CEEPO2017 MAMBAモデルの提案について

トライアスロンについてはそろそろシーズンも後半戦ですが・・・まだこれからのレースが残っている人も来シーズンに向けての準備を考えて(欲しい!)る人も。
ハワイのアイアンマンのエキスポで新モデルが登場という流れはまだまだこれからも続くとは思うのですが、一般ライダー向けに登場するモデルもそこで発表されるのかと言うとそうでもなく…。
と、言うことで少しずつ「年モデルじゃない」メーカーが増えてきたように思います。

トライアスロンバイクブランドCEEPOからのスペシャルオファーが届いていますよ。
MAMBA TT仕様アルテグラDi2(R8000系)
ULTEGRA Di2 TT カーボンハンドルホイール無し完成車 税抜価格440,000円
アルミハンドル ホイール無し 390,000円 アルミホイール付 410,000円。

CEEPOのラインナップの中では元々はドロップハンドル仕様として出ていたロードバイク的なMAMBAですが、前後共に通常の1ボルト仕様のキャリパーブレーキ、ロードポジションも可能にしているシートアングルをキープしつつ前乗り対応が可能なセットバック+前後入れ替え対応のシートポスト、そしてTTポジションを前提とした低めのハンドルポジションを可能にするヘッド長を持っています。MAMBA TTはそのロードバイク的な特徴を生かして「登れる、そして下れる」TTバイクを提案しています。
他社のロードバイクでもこのような対応ができるバイクはいくつも提案されています。が、ここまでの経験上ではシートアングルとシートポストの前方移動量、そしてヘッド長が長くてハンドル位置が高くなる傾向からこだわればこだわるほど物足りなさを感じるバイクになることも多く、その点でもお勧めですね。TTバイクだけに割り切れない方、ロードバイクの操作性の良さは残しておきたい方、他モデルと比べても多少軽量性を確保できますよ。

と、もう一つはCEEPOもこのタイミングで「新型アルテグラDI2」を投入しています。6870系とR8050系の違いはボタンの最適化とリアディレーラーのシャドー化(+ワイドレシオ対応)。リアディレーラーの更新は変速性能のアップと駆動効率化のアップかなと思いますが、もうひとつは遠征時のリアディレーラー系の破損に強くなったのではと推測してます。これまでに比べて外側への張り出し量が減りましたからね。

その他、MAMBAについてはドロップ仕様、105仕様などのお買い得モデルもまだ健在ですので是非ご相談くださいませ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。