トレーニングソフトを探し中。

おはようございます。今日は定休日なんですが、明日に入荷させる商品の出荷指示をだして・・・などちょっとだけ営業?はしてませんが。
雨が降る前に1時間くらいは走る気力があるでしょうかね(苦笑)。明日が雨予報ですからねぇ…。

昨晩にひょんなことからトレーニングのプチ解説が始まりまして…。
パワーメータや心拍データのログを見ながらのコーチングができないか?という話が出てきました。
ようは、「データを解析しながら」トレーニングの方向性や内容についてのアドバイスができないか?ということなんです。

さてどうしましょう?ということでコーチング用のトレーニング解析ソフトを探し中です。(コーチング用はちょっとお値段お高いです泣)。
PLR(プライベートレッスンライド)の一環としてお話を受けられるようにするのがベターかなと思っています。
幸いにして「テストライダー」になってくれそうな方がいるのでちょっと前向きに考えます。

今日の雑感(6月5日)

今朝は昨日のsmrに触発されて(笑)ちょっと頑張って走ってきましたが、やっぱりちょっとサボっていたつけは大きかったです。今年の考えているレースはシクロクロス系なので秋ごろにクリテくらいでてみようかなとは思っていますが、そろそろおしりに火がつきはじめているような…。

さて、現在トライアスリートのバイク持ち込みが急激に増えています。
乗り込みが進んできて、「この部分だけちょっと治したい」と言うお客様へは実際にバイクを持ち込んで色々お話をさせてもらうことが多いです。例えばTTバーを持つときの肘の間隔を調整したいとか、肘から前の手の持ち方をちょっと変えたいとか。そのための機材を紹介するのか、機材の変更に頼ることなくできるかどうかも見極めることになるのか、ちょっとしたことでもsmrで一緒に走っていてバイクの様子を普段から知っている人にはアドバイスと同時に背中を押しやすいですよね。このくらいなら大丈夫と見極めやすいですし。そういう意味もあってsmrにはいつも誘っているんですけどね(笑)。
と、いうことでこんなことしたいんだけど、ということでもどんどんバイクお持ち込みくださいませ。在庫がなくても僕の頭のなかで装着図は想像してお勧めできるかどうか検討できますしね。説明もさせていただきます。

明日はROTORチェーンリングの組替えとパワーメーターの装着と・・・。実はオーバーホール作業が1件とんじゃった(苦笑)。
またどこか別の日に組み込まれることになりました。

今日の雑感(2017/6/04)

BOMAのホイール(TH-12)が売れました!
・・・大井川トライアスロンでデビュー予定です。ちゃんと練習をしてからねと言うことで今週にはお渡し予定ですが。
装着してみたら意外と普通に見える80mmハイトホイール。リア側だけなので横風対応もそれほど難しくないと思います。
今日の走りを見ていたら横風もまっすぐ走れていましたしね。

そろそろ梅雨が始まるころですね。
バイクに乗る時間だけは雨が降りませんように・・・(単に面倒という理由だけです(笑)。
今週もよろしくお願いします。

本日のsmr (#2017/06/04報告)

本日のsmrは9名+2名が途中参加(以前からの知り合いでsmrにも参加されたことがあるのでOKです^^;)

9名中ジュニア&元ジュニアで4名占めていましたがトレ班が5名、久々のトラメンバーも参加しましたがさすがにメンバーが濃いので4名が後続組?(僕もこちら)としました。
トレ班の方はゆっくりのスピードの次元がいつもとは違ったらしく、ふだんより速い後続組からでもすぐに見えなくなりましたが…。
蔵田の坂でヒルクライムリピートを2-3本するのがジュニアたちの定番ですので後続組も同じ場所に行けるんですよね。たしかに1wayにすればもっと長くコースが取れますし、ゲーム性も高いし・・・ではあるのですがコースが長くなればなるほどメンバーの脚が揃っていないとトレーニングの強度がまちまちになってしまうという気もしています。いくつかのトレーニングパターンを組み合わせて行ったり来たりするほうが皆で揃ってトレーニングしやすいのですよね。
後続組は途中まで先頭交代ライドをしていましたが、1年ぶりの参加メンバーの方もいましたので部分的に列を固定して走りました。
何回か続けて参加していただければ先頭交代のリズムの説明も理解しやすいのですが、頭の理解と身体の実践はなかなか結び付かないですからね。途中からは慣れることが大事かなと思います。

帰路は途中参加の2名が加わり、1人はトレ班へ1人は後続組(トレ班かも?)へと入ってもらいました。
先頭組は全日本組2人に入ってもらって3人で、2組目も3人、3組目が5人と言う組み合わせで、2組目のペースが上がらずに3組目と中途合流離脱があったのはちょっと僕の失敗(できれば追いつかないようにしたいので)です。

と、言うことでその後は気が付いたことを色々とアドバイスして回りながら戻りました(笑)。
お疲れさまでした。

P.S. スローモーション動画を何人か撮りました。参考に渡せるよう頑張ります。

明日のsmrについて (2017/06/04予定)

明日のsmrについてのお知らせです(と言っても通常通りなのですが)。

天気もよさそうなので良かったです。
ベルギー帰りの鈴木君が参加予定(寝坊とかしなければ?)、なのでJr.勢には集合をかけておきましたがどうなることやら。
メンバー次第で今後の転戦が控えてますので落車だけには気を付けて(普段からそういうライドはしてませんが)、なるべく苦しんでもらうように調整します(笑)。
あ、ちなみにツーリンググループの参加ももちろんOKです。メンバーの顔触れによって僕が入るグループを若干調整しますので。

smrは現在はトレ班とツーリング班でコースを変えることをあまりしていません。トレ班には休憩場所付近でおかわり練習するなどの工夫をして時間調整してもらってます(笑)。
ツーリング班もトレ班も前半後半で組替え自由にということが出来ますしね。
長い距離を走りたいというトレーニング向きのグループライドではないですが、トレ班もツーリング班もグループライドに必要なトレインライドなどのスキル習得に向いているライドを志向しています。僕はグループライドを走るスキル習得は、ロードレースに限らず、イベントライドやトライアスロン参加にも必要だと考えています。ロードレースでは集団走行がありますから言わずもがなですが、イベントライドでは3000人などの人数が同じコースを走っていることになるのでどうしても追い抜き(抜かれ)、一時的な列走行が生じることは多々あります。普段単独走行だけで参加されると後続には自動車が走っていることは想像できても、自転車が列を作って走っていることは想像しにくいですし、その中で自分が走ることも想像しにくいですよね。トライアスロンについてはむしろ「ドラフティングルールがあるので要らない」と考えている人もおられるかと思うのですが、レース中に意外とそんな状況で前走者に突っ込んで落車している、あるいは落車させているんです。「単独だから」ということで下を向きがちな精神状況がそうさせている部分は単独走行を繰り返していれば治りません。
基本的にツーリング班のゆっくり組では先頭固定にして慣れるにしたがって間隔を詰めて走るように意識して、速い組では先頭交代を合図しながら、トレ班の方ではさらに高度に合図も最小限にしたり、引く長さも自分の強さと周囲のバランスを考えて・・・などだんだん工夫して走るようになっています。(なので速いグループに入った時にはみんな優しくしてね^^;)いきなり、あれやりなさいこれやりなさいはないので大丈夫です(笑。

さらに基礎的なスキル習得(コーナー練習やブレーキ・登り坂の上り方など)をしたいよと言う方は僕の方にお伝えください、また調整しますので。

オーバーホール中です。

今日、明日の日程で1台オーバーホール。天気が良くて洗浄後の乾燥の手間が多少は省けた・・・注油・グリスアップと仮組までは今日中に終わらせる予定です。
よく使いこまれたスプロケット。

ロー側のギアはそれほどでもないのですが、中間~トップに近いギアの歯先がだいぶ薄くなっています。
裏側にはしっかりと摩耗痕。
「良く乗りました?」って聞いたら「良く乗りました。」とのことで。
かなり強い方なので、「使えるけどそろそろ交換されたほうが・・・」と提案させていただいたら、「ちょっと感触がちがうなと思っていたのでお願いします」と。
トラブルを未然に防ぐためにはこういう機材の変調を感じるセンサーがあるととても助かります。
良く乗りました!ということで交換をお勧めです(笑)。


ベルギーから帰ってきた鈴木君からのお土産です。(チームだして良いのかな?)
来店いただいたかたに先着順で配らせていただいてます!なんせ、自転車の荷物があるので超過重量を食らわないようにお土産買うのも大変なようです。
この後は実業団レースに出た後で全日本(U23)のスケジュールになっています。
もしかしたら週末は来るかもしれません。

クロスバイク+内装変速機(centurion City Speed8改)

今週2台目のクロスバイクを組み上げ中です。
とりあえず、基本部品は終わりましたのであとは調整…。

Centurion City Speed (メーカー88,000+tax)に手を加えてます。
センチュリオンはドイツブランドでどちらかと言うとクロスバイク系などスポーツ系実用バイクの方が強いですね。
City Speedはディスクブレーキ+外装11S仕様(165,000+tax)とVブレーキ+内装8S仕様の写真モデルの2グレード立て。
今回は内装8Sという、変速機の主要部分がハブ内にすべて覆われているバイクになりましたので参考までに。
メリットは自転車を倒しても変速機が壊れてしまうことがない、雨後のメンテナンスが楽ということに尽きるでしょうか。デメリットは「スポーツバイクっぽくない」と言うことだそうです。メカが見えている方が自転車っぽくて良いので内装多段変速機はなかなか売れないらしいですけどね。チェーントラブルを起こさないというだけでも僕は推したい1台です。

以前にクロスバイクに乗られているので、その時のノウハウを生かしてブレーキ(レバー&本体の入れ替え)のグレードアップと、変速レバー(グリップシフト形式からシフトレバー形式へ)の交換を実施しました。
と、同時にいつでも荷物を積載できるようにということでキャリアも装着。
サイドバッグやパニアバッグなどキャリアにきちんと装着できるタイプのバッグ類は、書類などの持ち運びにも便利ですし、そのまま肩掛けなどにもなるものがありますのでそちらについては検討課題。
サイドスタンドは純正で装着しましたが、バランスを見るとセンタースタンドの方がちょっと有利なようです。
と、クロスバイクは用途に合わせてきちんと使えるようにきちんと作り込んだ方が楽しく使えますよ。
こちらのバイクは週末にはお渡し予定。

この後はオーバーホール案件が明日朝からスタートです。

オーバーホール日程(6月第3週~分承ります。)

こんにちはbici-okadamanです。
6月1日付けで6月9日までの平日分のオーバーホール予約分が埋まりましたのでお伝えいたします。
bici-okadamanではオーバーホール作業の受付のみ予約制とさせていただいています。
それ以外の作業・ご相談などは予約など要りませんのでいつでもお立ち寄り、ご相談いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Z3R0D (Luminaに掲載されていますということで)

トライアスロンアパレルのブランドZ3R0D

トライアスロンに関わるアパレル関係のすべてが揃うフランスきってのブランドです。
オリンピックディスタンス競技にはめっぽう強く、各国ナショナルチームウェアに(ブランド名を隠して)採用されているケースもあるほど。
そちらを輸入代理店されている方が、藤原図案さん。なんとなく名前だけだと、トライアスロンの商材を扱ってる代理店さんっぽくないですよね(笑)。


実際の所はZ3R0Dとは別にウェットスーツの開発&オーダーもされていますし、学連などの若手トライアスロンキャンプに積極的に関わるなどいまやもっとも熱いトライアスロン関連代理店の1つでもあります。
Z3R0Dはフランスブランドですが、英国のナショナルチームにも採用されてオリンピック連覇を成し遂げているウェアでもあります。近年はチームウェアなどのオリジナル系も増えてきていますが、あえての成績狙いならばZ3R0Dのウェアの選択こそが近道です。空気抵抗・撥水性、フィット感などなどトップ選手が着用するウェアとはなにかを体感してください。

・・・ちなみに下段の中央、気づいた方はおりますか?
うちのショップが一番ちいさいはずなのに・・・(苦笑)。ありがとうございます。

今日の雑感(6/01)

いよいよ6月に入りました。梅雨が目の前ですね。
僕としては今月1か月頑張れば・・・な1か月です。頑張ろう。

今朝は父グループライドの出発時間になっていきなりの雨が降りました。
道中で降られることなく、しかも1時間ほどで雨が上がりましたのでここまで走られてこられた(実は80代の方もいますよ。まだ一番元気です。)方たちも雨に降られることなく済みました。
・・・ツーリングバイク?(クロスバイク?)の商談ができましたので僕としても恵みの雨か?(笑)
まだまとまってませんけど。

ここのところ、クロスバイク~ツーリングバイクの商談が続いています。
クロスバイク~ツーリングバイクは実用性と趣味性をどのくらいの割合で考えるかが肝ですね。
日常生活に合わせるか、ツーリングに合わせるか、によってもちょっとずつ選択肢が変わってくるように思います。
今日も1台、あとで紹介します。