サドル後ろのケージシステム(TOPEAKの場合)

TOPEAKからサドル後ろのボトルケージシステムに新型が登場しました。
TOPEAKらしい、システマチックな、積載小物に関してはアイディア豊富なモデルです。

この状態で4点で構成されています。
・サドルに取り付ける台座部分(Tri-backup proV)
・ボトル下にちょうど収まる形でチューブポーチと携帯エアボンベが装着可能。
(あえてボトルケージは取り付けてません)
・トライバックアップチューブバッグ。
この組み合わせだとチューブが2本でも行けますね。もしくは携帯工具を入れておく形もできます。ボトルケージ付きもありますが、サドル後ろは「ボトルが落ちやすい」という問題があり、より落ちないボトルケージを使う方が良いかと思っています。

今回はサドル取り付けの台座部分については1つだけ入荷していますがサドルのレール形状やサドルのシートポスト取り付け位置によっては難しいものもあります。が、TOPEAKの場合は台座形状を3種類用意して、どんな形でも対応できるようにしてある点が、芸が細かいなと思う所。いたせりつくせり的なトライアスロン用サドルケージなんですよね。

バッグ、キャリア、ポンプ、工具類など実用性に秀でたブランドであるTOPEAKらしいセットが今年のサドル後ろのケージのお勧めです。

カテゴリー: bici-okadaman パーマリンク