BIORACER について(その2)

bioracer に興味を持っていただいたおかげなのか、bioracerさんにリンクしてもらったおかげなのか(たぶん後者だとは思いますが)注目度が急上昇でしたありがとうございます。
と、言っても実はパンツだけしかアップしてなかったのでした。

カスタムオーダージャージはデザインのしやすさ(メーカーとのやりとりのしやすさ)が優先されます。とくにトップスに関しては全面がデザインの対象になるし目立つしパンツよりも優先事項が高いんですよね。bioracerは国内にデザインチームがあるわけではない(最終的にはベルギーとやり取りしてもらう必要がある)ことが不利な要素です。ってことはまぁ仕方のないことですが・・・なんとかなります(笑)。トップスの製品性能に関して言えば対外的には折り紙付きなんですよね。男女ロードオリンピックチャンピオン、シクロクロスタイトルも持っているわけだし。そういうこととは別に僕が思う性能は「フィット感」かと思うんですよね。


その点に関してはよく出来ていて、左右の脇の部分の素材と袖の素材が良く伸びるものを使用しているのでバストサイズが大きくずれなければ身体にストレスなくフィットさせることができるようになっています。他社でも見かける構造にはなってきていますが、多少のサイズ違いを伸びる素材の効果で吸収しちゃっているんでしょうね。これによって、だぶつきがほとんど出ないウェアは風切りによるバタバタ音がなくなってます。特に気になる肩回りのバタバタ音がないのはうれしいです。空気抵抗も気になりますが、耳に近いので「空気抵抗が悪くなる」という印象がより強くなります。

最初に挙げたようにカスタムジャージは何を優先するかによっても選択ブランドが変わるところがあります。
僕の場合は「フィット感=空気抵抗の低減と締め付け感が強くないことを両立する」ことが最優先にブランド選択しています。デザインのしやすさは・・・2番目?。でもデザインのしやすさを優先するなら日本ブランドの方がしやすい点はあります。フィット感といってもチーム全体が「ゆるめが好き」ならばまた別の選択肢をご提案します。そういう様々な優先事項に合わせてお勧めを替えることができるようになってきたのもまぁ4代目のgruppoジャージのおかげでしょうかね。

ちなみにウィンターウェアの取り揃え率はとても高いものがあります。
ウィンタージャージはメンバーの好みがまったく違うので製作にむけて必要枚数を確保するのが難しいのが問題なのですが、まずは共通アイテムから作っていくのもありかなと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。