Burley 展示中(試乗もすぐできます)

Burley追加です。
月曜Gグループ(のりGだけに)の定例サイクリングから帰ってきたメンバーの方に試乗希望(あくまで引っ張る方ですよ^^;)がありましたので、良いですよと。
所用時間は約3分ほどで取付可能ですね。日常で使うようになれば1分ほどで準備完了です。

父と同級生ですので・・・〇0代ですが、苦も無く操作されてました。
特にUターンのしやすさは周りから見ていも、「安定してるなぁ・・・」と。子供乗せが左右バランスに関しては動きを自然な形で制御してくれるんですよね。
スタンディングのままで静止もしやすくなるくらいなので操作にかんしては牽引式子供載せの方がはるかに優位です。
感想としては、「やっぱりちょっと重いねー」ということだったんですが、荷台式の子供載せとの比較でないとフェアでないですね。自分のスポーツバイクと比較しちゃうので「そりゃ重いよね」となってしまう。僕の感想では結局のところ上りの上りやすさはどっこいどっこいです。子供が動いて(暴れて)もバランスに影響しない点はあるので登ることに集中はできます。

折り畳んだ状態。

車輪は片手で外れます。軸の真ん中をプッシュすれば外れる構造なのです。
とりあえず座席に突っ込んでおけば縦・横は仕方がないものの高さが無いので、車のトランクでも持ち運び可能です。
だいたいこのくらいまでで2-3分です。


車輪を嵌めておけばころころ転がして持ち運べるし・・・。


組立てじたいはほぼ2か所で、自転車への取付アームを装着することと写真のシルバーの帽部分を赤い掴み部へ引っ掛けるだけ。
1,2回はちょっと手間でしたが慣れればどうということはないですね。


このまま置いて置ける人はやっぱり使用頻度が上がると思います。
小学校低学年くらいなら長距離のライドに連れていくためにちょうど良いです。


こちらにもブレーキがついています。
赤い反射板の下にある赤い取っ手を反対側に動かすといわゆるハンドブレーキの状態になります。(いまブレーキしてある状態)
座席の後ろは広大な荷物室になっているのでスーパーの買い物にも楽々対応します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。