本日も営業中(2017/08/05)

今日も営業しています。
今のところ13:00頃、15:00過ぎ、17:00頃にお客様の予約が入っていますが、受け付けられないほどの混雑にはならない見込みです(笑)。

先日、ROTORのチェーンリングをTTバイクに装着したケースで、フロントディレーラーの変速状況が「整備台上ではOK」「ローラー台上ではほぼNG」というパターンがありました。
荷重がかかっていると途端にインナー→アウターで引っかからなくなってしまうケース。ロードの方ではあまり起きなかったのですが、TTバイクのセッティング上気が付いたことはFDの取り付け位置がちょっと前方側にずれていると推測しました。指定範囲内でも起きうる可能性があるということですね。
と、言うことでこういう小物を仕入れました。


Wishbone FDチルトスペーサー(¥3,000+tax)
正規にはROTORからもでていますが現在在庫なしだったのと、「後方にセットバックさせればOK」と判断したからです。FDの角度調整(シート角の方です)をするのはフレームの台座の方が角度調整OKなタイプでしたので、あえて追加する必要はなし。となればこのキットで十分でしょう。
取付の経験上、必要になる可能性があるのは「楕円チェーンリング」+「TTバイク」が多いと思います(主にシート角度に合わせてFD台座がついてしまっているタイプの可能性があります)が、この問題に直面してみて初めてあぁこういう意味合いで必要だったんだねと理解する・・・ちょっとニッチな商品ですね(苦笑)。

もうひとつせっかくなので
Wishbone セラミックプーリー(¥13,000+tax)も入荷しました。
このモデルの潔い所はベアリングがむき出し(シールももちろんありますが)にしているところかと思います。ばらしてしまえば洗浄しやすいのです。
回転が軽いことを謳っていても、ベアリングのシールが外れなくて内部に泥や汚れが詰りやすい構造をしていたらすぐに詰まって壊れてしまいます。どうせメンテナンスをしないと良い状態がキープできないよという商品ならばメンテナンスをしやすくなければ意味がない。また、変速性能にもきちんと配慮された造りになっているので使ってみるにはお勧めのパーツかなと思いました。

ってことで今日は2つほど部品紹介してみました。

:SCOTT MTB (2017)キャンペーンが始まっています。MTBワールドのトップモデルたるSCOTTバイクを手に入れるチャンスです。
:FELT トライアスロン(2018)取扱いを開始しています。bici-okadamanではCEEPOと共にFELTトライアスロンをプッシュしています。
:WILIER(2018)お買い得なキャンペーンモデルがまだ入手可能です。
:Neilplyde ,KOGA , COMMENCAL(2017)も一部セールモデルが入荷可能です。

本日より営業します。

30日、31日と休暇をいただきまして、8月1日本日より営業再開しています。

休暇はですね・・・ほぼ自転車三昧でした(笑)。
長野・白馬方面に家族旅行だったのですが・・・ちょうど29日、30日は山梨・富士見町(富士見パノラマ)でシマノのMTBの祭典、シマノバイカーズやってるし!
と、言うことでまずは富士見パノラマの視察に決定。
あいにくの雨交じりの天候のためコースがぐちゃぐちゃ・・・ロード乗りからするとうわぁだろうなぁと思いながら30分耐久、2時間耐久の時間を見ていましたがいろんな種目やってるのに合わせてあちこちにライダーが散らばっているようで「見るより、やる」イベントなんだなと思いました。もうちょっと見ることができるようなら家族連れてきてもいいんだけど・・・。
娘は「見るのは嫌!」ということで早々に撤退でしたが、ライダーが楽しそうなのはちょっとうらやましい。
あい

で、お昼以降で場所を変えて、国営アルプス安曇野公園のMTBパークへ。
こちらはバンプトラック、キッズコース(写真)、初級のポタリングコースに中級のトレイルまでを用意している公園なんですが、入場料が大人410円、子供80円と格安!
MTBはレンタル(1h)で300円!(うちは子供用を持参で行って大人用は借りましたが)
エリアの整備具合も良いし、MTBをスタートさせたい人にはぜひお勧めの場所・・・(だがしかし静岡からは遠い)。
気に入った娘が2日目の午後もここを希望して、結果的に3-4時間ほどずっとパンプトラックを回っていたほどでした。


僕はもっぱら息子の面倒を見ていたのでなかなか娘のスキルアップに手を貸してやれないのが残念(そもそも言うこと聞かないし^^;)でしたが、また行こう!ということだそうです。
キッズコースの大きさはそれなりにありますが、パンプトラックの方は・・・なんとかこの辺でもできないかなとは思ったのでした。
なるほどこういうコースにすればいいのね、というような。
僕も少しだけ体験しましたが、「自分がうまくなる」「習い事感覚」なのはロードにはない感覚ですよね。あまりロードではスキルアップに力を入れるということが難しい(ことの本質は速く遠く走ることでうまくなることではないように思うので)ですが、MTBはそれからスタートするのがちょうどいいように思います。

と、言うことで2日間はほとんど「キッズ用」「MTB」をキーワードに視察?になった旅行でした(笑)。
さて、今日からbici-okadamanも自転車販売頑張ります。