ハンドル交換しました。Deda superzeroの場合

もちろんお客様のです(笑)。
今回のハンドルはDEDA SUPERZERO ALLOY です。
DEDAは「外-外表記」なので400mmなのですが、通常では380mmと呼ばれるサイズとほぼ同じです。エアロ系(フラットな部分が翼断面形状の太い版のようになっています)では珍しく、400mm以下のサイズのハンドルを用意してくれているのは・・・ハンセンさんのおかげ?かどうかは知りませんが、せっかくならこのカーボンモデルもこのサイズを用意しておいてほしかったです(笑)。なぜならエアロ系のハンドルは重量が結構増えてしまいますからねぇ。

DEDAは通常のステムクランプ径(31.8 mm φ)と異なり、31.7mmφとややこしいのですが、そのおかげで必ずハンドルとステムはセットにすることになります。

近年はハンドルの形状もほぼ画一化してしまい、なぜ替えるのか?の意味合いが相対的に下がってしまったように思うのですが、それでもハンドル幅などのサイズの問題は重要ですし、このハンドルのようにエアロ系の形状を好む人もいます。このポイントは単にエアロ性能を求めているわけじゃなくて「握りやすさ」だったりするんですよね。僕もそうなのですが、つぶしが入っていることで指を引っ掛けるだけで握れるような感触がすきなんです。

それはともかく、ハンドル幅の問題。
「肩幅で決める」のはだいたい初期段階ですが、フィッティングやライディングの優先事項の関係で、それより幅広だったり幅狭だったりに交換するケースが増えてきています。
ライディングの優先事項で行くと、ダンシングなどのしやすさやバイクコントロールの容易さでは若干幅広を選んだ方が良さそうですし、空気抵抗の軽減や上体の支持のしやすさと考えるとむしろ幅狭を使う選択肢もでてきています。まぁ幅広~幅狭の関係はライディングに関わる諸条件がトレードオフ関係にありますので、気になる方はご相談くださいませ。

あ、ちなみにこちらはバーテープの入荷待ちになっています…(^^;

本日のsmr (2017/3/12報告)

本日のsmrは8名の参加でした。
トレ班4名、ツーリング班4名・・・のつもりがトレ班は途中で2&2に分解(苦笑)。
先行高校生たちには「こら!(笑)」と叱っておきました…(冗談ですよ)。
ツーリング班の方は久しぶりに・・・何年振りかな?の復帰の方が来られました。そろそろお子さんもご自分で活動されることが増えて少しずつ・・・と言うことのようです。またお時間の取れる時にはご参加くださいませ。

と、言うことで先週ともメンバーが入れ替わって・・・今年に入ってからは比較的メンバーが入れ替わりつつ定期的に8-10名ほど集まると言う状況が続いています。それだけ「毎週参加する」と言うことが厳しい状況なんだなとは思っていますが・・・どこかのタイミングで皆さんの予定があって「いきなり大人数」と言う可能性もあるので楽しみにsmrを続けていくことにします。

今日は静岡側にでましたが、静岡のグループともすれ違いました。
そろそろ春シーズンでグループライドも活発になってくる頃ですね。

シンクロシフトがいよいよ

とりあえず、速報的にですが、いよいよシンクロシフトが9070/6870シリーズにも対応を始めたようです。旧型バッテリーを使用の場合だけは、型番BT-DN110、外装バッテリーの場合はBM-DN100に交換が必要になりますし、ファームウェアアップデートの更新が必要になりますので、まずはご相談くださいませ。

ちなみに、シンクロシフトは
「フロントギア」「リアギア」を独立して人間が操作していたものを、人間側は「Up or Down操作するだけ」でフロント・リアを連動させて変速してくれるようにするものです。

・フロントギアの変速を忘れてしまう。面倒くさい。
・意図せず「アウター・ロー」「インナー・トップ」に入ってしまうことがある。
と言う人にお勧めです(笑)。

・・・6770シリーズはどうなるのかなぁ・・・?

Stages Power 105 & Garmin Edge

パワーメーターシリーズ、bici-okadamanでは4ブランド目になるのですがStages Power が入荷です。これで4ブランドすべて複数個の取扱いです。

Stages Power
Pioneer
Power2max
Rotor

今回はStages Powerについて。
パワーメーターは、いわゆる「出力を計測するため」のセンサーなので、軽量化やエアロ化、あるいはフレームを交換した時のような「換えた」実感はありません。あくまで、今出力として何W出して走っているのか?ということなんです。
部品を換えたら、何km/h上がった!とかそういう代物でもないのですが、トレーニングとしては重要な指標になるので装着すると言う人が多いのです。心拍計などと同じ理由ですね。


Stagesの最大の魅力は「取付の簡易さ」と「コストパフォーマンス」にあります。
複数台のバイクを持っている人でも、クランクさえ統一しておけば「左側クランクだけ交換」すれば1つのセンサーで済むわけですし、その作業時間はせいぜい3分ほど・・・でしょうか?どれだけ高機能なパワーメーターでもここまでの簡易性は逆に持たないと思います。さらに、価格も<100,000円。
高機能モデルが持つ、左右バランス測定やペダリング効率測定はありませんが、一般ライダーが使いこなせる機能のみに絞っていると言えるかと思います。すでにパワーメーターが普及を始めてから5年以上(SRMなどの登場からはウン十年)経っていますから、今から導入する場合「高機能であるより簡単に使いこなせるほうが良い」と言う人も多いですよね。と、言う意味でもお勧めです。

と、同時に今日はgarminも2機種入荷してきました。
garmin edge820J &520J 。
520Jは大ヒットだったedge500シリーズの最新版でもあり、トレーニング用サイクルコンピューターのスタンダードモデルでもあります。地図機能をもたない最高機種ですが、このメーターの本領は「パワー、心拍計などとの親和性」「スマートフォンへの連携のしやすさ」「表示の使いやすさ」と言う所にあるでしょう。以前は使用頻度が多かったLAP機能はStravaなどの普及によってあまりつかう必要もなくなったのですが、周回レースなどでは絶対的に便利な機能なんですよね。
で、さらに820Jが必要か?と言う話。
こちらはMAP(地図)機能が用意されるため、ルートを事前に読み込ませるなどしてナビを使用する場合に便利です。普段走り慣れない道を走りたい場合や遠征でのレース(特にトライアスロンなどで周回コースでない場合など)、ツーリングでもスマートフォンナビは最終手段(いちいち取り出すのは面倒なので)として走ることが可能になります。
で、今回の目的はまさに「トライアスロンでのバイク練習」だったんですね。やはり使用頻度の少ない道は不安があるということでこちらを紹介させてもらいました。

2017.3.11

今日の6年前は東北大震災でした。
東北の地震なのになぜ静岡まで揺れるのかとびっくりしたことに引き続き大津波と原発事故から始まって6年が経ったんですね。まだ震災関連の苦労は続くことでしょうし、さらに熊本などでも自然災害が起こっています。安全への祈りとともに、今を生きることを噛みしめておきたいと思います。

明日のsmrについて (2017/3/12予定)

明日のsmrについての予定です。
3月の第2日曜日は例年「藤枝マラソン」の開催日です。開業する前に1度だけ10㎞に出場したことがあるのですが・・・キツカッタ思い出しかありません(苦笑)。普段、smrで走っているコースなのでわかるのですが、前半がゆるゆると登っているんですね。折り返しまでは平坦のような上りのような微妙な勾配が続きますし、帰りはその逆ですから…。

と、いうことで普段smrで走るコースですので明日はそちらを走ることができません。朝比奈川沿いか藁科川沿いのどちらかのコースになりますので宜しくお願い致します。
朝比奈川沿いのコースは瀬戸川沿い同様に焼津起点だと最終盤まで「登り」らしい登りは出てきません。朝比奈川から離れたなと思ったらいずれも10%近くの登りが現れるという土地柄です。静岡側へは4本の通る峠道がありますし、藤枝側や最奥部などバラエティに富んでいるの40-50㎞くらいのライドにはちょうどいいですね。smrだと若干きょりが短いので静岡側へ抜けることが多いです。と、言うことですが、メンバー次第でどのように走るか、グループ分けをどうするかは決まりますのでまずは参加してみてくださいね。

ウェットスーツの試着会?行ってきました。

今回は、有志でメンバーを募って僕を招いていただいた形で実施しました。
予想以上にウェットスーツの試着会はハードルが高いですね。プールに事前連絡をいれていましたが、想定外だったようで・・・もうちょっと定期的にお借りして市民権を得る努力をしないといけないかもしれないなーと思いました。すでにプールでは子供たちのスクールの先生などがラッシュガード?のようなものを使っていますから同じようなものだとは思うんですけどね(苦笑)。
もう一つの課題は「ウェットスーツをとっかえひっかえするのが意外と難しい」。
身体が濡れた状態で、乾いているウェットスーツはなかなか着にくいです。ウェットを水の中で着るという技もあるのですが公共のプールでは??と言うことで試せませんでしたし、男性はそれでも力業でなんとか2-3着試すことができたのですが・・・女性はかなり厳しかったなと。特に今回はサイズ合わせがポイントでしたのでフィット感がより高いものとして大き目・ジャストサイズ・・・と試す時間をつくるのがギリギリでした。

僕も今回は泳がせてもらいましたが、「スリーブレス」「長袖」「自分のオーダーのもの」の3点を着用してみました。既製品の方は規定サイズではもう1サイズ小さいものがベストのようだったのですが、それでもオーダーの方がゆるゆるとフィットする感触はあります。以前着用していた別会社の既製品でも同様だったので、傾向として既製品の方はきつく感じることはあるかもしれません。
スリーブレスと長袖についても僕個人は暑ささえしのげれば、浮力と波に対する安定性から長袖系の方が良いなと感じたのですが、これまでスリーブレスを使用していた人たちは「暑い」「利点が感じられなかった」と言う感想でした。一概に「これ!」と決められるような様子ではなかったですね。

と、言うことで僕個人の判断基準もできましたので今回の試着試泳会も充分楽しめました。今日はウェットスーツを洗濯して干していますので、夕方にはギリギリ乾くかと思いますが、木曜日最終日としてレンタルさせていただいているウェットスーツを一旦返却しますので試着されたい方はぜひご相談ください。

gruppo bici-okadamanウェアの注文について

まだちょっと早いですが・・・5月頃を目処に半袖の時期がやってきます。
と、言うことでgruppo bici-okadamanのウェアの追加注文を受付しています。

Bioracer 社製(gruppo bici-okadaman半袖ジャージ)
プロフェッショナルサイクルジャージボディフィット:11,880円
プロフェッショナルビブショーツライクラエリート:15,980円
在庫サイズ:XS/S/L それぞれ1枚
入荷予定サイズ M3枚、L2枚 (5月ごろになります)
なお、入荷予定サイズを含めて予約・入金済みの方を優先しますので宜しくお願い致します。枚数が足りなくなった場合は再追加を検討しますがさらに入荷が遅れます。

サイズは基本的にUnisexになりますので女性の方を含めて試着貸し出しいたしますよ。
基本的にはボディフィットタイプですが、かなり伸縮性の高い生地ですので締め付けを気にすることなく空気抵抗を低減できるというメリットがあるウェアです。
(サイズ表記もありますのでそちらをご参考いただければ幸いです。)
今回は特にMサイズの要望があったため追加で用意しました。
ちなみに僕がLサイズです。

bici-okadamanではBioracerのオーダーウェアの取次をしています。
bioracerはリオオリンピック男女ロードの優勝を初めとしてベルギー・オランダ・ドイツナショナルチームなどへカスタムジャージを供給しているブランドです。ウェアの性能、例えば空気抵抗やフィット感などを武器として、世界的に見てトップクラスの「カスタムオーダーウェアメーカー」なんです。
現時点では静岡のトライアスロンチームとgruppo bici-okadamanでの実績にはなりますが、今後はgruppoトライアスロンもbioracerに変更する予定ですのでぜひご注目ください。

 

本日の営業は18:00にて終了です。

本日は、ウェットスーツの試着・試泳会の予約をいただいたので、18:00にてbici-okadamanの営業を終了させていただきます。お借りしているZOOTと店で確保しているZ3R0Dを持ち込みます。bici-okadamanでは他にindex wetsuitのオーダーウェットスーツの取扱いがありますが、そちらは僕のサイズになっているので・・・たぶんサイズが合いませんよね(苦笑)。

トライアスロンを新規で始めるにあたってウェットスーツは「必需品」です。
理由の一つには「安全性」も挙げられているようです。トライアスロンジャージは浮力があるわけではありませんし、また一斉スタートの影響でスイムスタートはかなり接触の多い状態なので、怪我防止の面でもウェットの浮力を借りる面でも重要なことだと思うのです。そのためには、よりフィットしているウェットスーツを使うことが重要ですし、サイズをごまかして使うことは避けねばならないと思います。
また、ウェットスーツは「消耗品」でもあります。
海水で使用すること、ゴム製品のためにUVや経年劣化に弱いこと、ボディコンタクト(例えば爪などでひっかき傷ができやすい)などでシーズン数回しか使わないにも関わらず、人によっては数年でぼろぼろになっているものがありますね。補修してつかうことも可能ではありますが、競技力の低下を招くレベルで使用している様子も見かけられます。

近年、ウェットスーツはトップグレードの技術革新が急ピッチで進んでいます。トップグレードの進化はすでに中級グレードにも及んでいますし、ベースグレードでもその恩恵が進んできているのです。トライアスロンは自らの肉体の進化を問うスポーツでもありますが、「機材」スポーツでもあります。高い機材を導入すれば成績が上がるわけではありませんが、機材によって進化する部分ももちろんあるわけです。より適性な機材を見つけるためのお手伝いができるように今後も取り組んでいくつもりです。

本日のsmr (2017/03/05報告)

本日のsmrは10名、内初参加者が2名で女性が1名でした。
トレ班・ツーリング班で分けると4名、6名です。
トレ班のS君、遅刻しないように(笑)。

smrは毎回参加されなくても、月1でもOKです。
来週は藤枝マラソンがあるので別ルートになります。
だいぶ暖かくなってきたのでそろそろ春系ジャージがベターですね。ウィンドブレーカーは持って走ったほうがいいのですが、身体が暖まったら脱ぐことをお勧めしています。登り方向では身体がオーバーヒートしやすくなりますし、下り方向ではウィンドブレーカーが風をはらんでしまうので空気抵抗が大きくなってしまうのです。結果としてひとり辛い思いをして最後はオーバーヒートしてしまうということもあるので、厳冬期以外は身体が暖まったら「みんなに待っていてもらってでも」脱ぐということをお勧めします(笑)。