DT SWISS ホイール×IRC シラスCXサンドチューブレス

今朝はシクロクロスバイク×Burleyでポタリングに行ってきました。
浜当目でトライアスロン関係者に会いましたのでごあいさつ。「バイク30㎞でダウンしたからラン30㎞行くそうです」・・・意味が分かりません(笑)。

浜では監視員の方たちに良くしてもらって自転車を置きやすい場所への門を開けてもらいました。質問攻めだったのは間違いない。
この形式の面白い所は、「プチトレーラー気分を味わえる」こと。
牽引することが新たな走行感を生み出し、走ることの意味を見出し、どこを走ろうかルート検索で頭を使い、曲がる時には内輪差に気を付けてみようとか、それだけで身近なところを走ることに喜びを感じます。これは世のお父さん、走りたいお母さんは絶対に買うべきです(笑)。息子氏は終始後ろでご機嫌に景色を見ていました。楽しそうな声が聞こえるのでわかります。
僕もいちおうバイクに乗れたので満足です。これからお仕事頑張ります。

バーレー(Burley)のホームページはこちらで

もうひとつのメリットですが、「トライアスロンの移動」で便利ですよ。
ロードレースの時の荷物移動も大概ですが、トライアスロンは「スイム・バイク・ラン」3種目+トライアスロン特有の荷物をもち、2-3㎞先の駐車場から歩くと言うドMなレース外レースがあります。
バーレーがラインナップに加えている「荷物・ペット用」の中からFlatbed & Travoy是非見てみてください。


もうひとつの愉悦。
32Cチューブレス。
IRC シラクCXサンド・チューブレスをオンロードツーリング対策で使っています。
32Cはやはりちょっとオフロードもこなす人向けのタイヤサイズかなと言う感じです。28cくらいまでは気にならないのですが、32cはオンロードでのコーナーリング中に接地面のグリップ感が28cなどに比べて下がるのが気になります。タイヤが太いため接地面は広いのですが、接地圧が下がっているのが要因でしょうかね。空気圧の関係もあってタイヤの横剛性が負け気味に感じるとオンロードは曲がりにくい。ただ、攻める必要のないツーリングでは走行感の軽さと衝撃吸収性の良さからリラックスして乗れるメリットを感じます。特にロードしか乗らない方にとってはこのタイヤの接地感は予想以上の出来ですよ(笑)。

ロード系トライアスロン仕様バイク(サドル編)

先日、大井川トライアスロンを終わったIさんのバイクをロード仕様にいったん戻します。

戻し方はこんな感じ。特に重要なのはサドルセッティングと言うことで、シートポスト&サドルはロード用とTT用で別仕立てにして2つ用意してしまいます。
手前がTT用として準備したもので次回はこのセッティングからスタート。後ろ側はロードのポジションで今回はちょっと動かしてしまったので再調整が必要。
こうしておくことで、サドルポジションはそれぞれのスタイルに合わせる時に「サドルの高さだけ気にすればよい」ということになります。
と、言うのがポイント。これができないバイクもちょっとあるんですけどね・・・(苦笑)。

ロードバイクをロードスタイルで乗るポジションと、タイムトライアルスタイルで乗るポジションってかなり違います。
トライアスロンを始める際には基本的にはロードバイクをお勧めしていますが、その理由は「オンロードバイクの基本スタイルだから」ということです。
トライアスロン(TT)ポジションはかなり前乗り・前傾の強いフォームに見えますが、実際にはロードポジションをペダル軸を中心に前転させているようにフォームを作っていることが多いんです。だからまずはロードポジションに慣れましょうって言うことなんですよね。ロードポジションに慣れればTTポジションも同じイメージで走れるように調整するだけです(笑)。
サドルは基本前乗り仕様に持っていくのと、前傾姿勢がサドルに対しては強まるので尿道保護を考えて「先割れ」「双胴(溝付き)」タイプのサドルをお勧めしてます。シートポストも前乗り対応でオフセットは前方に15㎜のタイプとか。メーカーの専用シートポストの場合は前後ろをひっくり返せるタイプがお勧め(ただし2本持ちは正直高価・・・)。

ちなみに、ロードバイクでも本格的にロード&TT運用をやる場合は、
・サドル&シートポストの2セット持ち
・ハンドルポジションの変更(TTバーのポン付けにはならない)
・シューズの2つ持ち(TT的に走るための工夫)
がおススメかな。調整がいちど済ませることができれば準備が良ければよいほど短時間でロードからTTへ、TTからロードへと変更が可能です。

マルチロード?(グラベルロードかエンデュランスロードか)

梅雨明け宣言が出てからカンカン照りになることが多いので、夏バテをさけるためにゆっくりと身体を慣らしてます。
今日もシクロクロスのバイクで近場をちょっとだけ汗流してきました。
秋にはこのバイクでキャンプツーリング行きたいですからね。そのためのロングライド慣れもしておきたいと思ってます(smrもこちらで走るかも)。

もう15年は乗っている「マルチロード」です。シクロクロスフレームですが、通勤ロード号になっていた時代もありますし、今度はロングツーリングに使うつもりです。シクロクロスだけにダートも走れますから林道ツーリングもこなせます。今は「グラベルロード」の方向性に合わせてセッティングしています。
さて、ロードを色々な局面で使いたいと思うとエンデュランスロードのジャンルが良いのか、グラベルロードのジャンルが良いのか迷いますね。
エンデュランスとグラベルの違いはタイヤサイズの許容域とギア比、フレームの性格に違いが多少ある場合もありますが順序で行くとそんな感じかと思っています。
エンデュランスは現状では28C、max30C?というタイヤサイズのようです。これだと、ダート系は積極的に走るという雰囲気ではないですね。パリルーベのように耐え忍んで走ると考えた方がよさそうです(笑)。
ギア比に関しては基本的にコンパクトだけど、ロードに同じですよね。ロードバイクとして使うことを前提に考えていると思います。
グラベルの場合、タイヤサイズは40Cなど「ダート、オフロード系を積極的にはしること」を前提に考えています。25Cだって普通に嵌りますからオンロードでスピードが出ないという心配はないですが。
ギア比はフロントチェーンリングが小さめになっていてシクロクロスなみになっていることが多いようです。出そうと思えば出せる、あるいはちょっと手を加えるが良いかと思います。対応できないことはないけどね。
と、言うことでオンロード性能が少しずつ削られていくのがグラベルです。でもどちらもマルチには使えるんですよね。

ここから先は「どのように乗りたいか」「ロードを持っているのか」「体力」「惚れたかどうか」にかかってきますので、ぜひご相談いただきながら決めていただければとは思いますが。

先日のちょっとした事件を機にキープしていたホイールを使い始めました。
ホイール:DT SWISS R24db (¥43,000+tax)
タイヤ:IRC CX sand Tubeless
シーラント:EVERS スーパーシーラント

このホイールは今現在、ロードホイールで考えられているすべての軸固定方式に対応しています。135mmクイック、142mmスルー、どちらも対応できます。両端のアダプターを交換すれば対応できるようにしているのがいまのディスクブレーキ対応ホイールの多くが選んでいる方式です。つまり、もうホイールがないと言って悩む必要もありませんね。(お好みのホイールは準備できるんです)
タイヤに関してはチューブレスレディ対応のホイールなのでチューブレスを使わない手は有りません。空気圧を下げても走りが軽く、タイヤ全体のバネ感を感じられるようになります。噛みパンク的なパンクリスクが下がりますし、パンク自体もシーラントで埋まる可能性が高いのがチューブレスのメリットです。チューブラーやクリンチャーでは内部のチューブに大きな穴が空けば構造的にシーラントで埋まる確率は下がります。タイヤ交換もシーラント注入のおかげでかなり楽になっています。ビードから空気が多少漏れていてもかまわずにガンガン空気を入れて、ホイールをくるくる回しているうちにほぼ止まります。そして軽く走って圧力をかければ完全に密着しますからね。チューブを挟んでバーストさせる危険性もなくて(手順通りやればありませんが)、ビードを引っ掛ける作業もクリンチャー並みになっています。
特に幅の広いタイヤになればなるほどチューブレスはおススメです。

 

gruppo トライアスロン部のジャージ〆切のお知らせについて(あと10日)

gruppo トライアスロン部のジャージについて、「半袖版」を製作します。

〆切は「7月31日」までといたします(前金にて領収を予約とさせていただきます)
上下セット31,000円 (トップス:15,500円、ボトムス15,980円 )
8月1日前後に発注~10月初旬をめどに入荷の予定ですすめております。

下記写真は上下の1ピースになっていますが、ミドル~ロング向けの選手からの要望でセパレートタイプになります。
2~3日中にデザインの決定をします。(表の基本デザインはこのままになります。バックデザインはちょっと変更になります)

 


近年、ミドル~ロング系の参加の方から「半袖仕様」の要望がでてましたのでそちらへの対応を行いました。
肩回りの日焼けを防止することでミドル~ロングでの長時間の日焼けによるパフォーマンス低下を防ぎます。

gruppo bici-okadaman仕様のトライアスロンウェア、実は「超目立ちます(笑)」
特に男子選手はピンク系を配するジャージなんてあまり着ていません!
と、いうことも申し添えておきますのでなにとぞよしなに。

どうぞよろしくおねがいいたします。

FD-8000 ! (FELT ARシリーズは必須だから^^;)

今日は懸案事項だった、某選手バイクのFELT ARにアルテグラFD-8000を投入しました。

アルテグラFD-8000はある特殊な事情が重なるとFD-6800からの乗換えは必須とお伝えしてます・・・(苦笑)。
その代表格がこのFELT ARシリーズ。
6800シリーズでは、フロントの変速が「かっくん」という形で唐突に変速するようになってしまいます。
明確に理由があって、「FD用のワイヤ穴がフロント変速側に寄り過ぎている」というものです。

〇のところにフロント変速ワイヤー用の穴があるのですが、通常はフレームの中央側(つまりもっと左)にあることが多いのです。
形状優先のARシリーズは変速機の真下に穴があると言っても過言ではなく、ロングアームの6800ではまともに引くことができなかったというのが原因でした。
FD-8000はワイヤがほぼ真下から来ても引っ張ることができる構造になっています。
「フレーム形状に左右されることがなくなった」ということは伊達ではないんです。実際にどのフレームであっても1-2割はレバーが軽くなりますからね。
この部分だけ新型に変えることもお勧めです。本当に効果が高いFDです。

 

本日定休日です(が。)

本日は定休日、ですが荷物の受取や発送があったりでちょっとだけお仕事でした。
と、いうことでblogのほうもちょっとアップ。

某ブランドの社長が1月ごろに「プロトンではディスクブレーキなんて必要ないから○○には作らないよ」的な発言をしていたのですが、半年もしないうちにディスクブレーキ搭載車を発表した?すっぱ抜かれた?ようでなんだかなぁ・・・(笑)と。業界トップの社長ですら先が見通せないディスクブレーキ普及問題です。ちなみに「ロードレース仕様のハイエンド」なんですけどね。ハイエンド仕様であっても28Cタイヤが使えるかどうかを確認するほうが良いとは思いますよ。今後いつ28C仕様が主流になるかはわかりませんからね(笑)。それはともかく徐々にこの世界もディスクブレーキ化の方向に進んでいるようです。
まぁここまでは僕の予想通りの流れになっていますね。

大井川トライアスロン終了したばかりではあるんですが、ISMサドルを大井川でテストした方に気にいって購入していただいたものと、ロードバイクをTT化して遊んでみたいという方に選んでいただいたものがともに入荷しました。

bici-okadamanはISM ADAMOサドルのテストサドルを置いています。
サドルのセッティング方法にはかなり難しいようで僕も前回のTT仕様(トライアスロン)の時は途中で挫折したのですが、今回のテストはとてもうまくいったようでした。
このサドル、実際には前半分に乗るイメージになりますが、左右幅が先端でも少し広いのでそこが擦れていたいというケースをクリアできるかどうかがポイントのように思います。実際に詳しい装着方法が記載されていますが、実際にテスト装着してしばらく使ってみることをお勧めはしています。と、言うことで1620円/week (max2Weeks)で貸し出しできますので気になる方はぜひ装着してみてからお買い求めくださいませ(笑)。

さ、今日はこれまで。

大井川港大会終了後・・・

トライアスロン大井川港大会が終了してからちょっとだけレースの反省会をしにお客様に立ち寄っていただいてます。
今後・来年に向けてのトレーニングのお話や、レース中の出来事の中から機材選択をどうしようかとか。陸上のクラブがないかなぁ・・・とか。レベルに見合うクラブ探ししなきゃ?とか。
基本的には僕はバイク専門なのでバイク中心で「次」を探すお手伝いをさせてもらうことになるのですが、特にgarminなどのGPSロガーをお持ちの方は「持ってきてね」とお願いしているわけです。意外とご本人は「タイムしかみていない、その時だけしか見てないよ」という人も多いのですが、GPSロガーは「宝の山」なんですよ。それはランでも同じですが、近年はスイムでも使えるようになってきましたからね。最初はご自分で使えなくても良いから「つけっぱなしでレースやトレーニングでの記録を取ってください」と言うことです。
今回はバイク周回データ(スピード&ケイデンスのみ)だけの人もいますし、心拍データが追加されたひとも、パワーメーター込みの人もいます。
スピード&ケイデンスだけでもGPSログ付きならコースラップを後で分割してコース前半と後半、1周目と3周目で比較することだってできますし、ケイデンスのばらつきの有り無しを判断することもできます。心拍データが追加されるとどれだけきつくなっていっているのか、余力を残しているのかの推測はできますし、パワーデータがあればさらに精度はあがりますよね。これらデータをどうやって見ていくか、今後はどういう指標を作ってトレーニングとテストを繰り返すか、強度や頻度をどのくらいにしようか・・・相談する内容がより緻密になりますね。

・・・と言うことで、特にトライアスリート向けにはgarmin foreathlete 系をお勧めしていますし、バイク中心であればedge系がお勧めです。
お買い上げいただければガイダンスというか本格的にトレーニングに入られるような実地説明を込みでご紹介できますので~(笑

トライアスロン大会後の洗車

今日はさっそく大井川港大会後の洗車作業を承りました。

洗車作業後です(笑)。

大井川港大会は港湾内で若干塩分濃度が低いとは言われてますが、スイムは海で実施です。
トライアスロンは身体を拭く時間も惜しんでバイクに乗車、さらにバイク中は水分・食料補給をすることと、発汗も凄いのでバイクがかなり塩分付着するので掃除が肝心なんですよね。
なるべく早いうちに、バイクを掃除しておくことをお勧めします。
洗車したあとは乾燥、注油、調整までを進めて置けば次回のライドにも困りません。
カーボンバイクは特に上手にケミカルを利用しての拭き掃除、注油でもOKと言えばOKですが、僕の場合は状況によって使い分けています。

16日、トライアスロン大井川港大会のメカニックサポート

地元のトライアスロン大会、大井川港大会のオフィシャルのメカサポート行ってきました。

例年、gruppoのみんなも出場させてもらっているのでということで選手側からサポート側に回って4-5回目?になりますが、僕の方もそれなりに楽しませてもらっています。
今回は7時過ぎから作業開始しました。バイクピットにバイクが並び終わるのが9時過ぎまでなので時間との勝負でもあります。
例年はパンク修理が1-2件はあるのですが、今回はありませんでした。
そのため、おもに
ブレーキワイヤの引き量調整(ホイールを入れ替えたせい?中にはアルミリムなのにカーボン用ブレーキシューを使っていたひとがいてちょっと気になりましたが)
シフト調整(こちらもワイヤの調整が多かったですが、使用に従って多少の調整が必要になるものがあるので普段からご注意いただくと賢明です)
が中心でした。このあたりは予想しているので作業はスムースに流れます。
それ以外の作業では
・エンド金具の修正作業:リア変速機の付け根のパーツを曲げてしまったとのこと、工具を持って行ったので無事対応。前日調整で落車されたとのことでそれが原因・・・はちょっと残念でした。
・Di2バッテリー上がり:考えたらたしかにこのトラブルは今後増えそうです。予想していなかったので対応ができず、そのままの出走になってしまいました。
・クイックレリーズ忘れ:輪行で来られたようなのですが、前後ホイールの留め金具忘れも多いトラブルのようです。自分の移動用バイクを諦めて貸し出しにしました。
と3件が頭を悩ませました。
年々、バイクトラブルに関する持ち込みが減ってきているように思うのが大井川港大会の特徴ですが、静岡ローカルという事情も大きいかもしれません。各クラブ・仲間との出場で準備が整っているのでしょうね。クイックレリーズの1件だけは貸し出し・取付でバイクを確認したところ状態が良くなかったので再整備が必要でしたし、その場で治らないシフトトラブル(治せる準備はしていったもののスタート時刻の関係であきらめ)も抱えていましたのが…。

と、言うことで今年も無事にサポートの方は終わらせることができました。
ご協力いただいた方ならびに差し入れいただきましてありがとうございました。

レースの方はgruppoメンバーを始め他チームの所属のお客様も含めて、気が付いた方にはなるべく声をかけて応援させてもらいました。
例年はgruppoジャージを着ていましたが、今年は暑くてそちらも諦めたので見分けがつきにくくてすみません(苦笑)。
お客さま、ならびにgruppoメンバーからは総合表彰台・選手権表彰台と年代別表彰台に今年も乗られたかたを始め、みな暑い中をしっかりと走られておられました。
なにより嬉しかったのは
「今年はバイクよかったでしょ!」「バイク走れました!」って声をいただいたこと。
以前から長くポジション改善に努めて取り組んでいた方、直前で急遽ポジション変更させていただいたかた、飛び道具を用意させていただいたかた色々なポジションでお役に立てた実感をもてました。
ありがとうございました。

おふたりとも表彰台に上がる時にblogの掲載許可ありがたくいただきましたので紹介です。
ちなみに、レース時にUWOGASHIジャージ、ゴール後に魚河岸シャツの焼津人全開でPR。
もうひと方はレース時は自チームのジャージ、表彰時にUWHOGASHIジャージで登りました。
決して写真が入れ替わっているわけじゃありません(笑)。

 

 

トライアスロン大井川港大会(前日編)

午前中の内に大井川港のメカニックブース予定地に視察に行ってきました。
例年よりも場所をちょっと動かすとで下が草地になるので、ちょっと足場が心配ではありますがブルーシートも引いていただけるようですしなんとかなるかと。大井川港大会、比較的メカニックブースは難しい作業が少なくて済んでいます。パンク修理自体も2-3件ですし、変速の調整も多いわけではありません。近場の人が多くてバイクの整備が済んだものを持ち込まれているという好影響もあるんでしょうね。
ポンプの使い方だけは毎年「教えてください」という方もいますので、お暇な人はぜひ、空気入れてつだってくださいませ(笑)。←7時には行く予定です。


初めてじゃない人はこの建物を目印に来ていただければわかります。
バイクトランジションが閉まるまではここにいます。
その後レースが始まったら例年はバイクコースの南端のUターン箇所で応援しています。

と、いうことで暑い予想ですが頑張ってくださいませ。


リバティまでこちらのバイクを持ち込んで走ってきましたが炎天下で、風がちょっと涼しいくらいだけでした。中に乗ってる息子氏もふうふう言い出すので早々に退散してきました(笑)。

本日は20:00まで営業しております。

:2018
WILIER 、GT、FELT、ORBEAがスタートしています。WILIERは一部早期注文特別仕様車がありますよ。
:2017
SCOTT、NEILPRYDEで一部バイクのセールがあります。もちろんですが、在庫限りにて終了になります。
:gruppo bici-okadaman
とらいあすろん部の半袖ジャージ版の予約注文期間中です。~8月1日までに予約&前金にてお願いします。