25C+ノーマルリムと25C+ワイドリム

今日も雑文からスタート。

僕の乗っているSCOTT ADDICT はすでに28Cも装着可能なほどのワイドリム+ワイドタイヤ対応設計になっているのですが、SCOTTのロード系フレームはADDICT →FOILと開発が進んだためにエアロフレームであるFOILですらワイドリム+ワイドタイヤ対応になっています。もちろんSOLACEは別格です。28C標準になっているモデルがありますからね。トレンドに流されてるな・・・と思うかもしれませんが、実際にはほぼ物理的に説明がつくんです。

さて、今僕がロードバイクのタイヤサイズでもっともお勧めするとしたら25Cです。
理由は重量と太さのバランスになりますね。
23Cと25Cの重量差はクリンチャータイヤで10-20gあるかないかになってきています。っ軽量な25Cを見つけてくれば他ブランドの23Cタイヤよりも軽いということはあり得るレベルまで重量差がありません。また、23Cと25Cは対応チューブが共通になってきているので重量差がつかないんです。
タイや径が大きくなると路面抵抗自体は小さくなります。径の大きさに起因するものもありますし(20インチ小径車などと比較するとわかりやすいですが)、エアボリュームに起因するものもあります。特に後者は稼いだエアボリュームを「空気圧を下げる」ことにつなげてサスペンション効果に用いることが可能になりますから。
なのでロードのタイヤをトラック(バンク)などの綺麗な路面で比較するべきではありません。重量差が出ないんだったらタイヤ径は太くするべき。さらに言うとエアボリュームを稼ぐことが可能なのでチューブレスの方が効果大ですけどね。
28Cがロードで走る路面では現状でまだお勧めできない理由は、「重量」です。僕個人としては28Cタイヤがもっと使えるようになることもそう遠くないとは思っていますがまだまだ重量が重いのです。(25→28Cで+50gくらいあります。慣性が働く度合いがあるのでより強く重量差を感じてしまいます)
耐パンク対策をもっと減らして軽量系のタイヤをお願いしたい所ではありますけどね。

23→25Cにするもうひとつの決定的なメリットはグリップの増大ですね。
グリップと路面抵抗は別の問題です。グリップは摩擦の問題ですが接地面の増大は大きなファクターです。実際には接地圧が下がりますが、支えている面が広いほうが良い点があります。グリップの変化などの「感じかた」に影響します。これも簡単な物理モデルで説明したほうがわかりやすいけどここでは割愛(笑)。

さて、もう一つの議論としてワイドリムはどうなの?
と言うことですが、これはもうタイヤとセットで考えた方が良いと思います。
短所をあげるとするならワイドリムはどうしてもリムのボリュームがますので重量が増えてしまいます。
逆に長所は「エアボリュームが増す」「タイヤ径が増す」の2点。ワイドタイヤの効果をさらに使うことが可能になります。
この差引きがバランスになるのですが…現時点で「25Cに合わせるのがベスト」、「プロほど高速にはならない」ことを考えるとカーボンリムで23-25mm幅くらい。アルミでは21mm前後になるのかなと言うのが僕の考えです。今、アルミのシマノリムを使っていますがちょっと狭いようでワイドリムほどはせっかくの25Cが活かせていない気がします。

僕の主観も入っていますが、パリルーベの28-30Cタイヤを使用していること、そしてそのタイヤで平均時速が45㎞/hを達成していることを考えるといずれ28Cの時代もくるかもしれないよなーと思うんですけどね。

見慣れてくると太いタイヤの方が迫力がでていいんすけどね(笑)。
自分のパワーを支える足回りと思えばまぁ見慣れますよ。

カテゴリー: bici-okadaman パーマリンク

コメントを残す