ライトウェイ展示会(FELT)

FELT/GT、そして今期から取扱開始の牽引式子供乗せBURLEY、自社ブランドのRITEWAYも持つ・・・ライトウェイ展示会に行ってきました。
あまり多くはないのですが、試乗会付展示会という形で実際に乗って確かめることができるのは大きいですね。

まずはFELTから。
昨季よりデビューしているFELT  VRシリーズがやっぱり注目です。
そしてFRシリーズもいよいよディスクブレーキモデルと併売になります。

VRは「マルチロード」と称していますが、その心はグラベルだけじゃない、って所だと思います。
オンロードで行けば、部品構成やポジションフィッティング的にロードレース向きにはなっていませんが、そこを意識すればほぼほぼ対応できるだけのフレーム性能はあるかなと思いました。28Cとの組み合わせは「速さの質が違う」。重量故に加速で影響がでてしまうのは否めないですが、タイヤボリュームによる衝撃吸収性の良さと転がり抵抗の少なさは特筆的。軽快さが欲しければ25CでもOK。オフロード重視でいけば32Cのシクロクロス系は余裕がありますし、35CでもクリアランスOK。1台でオールマイティに使い倒すのも良いし、セカンドバイクでオフ中心、ツーリング中心で使い分けても良いですよね。実際にバイクパッキング的に使い倒す提案はこれから始めようと思っているところです。


FRシリーズ唯一のディスクロードになっているFR3DISK。基本構造はFRのキャリパーブレーキのシリーズに準じていて、ディスクブレーキ搭載と同時にスルーアクスル対応してあるといった感じ。
タイヤのクリアランスはVRシリーズに比べたら狭いけど28Cは問題なく装着可能。
ロードに走る場所を限定したうえで、ならばVRシリーズよりもFRシリーズになるのは間違いないはずです。そのうえで強大なブレーキ力を得てFR DISKの走るフィールドは激坂の下りなどを含めて楽しんで走れる範囲が膨らむこと間違いないかと。

 
最後の注目がトライアスロン向けのIAシリーズ。
若干のマイナーチェンジを受けてトップチューブ状のケースが多少使いやすくはなるようです。ここにはないけど、シートチューブ後ろのストレージも新たに用意されるとか。
こまかな部分はあるのですが、大まかな部分はこれまでと同じ形状。
これまでのモデルに自信持っている証拠でしょう。風の中を進む様子はこの形状でありながら横風をあまり気にしなくてもよい点でも特異的に感じました。
リア三角の形状がとてもコンパクトになっていることで横風を受けやすい場所がフレーム中央部に収まっている点でもありかと思います。フラットペダルで跨っただけなんですが純正パーツを含めてよく考えてできています。

すでに2018の商材もスタートしていますが、FELTの場合は2017~の継続の流れと新カラーへスイッチとが混在中なのですでにモデルが入荷しているものも一部あり。
マスプロダクトの開発力の凄さをいかんなく発揮してできている各シリーズとも完成度含めてお勧めです。

2018展示会 vol.2(予告)

2018年シリーズの展示会廻りも第2弾が明日7月5日にあります。
台風日程直撃しなくてよかった・・・過去には台風直撃で品川足止めシリーズなどありましたからね。
今夜半に通過する見込みとのことなので行程には影響しない予想です。

今週はFELT/GT/RITEWAY です。(CHARGEバイクも展示がありますが取引のためには期間限定になっている見込みですのでご注意を)
FELTトライアスロンシリーズはマイナーチェンジが入る予想がありますのでそのあたりも注目しています。FELTトライアスロンが面白いのはハワイでは女子が無敵なんですよね。男子エイジライダー的には女子プロの方が出力が近いだろうと予想しているのですが、近年のトライアスロン的スーパーバイクは重さ無視みたいな雰囲気もあるのですが、さすがにIAあたりがちょうどいいんじゃないかなぁとは思います。
もうひとつはFRディスク。確か出るんじゃなかったかな・・・。

もうひとつは間もなく入荷予定になっているBurley(バーレー)です。
牽引式子供乗せは1人タイプ、2人タイプがあります。
さらに牽引式の「荷物載せ」もありますよ。
スポーツバイクでも使用可能だし、シティサイクルでもOK。僕がおススメする理由はやはり横転(転倒)しない事でしょう。
自転車が歩道ではなく車道(左側)を走るように指導されていることはご存知かと思いますが、キャリアタイプの子供乗せは「歩道走行時にパンクリスクがとても高い」ということもありますね。
牽引タイプでは引っかかってしまうことが怖くて歩道を走れない点でも車道走行を意識するいいきっかけではないかとも思うのですが。

と、いうことでまた木曜日には報告できると思います。

ツールドフランス st.2ディスクブレーキ初勝利。

梅雨時ですがとても暑い日、今日も営業してます。いいオーバーホールデイです・・・(人間が辛いけど)。

ツールドフランスがいよいよスタートしてます。マルセルキッテルがスプリントステージ勝利!というニュースと共に「初のディスクブレーキロード勝利!」と・・・宣伝が(あw)。
新機材の初勝利はいつだってセンセーショナルですが、はたしてディスクブレーキロードは一気に広まるのでしょうか?
過去の歴史で言えば、例えば1989年のグレッグ・レモンの復活勝利は今ではTTバイクでおなじみのTTバーを装着したバイクによる最終日TT逆転勝利でした。
ビンディングペダルだってそういう歴史と共に広まっていますし、シマノSTI、Di2など・・・やっぱりレース発の新機材の広まりは伝達が速いんですよね。

ただ、「ディスクブレーキ」はすでにMTBの世界では標準になっていますし、オフロード系ロード(シクロクロス・グラベル)でも一般的です。
シクロクロスではなんやかんやと使わない理由が挙がっていた翌年?くらいにワールドカップの女子選手の大半がディスクに切り替え、男子も追随してて、言い訳か・・・と思ったり(笑)。
今のところ、重量の影響が出にくい平坦ステージでの使用が多いかなとは思います(選手が懐疑的なだけだと思われます)が、果たして山岳ステージで雨が降っていたりしたらどうなるのかなーとは思ってます。ツールドフランスはコース的に激しくテクニカルな下りが多くないようには思うので使わない可能性も多いですけど・・・。

今のところレース系のディスクブレーキロードは僕もまだ懐疑的ですが、否定的か?と言われるとむしろ賛成の気持ちの方が強いかなーと。

 

情報
☆2018ORBEA :予約受付中ですー。
☆2017Wilier 一部特別価格情報ありますー。

本日のsmr (2017/07/02報告)

本日のsmr、参加者12名内女性が3名でした。久しぶりな参加者も多かったですね。
帰路に集合場所になかなか戻ってこられない参加者1名・・・連れ戻しに行ってもらったり(笑)もありました。
ありがとうございます、お疲れさまでした。

今日は峠駐車場にてトライアスリート向けTTバーのポジション調整タイムを設けて2名ほどお付き合いいただきました。
ロードバイクをトライアスロンバイク化するときはロードバイクのポジションのままでTTバーを装着することが多いし、「前乗り」という意識が強いのでTTバーをなるべく前に前にと装着する例が多いです。しかし実際にはTTバイク仕様のTTバーの装着は意外なほど「短いステム」と共に成り立っています。肘を置く位置は肩からほぼ真下にあるように取り付けるのですが、通常のロードでサドル位置を前乗り対応に変更しないままでTTバーを取り付けると肘は肩よりずっと前に出てしまい上半身のフォームが潰れがちになるので大変なんですよね。
だからこそ、TTバイクと言う選択肢でもあり、ロードバイクのTTポジションは様々な工夫の元に成り立っています。
今日は大井川大会に向けて直前ではありますが、久しぶりに参加されたこともあったのでその辺の説明をさせてもらいつつポジション変更をちょっと提案してみました。

smrの際、特に休憩時間は色々な相談に乗らせてもらっています。
スキルアップライドの工夫やポジション変更についてに限らず、あくまで仲間としての助言・たわごとや遊び(8の字やスプリント練習に付き合ってとか^^;)は面白そうであればノリノリ対応させていただきます(笑)。

明日のsmrについて(2017/07/02予定)

今日の天気予報が外れ気味・・・日中の気温が一気に30℃オーバーになりましたね、明日のsmrは通常通りですが34℃予想がでています。
熱中症対策は個々に十分対策してご参加くださいませ。(smrでは休憩までの走行時間が約1時間前後になっています。休憩も適宜取れる箇所がありますので絶対に無理なさらぬようにお願いいたします)

今日はひさーしぶりに、Jr年代の参加希望者の方とお話しさせてもらいました。お父さんと二人で乗られていたようで良いですね。
実は親子で乗られているJrメンバーはそれなりにいたのですが、「一緒に参加」されたことのあるメンバーはそれほど多くないような・・・(笑)。
Jr.だからといってレースやります、トレーニング班でなきゃだめですなんてことありませんが、今のところはそれぞれのメンバーが楽しんでレースに出場しながらだんだん本格的に楽しむということができているように思います。その上の段階はまだ手探りの部分も多いです。階段を上がれば上がるほど苦しいことばかりですからね。だからこそ自転車の楽しさの根っこを最初のうちに掴んでおいてほしいです。