営されていますが、シクロクロスほどファンイベント的なレースが向いているイベントはないかもしれません。

結果、ファンクラス-B 3位でした!
上位は、静岡勢が占めると言う結果・・・でした。道の駅冨士川がもともと静岡から来やすいと言うこともありますが、静岡ではシクロクロスイベントがまだほとんどありませんし、これからチャレンジしていこうと言う人が多いのかもしれませんね。

コースはほぼほぼフラット。
土手を登るような個所が3か所用意されていますが、すっごい難しいセクションは「たぶん」なしで、エンジョイクラスからは全部同じコースをつかっています。一部に主催者が用意した「泥セクション」がありますが、僕が走ったころにはそろそろ踏み固まってました(笑)。
ロードの人からすると、とてもテクニカルな切替えしのコーナーがいくつか続くのですが、下が芝生なのでグリップも高くて慣れるとひょいひょいと走れます・・・が(笑)。その頃には体力的に限界がきますね。30分全開で走る(レースなので)と言う状況は、ロードレースよりもつらいかもしれません。ダッシュ・ダッシュの全開に、コース中の障害を越えるスキル、コーナーの数々(と同時にダッシュがまっています)、担ぎ、色々な総合力が問われるため、特にロードレースをやりたい人にはおススメしなければいけません(笑)。

ちなみに今回は娘と妻も各クラスにエントリーをして楽しみました。
妻とはバイクを共用してでました。とりあえず、「出てみること」が目的であればなんとかなります。
シクロクロスの場合、機材勝負と言うよりは「脚」「体力」「スキル」に関わる部分が大きく、きちんと整備されているバイクがあれば、むしろそこそこ安い機材の方が楽しめると思いますし、共用することを織り込んでおけばなんとかなることも多いとは感じます。・・・本気モードにはお勧めすると怒られるかもしれませんが。

シクロクロスシーズンはそろそろ終了になりますが、ファンミーティング的なイベントはこんご1年を通じて各地で行われるようになりそうな雰囲気ですので、楽しみなジャンルだと思います。

 

チェーンリングも消耗品

せっかくのでチェーンリングについてもひとつ。

今回取替させていただいたチェーンリング(フロント歯)。
下にある歯はだいぶ先が尖っているように見えますね。
アウターの歯はそろそろ要交換の領域と言っていいかと思います。
寿命かどうかと言われると「まだ使えるじゃないか!」と言う人もいると思いますが、使ってもメンテナンスの頻度やそのほかのパーツの消耗度も増えてしまうので良いことは無いかと思います。

このフロント歯と接しているのがチェーンです。チェーンは通常はフロントチェーンリングよりもさらに消耗度が早いです。つまり、チェーンも交換して差し支えないレベルにある可能性もあります。
さらにチェーンは、リア変速機のプーリー、スプロケットとも接しているわけです。摩耗して適正な寸法や形状をとどめていないものは相手の部品を摩耗させてしまうのです。

ちなみに、こちらは新品。
一度使い始めると、新品がどのような状態だったのかを思い出すことがなかなか難しくなってきます。現在の部品の形状はより複雑になっていて、そのひとつひとつに意味を持たせているとなると変えた方が良いかどうかの判断がより難しくなってきていますね。ベテランの人はある程度の「距離」を目安にしますが、現代パーツの寿命は昔のパーツのそれとはまた変わってきていますからなかなか判断が難しい気もします。

もうひとつ。
ここ最近は、コンパクトドライブの影響が大きく、インナーギアよりもアウターギアの方がはるかに摩耗度が進んでいるケースが多いです。もともとアウターギアの方が摩耗は早いだろうとは予想できますが、それにしても差が大きすぎる場合があります。
そんな時に確認してみると、ほとんどのケースは「インナーを使っていない」と言うケースが目立ちます。もう少しまんべんなくインナーギアも使用してみたらと言うアドバイスもさせてもらうのですが・・・。

楕円チェーンリングについて

おはようございます。今日は天気も良くてあたたかく、しかも風がない!(ってこの辺だけかもしれませんが・・・)サイクリング日和な一日となりそうです。昨日の雨で路面が濡れている箇所もあるかもしれませんが、路面凍結と言うよりは凍結防止剤による汚れに注意してくださいね(笑)。性質上、どうしてもさびなどが心配になりますので。

昨日に発売になっていた雑誌を仕入れてきました。
これだけネット社会になっていて紙媒体も大変なんだろうなーと思いつつ、影響力はまだまだありますね。楕円ギアについては目を通しておかないとと思って購入してきました。
もう一冊の方は、まだまだこれからの旅&輪行スタイルの情報が僕の課題です。この辺のことはまた別の機会に。

雑誌の内容については目を通すまでは興味半分、懸念半分と言う感じでしたが、僕が考えている楕円チェーンリングの利点についてはよくまとまっていると思いました。
実際にほとんど誰でも楕円チェーンリングの恩恵は受けられると確信していますが、特に最新のペダリングの流行でもある「踏込み意識」のライダーには恩恵が大きいと思います。ピンポイントでギア比が大きくなることが利点でもありますが、上・下死点では比較的力を抜いて踏込みの準備をしながらペダリングをしている傾向なので、楕円チェーンリングはギア比が仮想的に下がって反力が下がる点が利点になるのかなと思うのです。この点について、雑誌内グラフで言及してくれればなーと思ったのですが、うまい研究結果がなかったのか、角速度を示すグラフは真円のみで楕円がなかったですね。)

まぁ欠点もないわけではなくて、しっかりと「変速が悪い」とありましたが、対処方法も徐々に明らかにされてきています。僕の方でももうちょっと別の方法で変速の悪さを解消する手を狙っていますが、現時点ではほとんど気にならないレベルにあります。

と、言うことで今日はこれから1件、チェーンリング交換です(笑)。
現行シマノクランク(4穴タイプ)も対応できるリングがありますのでお気軽にご相談ください。

22日お休みさせていただきます。

週末が近づいてきましたのでご連絡です。

1月22日(日曜日)はbici-okadamanはお休み、それに伴いsmrも自主運行版になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

参加イベントは
第3回シクロクロス冨士川

です。久しぶりのシクロクロスですが・・・お遊びのつもりですけど(笑)。
以前からずっとやりたいなと思っていましたが、静岡県人によくあるパターンで「車がスタッドレスタイヤを持っていない」ままでかれこれ10年近く機会損失だったんですね。年末スキー旅行に行くということで一念発起ようやくスタッドレス化したのでようやく行けるかなーと。今週末も天気の移り変わりを考えるとノーマルタイヤはちょっと心もとない感じでしたので良かったです。

静岡・焼津でトレーニング的なシクロクロスもやりたいなとは思っています。冬場のスキル練習や、路面凍結の心配などを考慮する日、あるいは狭い範囲で走っても十分楽しめるので色々なレベルの人が参加しやすいメリットもありますね。ただ、静岡では「晴天日が高い」「冬場もロードが走れる」と言うことで「自転車が汚れる」ロードはどうも敬遠されるようでして・・(苦笑)。
現在は参加メンバーと日程、場所を検討中です。静岡人らしく、最初は「晴天日」に実施したいと思います。

SH+ヘルメット入荷しました 

おはようございます。今日は天気下り坂の予報です。
週末天気は回復の予報なのですが、心配なのは路面状況と言うことになりますね。
路面が乾く前に夕方~夜になると、路面凍結の心配をしなくてはなりません。

SH+ ヘルメット、定期的に入荷がされるのか若干心配な点はあるのですが入荷しました。

被ってみると意外な深さがあるのと、アジアフィットの丸い感じで収まりがかなり良いようです。


ストラップは最近ではオーソドックスなものですが、中央部は暑さ対策と軽量化?

SH+ SHABLI S-LINE ¥17,700(税抜)-※メーカー価格
この1,2年でヘルメットデザインの潮流が変わってきてしまい、これまでのオーソドックスなデザインのヘルメットが減ってくる傾向にあります。SHBLIは後部にフィンが伸びているこれまでのデザインを踏襲しています。ヘルメットのフィット感はちょっと深めなタイプに感じるので安心感を得るには良いチョイスではないでしょうか。

ヘルメット関連の投稿のさいには必ず書いているような気もしますが、「ヘルメットの賞味期限」はだいたい「3年」が目安です。よく走られる方であれば1-2年で交換することもためらわないですし、ましてレースなどで落車をした際に被っていたヘルメットは絶対に使わない事が賢明です。長めに見積もってもUV劣化や経年劣化を考慮すると5年程度では必ず交換をお勧めします。
もう一つの換える理由について。ヘルメットも年々モデルは進化をしています。3年前の安全対策、フィット感を得るための工夫、空気抵抗に関する考え方(これによって下り中のヘルメットの安定性も大幅に向上しています)、クーリング性能など、現在の基準で考えるとに差が出てくるわけですね。まして10年、20年前のヘルメットを被られている方もときどき見かけるのですが・・・前見えていますでしょうか?と言うことも。
ヘルメットは出来る限り定期的に換えられることをお勧めします。

ポジションセッティングとフィッティング

bici-okadamanでもポジションセッティングは実施中ですよ~と、フィッティングについて。
このセッティングとフィッティングについて悩ましい問題があります。
個人的に「フィッティング」「フィッター」と言う言葉が独り歩きして、そういう人に見てもらわなければならないと思われているように感じています。

まず、ロードバイクを購入されるときに、「きちんと採寸されるのか?」「ポジションがちゃんと出せるのか?」を心配されることが第1にありますよね。僕も基本的に「ロードバイクはポジションがきちんと出せること」が大前提に考えています。「在庫バイクでも乗れますよ」はやりたくないのです。
そのポジション決定の中には、身体測定的な部分も含まれます。また、レースに出たいのか、サイクリングで楽しく走ることがメインなのか、ブルべ・トライアスロン、グラベル、シクロクロス・・・などどんな志向でバイクを選びたいかによってもサイズが変わってくる部分があるので注意を払っています。2台目以降の方には現在乗られているバイクを持ち込んでライドの様子を確認させてもらうようにお願いもします。あとは年齢やロードバイク歴なども重要な要素になる場合があるわけです。
その中で、今後のポジションの変更点がでそうな部分などに注意を払ってサイズ決定をする・・・と言う流れになります。基本的なポジション決定については〇〇フィッターというようなことでなくても対応はできるんです。上記の流れでは、もちろん新車購入時には確認をさせていただいていますし、ポジションに悩まれている方のアドバイスで実施することもありますよ。

ところで、近年フィッティングと言う形でのサービスで、身体の柔軟性や連動性などを計測?あるいは高機能版パワーメーターや種々の3D計測システムなどを駆使されての調整?トレーニングアドバイスあるいはペダリング解析をされる業者さんなどもでてきて、正直な話「うらやましいなぁ・・・」とは思うのです(苦笑)。うらやましい反面ですが、PRされている中には本当に必要?とか、それフィッティング?と言うケースもあるわけでして。
自転車のフォーム・ペダリングについて実際の所は、まだ「答えの出ていない」証明をやっているようなものだと思います。体型、筋肉の付き方、トレーニング量、スキルや志向、色々な「外からの情報」をもとにしているフォーム・ペダリングについて、総合的に答えを1つにまとめるのは無理なんじゃないかと思います。初めて半年の方が1年後に同じフォームで走っていること自体がどうなの?と思いますし、ベテランで調子に合わせて細かくサドルなどを動かしている(自分もそのタイプですが)場合もあるのでその都度フィッターと打ち合わせされるというのが本来のフィッターのお仕事ではないのかな・・・?と。プロ選手でもどうやら「フィッティングの答えの範疇外」を試して成果を上げている人がいましたが、フィッターの中には否定されている方もおりましたしね。そういうものかなとは思いましたが…。

僕ができることは全体のポジションについて基本的な範疇に収めること。そして、フィッティングとしてやれることがあるのはなにかしら個別に問題を抱えている、あるいは感じている部分について、いくつかの方向性を提示して試してみてもらうこと。あるいはフォームやペダリングで試してみたいことがある時にその実現のお手伝いをさせてもらうことかなと思っています。ちょっとフィッティングと呼ぶには躊躇もありますが、今のスタンスをちょっとだけ明らかにしておこうと思いました。