ロードバイク版TTポジションの改良

今日はこれからロードバイク版トライアスロンバイクのポジションフィッティングです。

暫定ポジションで。
これまでロードバイクとしてもかなりの後ろ乗りをされていたのですが、TTバーはお飾り的(本人談)だったのです。
サドルを引いてお尻の後退量の多いポジションにしてしまうと必然的に上体と膝の間隔が詰まってしまいより「前屈」の強いフォームになってしまいます。
TTバーは肘をアップバー上に載せることになるのでロードのポジションよりもさらに窮屈な形になるのですが、それを避けるためのフォームが前転ポジションになりますね。
TTバーを握るためにフォームを窮屈にすることなくポジションの見直しである程度解消できますよ。
多分今回はフォームも触ることになると思いますが、よりリラックスできる方向性になると思っています。

サドルの前方を多少つかうことになるのでTTバイク用のサドルをチョイスしたほうが賢明です。
骨盤角がサドルに対して多少は前傾することになると思うので尿道がサドルへ直に当たらないようにしてあるモデルの方がお勧めです。
SMPのように湾曲しているサドルで接地面を増やす手もあるのですが、TTバーを持っている時と上りのように身体を起こしている時ではサドルの座る位置の変化が大きいためにSMPでもトライアスロンモデルはフラットな面にしていますね。

これまでのprofile design T3アルミのバーはそのまま使うことにして、肘置きの台座だけ取替えてカーボンモデルの台座にアップグレードしました。
肘置きの安定性はTTバーを使用する安心感と操作性、快適性などすべてにおいて効果的です。
ただ、ハンドル位置は今のところ暫定版。
空気抵抗を減らすためにハンドルを前に前にもっていくライダーも多いのですが、
ポジションに慣れるとより、上半身をコンパクトにしてTTバーを短く、手前に持ってくるライダーが増えてきています。(プロ選手のステム長をみると意外と短いことに気が付くかと)
上半身が伸びきってしまうと腹筋で身体を支えなくてはならず、ゆるやかなアーチを背中へ持たせていた方が楽なのは橋の構造などをみるとわかりやすいです。
どのくらいが楽か?は例示をしてから長距離などでテストしてもらうしかありません。(フィッティングですぱっと出るような数値ではないのです)

と、言うことで今日のところは僕の考えを具現化してテストしてみてもらうことになりますね。
感覚を聞きながら、見ながら調整はしますが、しっかりとテストしてもらってフィードバックしてもらうことが大切です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。