デュラエース新型情報アップデート:Disk &パワーメータークランク

おはようございますbici-okadamanです。

今朝からいよいよシマノ・デュラエース新型の最終のバージョン「油圧ブレーキキット:Disk」と「パワーメーター付クランク:FC-R9100P」が受注開始になりました。

油圧ディスクブレーキはDi2、Di2&TTレバー、機械式レバーの仕様がそれぞれ用意され、R9170(Di2)仕様のディクスブレーキキットで¥127,229+taxとなります。
R9120(機械式)のディスクブレーキキットで¥114,724+tax。
STI+ディスクブレーキ本体、ディスクローターのみの価格なので、シフト系も考えるとちょっと凄い価格なんですが・・・(苦笑)。

現実にはディスクブレーキはまだまだ先が読めません。
シクロクロスやグラベルロード系はほぼこのままディスクブレーキ化の道を歩むだろうと思いますが、デュラエースをわざわざ使う人がどれだけいるのだろう?と言う気も思ってみたりしています。ロードバイク(レース)系に関してはプロ選手組合?が反対の立場を取っているようでこのまま普及するかどうかについて、確信がないんですよね。
僕はロードの中でもグラベル・シクロクロス系に乗りたいのであればディスクブレーキ系のバイクをお勧めしますが、現時点ではノーマルのロード、レースをやりたいとか、ロングライドイベントに出たいけど通常のロードバイクにのりたいと言う方であれば、まだキャリパーブレーキ系をお勧めすることになると思います。

今回のもうひとつの目玉、「FC-R9100P」は思ったよりも価格が安く、
「クランクセットとして:143,662円+tax」 170/172.5/175mm
「クランクのみ」127,398円+tax  165-180mm
となりました。ant+で受信機(サイクルメーター)へデータを飛ばし、bluetoothでセットアップ、アップデートを行うと言う方式。(Polarなど考えるとbluetoothでのデータ転送もOKにしてほしかったところですが)
クランク長の主要な長さはクランクセットがありますが、165,167.5などはクランクのみとなっていますのでチェーンリングの価格を考えると若干割高と言う設定になっています。
クランク取付タイプでありながらリアダイレクトマウントブレーキへもほぼ対応とのことなのでシマノ純正で組みたい人にはメリットが大きいように思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。