在庫中:再up CARRERA/WILIER/BOMA

bici-okadamanでは基本的にバイクサイズ最優先で「ごまかして売りたくない」ので完成車&フレーム在庫は持たない主義なのですが…色々な事情で在庫中の2017年モデル在庫についてお知らせします。

CARRERA ER01 (size-S) ¥98,000+tax
(例:105完成車¥190,000+tax アルテグラ完成車¥235,000+tax)
イタリア、カレラの末っ子は今年デビューなのですがフレームサイズの割にハンドル高が高めになる設定なので、これからロングライドデビューしたい人には使いやすいと思います。その辺も考慮して設計されているようで、長めのホイールベースなど「乗りやすい」ことに主眼が置かれていますね。
ちなみにサイズSは170㎝前後の人向きかなと考えています。メーカー完成車もあるので105、アルテグラ完成車は同じ仕様であれば同じ価格で、それ以外でも組むことが可能ですのでご相談下さい。

Wilier monte grappa team ティアグラ完成車(size-S) ¥145,000+tax
Wilierのアルミシリーズも2017年から新型フレームに変わりました。(旧型も引き続き用意されていますがいずれはこちらに統一されるのでは)
フォークはカーボンモデルと同じフルカーボン仕様を採用しています。また、リア側の形状は上位のカーボンモデルのフォルムを採用しているというデザイン的にはかなり意欲的な造りにはなっています。アルミフレームモデルもシートポスト径が細くなるなど、やはり衝撃吸収性能を優先させるようになっています。「アルミだから」と言う枕詞が不要なほど今のアルミバイクは万能に使える仕様になっています。

BOMA C-1 Limited (フレーム¥135,000+tax)
参考で105仕様完成車・・・¥230,000+tax
(BOMA Cofy-2に105完成車仕様があるのでそちらと同価格にします)
今年新型になったBide Lumiere と在庫させる方を迷ったのですが、限定カラーということで逃したら終わりだし…とも思いこちらを入荷させています。
こちらはM-480表記なのですが、このバイクも上記2車種とほぼ同じサイズ。サイズ表記にあるS-M-Lってメーカーが所在する国によって違うケースもありあまり当てになりません。ウェアの外国サイズとにたようなところがあります。
C-1は同価格帯にあるCofy-2に比べて若干コンペティションモデルです。より高剛性に、ポジションも低いポジションを取れるようになっています。もうひとつ、限定モデルの方がオリジナルカラーより軽いと言う点もミソですね(笑)。じつは白色塗装はどうしても重くなってしまうとか。カーボンフレームは地が黒系なので暗色の方が塗装が薄くすることが可能な点が効いているそうです。これまでに実績のあるC-1フレームなのでガンガン走りたい人に向けてはお勧めですよ。



いうことで、以上3点の在庫あります。
完成車価格もメーカー仕様として用意しているものに基本合わせるようにしますのでフレームだと完成車価格が分かりにくい、割高に感じるといった点もある程度解消できるかと思いますのでぜひご相談くださいませ。

カテゴリー: bici-okadaman パーマリンク