Wilier2018 newモデル~Cent1 Air 60T & アルテグラR8000完成車

Wilierは2018仕様が1本目の入荷です。
Cent1 Air 60T ですがアルテグラR8000+カンパニョーロゾンダホイールの特別仕様車で入荷しました。
通常バージョンはシマノRS330(新型のRS31後継・・・になるんですがグレードは謎。105相当なんでしょうか?)になって入荷します。展示会で発表になったと同時にご来店いただいてたのでこのような仕様ありますよと紹介・・・できたんだと思います。が、どうしても長くお待たせしてしまいました。


Wilierのと言うか代理店である服部産業のやり方として特に上位モデルになるにしたがって、基本的に「完成車なのにバラ組」という仕様になっています。
点検確認をしたい場所なのか一部の部品は組み込まれてくるのですがごくわずか。そのため、コンポーネント部品は基本的に「グレード統一」が守られているのは説明する時にありがたいですね。グレード違いはともかくOEMの部品が混じるブランドがほとんどですが、Wilier&服部産業が購入される方の実情をわかって完成車仕様になっているので無駄になる部品がでないです。そういう所でもお勧めです。
と、このバイクCent1AirはCent10がでるまでエアロフレーム系のトップモデルだったはずです。エアロフレームらしいフレーム形状は例えばダウンチューブの扁平形状やシートチューブ形状(リアブレーキの取り付け位置が下に下がっているところなど)などではっきりとわかるのですが、意外にもブレーキはこれまでのごくスタンダードなタイプを使用していますし、扱いやすさとメンテナンスのしやすさを含めとても良いです。


Wilierのカラーセンスやデザインはとても好きですね。
以前に登場したGranTurismoの初代あたりからデザインセンスは評判がとても高いブランドのように思います。

2018はもうすでにR8000アルテグラ仕様が中心になります。
6800仕様をごく少量残してセールになっているブランドもありますが、個人的にはFディレーラー、Rディレーラーの出来は…やっぱりR8000の方が良いですね。
Wilierはこれから続々と入荷してくるようですのでお早めに決めていただいた方がよさそうですよ。

今日の入荷物(つづき)

ENEMOTI(恵根餅)少量入荷しました。

クルミ餅にパラチノース配合というのがミソのようです。
意外と少量で高カロリーなのでエンデュランスで大量消費したい人には向いているのかもしれません。
餅=固形物とはいってもべとつきません(後述)。すんなりとのどを通っていきますし、ぱさついて水が欲しくなるということもありません。ジェルが苦手な人、固形物を取るのに苦労している人はお勧めできる一品かなと思います。

実は餅をオブラートにくるんで包装しているので「するする」と出てきます。食べ残しがぽろぽろとこぼれることもないし、べとつくこともないので良いのですが、一瞬だけオブラートが口に張り付く感はあるかもです。水を飲んでからの方が良いかもしれません。パラチノースなどがどんな味をするかわかりませんが、やわらかい餅に微妙なしょうゆ味を聞かせてあるのかなと。クルミは食感がちょっとだけ感じられるようになっていました。
2個3個と食べたくなるような味です。カロリー取り過ぎにはきをつけましょう(笑)。

reric(レリック)の秋冬総合カタログも到着しました。
久しぶりにカタログ形式でチェックすることができますよ。サイズチャートも分かりやすく書いています。

 

 

ROTOR製品入荷中~

ROTOR製品が入荷してきました。
こんかいはシマノ4ボルトクランク用のQ-rings50/34と52/36の組合せのセット品(30,000+tax)。
デュラエース用の隙間を埋めるパーツが付属していますが通常組合せ商品(付属無し)と同じ価格になります。

ROTOR Q-ringsは楕円チェーンリングとしては老舗で、昔にでていたシマノバイオペースギアを始めとする消えていった”楕円”製品からの風評にも負けずに来ました。
もうひとつは、まぁ普通に「効果あんの?」という声だったんですが。
現代ではQ-ringsの成功に目を付けた各社が改良型?楕円チェーンリングを出していますが他社クランクとの汎用性もさることながら自社のクランクを用意してきちんとブランド化できている点ではROTORが一番です。なんせ今後はフルコンポーネントブランドになります。

ROTORチェーンリングの特徴は「上死点・下死点」と呼ばれるクランクが上下方向を向いているもっともペダルを踏みにくい(踏力の生みにくい)点で仮想的にギア比を下げることが可能なことです。この部分では人体側ではペダリングの構造的に大きな踏力を発生させにくいため、「重い」と感じる人もいますし、瞬間的にはクランク速度が落ちる人もいます。逆にクランクが地面に平行にある付近では踏力には自体重が乗っていることもあって大きな力を発生することが可能なんですよね。その差約10%と言われる楕円リングですが、このことによってペダリングの1周の内で「重い」と感じずに一定の感覚で踏むことができればスムースなペダリングができますよねと言うのが楕円リングのポイントです。
なので、ペダリングが軽く感じるということはありうる話なんですが、「ギアが2-3枚重いのが踏める」と言われてしまうとうーんと思ってしまう。実ギア比は同じなので2-3枚重いギアが踏めたらとうぜん速度がその分アップしていなければなりません。気持ちよくペダリングができるために導入を考えるのはいかがですか?という提案です。

本日定休日(ということで雑感)

今日もあれやこれや雑務を処理してちょこっとだけ走ってきました。

予告通りと言えば予告通りですが。
明日からは新車の組付けが待っている予定です(入荷の予定があるので)。

無駄に重量物を積んで走ってきたという感じではありますが、テント・シュラフ・ガスストーブを積載してます。

テントポールはトップチューブバッグの方へ移動したらサドルバッグに少し余裕ができました。ということで少々の衣類はこちらへいれることができそうだなと予想しています。
かなりの重量があるのでシートポストは軽量版は使わないほうが良さそうですがサドルもしっかりしたものの方が良さそうです。サドルレールにストラップが巻き付いて重量をささえていますからね。
トップチューブバッグもまだ余裕があるので衣類はなんとかこちらで詰めておこうとおもってます。詰め込み過ぎると走行中に膝に当たって気になりそうですが普通に走っている分には問題になりませんでした。
(ちなみに、トップチューブバッグよりもさらに大きな「前三角バッグ」もあります。ボトルが付かなくなりますが容量を増やすには良い手かもしれません)
ハンドルバッグはシュラフとガスストーブ、それから貴重品かなと。ガスストーブ自体は小さいのですが燃料が意外と場所取りますね。まだ工夫しても良いかなと。
重量は測定していませんがテント+シュラフ+ガスストーブで4㎏はありますしバッグ類も含めたら5㎏以上は確実に増えています。逆にその重量をディバッグに背負ってバイクに乗るということは僕の腰が許さないのでこれらのバッグ類がないと旅自転車を考えることもなかったと思います。今は全てをバイク側に持ってもらっていますからね。

特に中身をだして使うこともなく、積載して走ってきたわけですがいつものトレーニングコースで走ってみたところ、それなりに巡航速度がでていることが分かりました。
上りでは影響が出ますが、無理をせずに一定のペースで登ることを心がけます。ダンシングもあまり効果的ではなく自転車を横へ振るのに力を使ってしまうので無駄に感じます。
下りと平地も加速はゆったり目にすると疲れずに巡行しはじめます。巡航速度が高いのは「スピードに乗ったら楽」ということもあります。慣性が強いのでスピードが落ちにくく感じます。←これはロードよりも強く感じるかもしれません。トップスピードが高いわけじゃないけど意外と速いという感想でした。

と、言うわけで元々ローディで、ほぼレース&トレーニングライドが中心の僕ではありますが、トライアスロンもシクロクロス系もバイクパッキング系も徐々に広げていきたいと思ってます。
どうしても極めなきゃダメみたいな雰囲気ありますが、僕のスタンスは楽しめればOKと思ってますので幅広く(浅いけど)相談いただけるかと。
今後もこのシリーズ続けます(笑)。

imeZi167ホイール

imeZi プロジェクト167 カーボンホイールの注文を頂きまして組んでもらいました。
(グリーンのシールににちょっと不具合が出やすいということなので取替対応することになりました。この画像は交換前でただいま準備中です)

実際に「組んでもらいました」というのがピッタリかと思います。Ver.2、55mmハイトでハブはDTで・・・という形、オールドスタイルな手組に近い感覚での注文形態ですからね。
imeZiさんでは同じものをリム販売もしてますからbici-okadamanの方でも組もうと思えば組めます。他の仕様にしたいよということであれば対応しますが、基本セットであればプロジェクトで組んでもらうということに利点もあります。imeZiさんのほうではいくつかのパターンに絞ってこのホイールを製作していますから、組合せによる「ノウハウ」はやっぱり一番持っているわけですよね。僕には僕のノウハウがありますが、それはホイール組全般のということであってこのホイールに特化したものではないということもありますからね。現状ではチェックして気になる部分があれば、テスト(試乗)してみてお渡しのライダーに微調整が必要だと思えば、手をだします。

imeZiのホイール特性に関しては最終的に乗ってみての部分もありますが、ひとつは価格帯に対してワイドリムを用意できていることがひとつの武器です。
以前のタイプも23.4mm幅で20~21mmがスタンダードとすれば広かったのですが、新型になって26mm幅を持っています。
ワイドリム特性については昨秋から実走で試したのですが、ステアリング特性がとても楽に感じます。
横風をいなす特性、ワイドタイヤとの相性からくる横グリップの高さ、ノーマルに比べるとカーボンリム単体の重量が少し増えますが慣性重量による転がり力の高さを含めてバランスの良いリムを選択しているなというように思います。ま、自社開発・生産ではないのでどうしてもimeZiなりのオリジナルな性能を得るのはちょっと難しいところもありますけどね。
すでにチューブレスレディ対応されているので、チューブレスタイヤを使うことも検討しましたが今回のオーナーさんのタイヤの扱いが簡単なようにしておいたほうが良いだろうと思いましてリムテープだけはチューブレスレディ対応してお渡しの方向で準備中です。実際にリムテープが必要なホイールでも今後はチューブレスレディ対応のテープでやったほうが軽量化できますしその点でもお勧めですね。

と、いうことでimeZiホイールの取扱いもしています。

バイクパッキングやってみませんかということで。

さて、NINERの方がまだまだ完成しないのでさきにGIANTの方へソロキャンプのつもりでバッグ類をすべて取付していみています。

テント:モンベル クロノスドーム1型(グランドシート込み)
シュラフ:モンベル バロウバッグ#5ロング
ストーブ:プリムス 2243バーナー
まで搭載してみました。
テント・シュラフは取扱いがあるものからの入荷なんですが、バーナーは妻が結婚以前から持っていた20年物?のようです。さきほどテストしてみたけど普通に使えますし、まだカタログ落ちもしてない(からアフターパーツも入手可能)のでそのまま使おうという感じですね。ウルトラライトの思想からするともっと軽いものでてますがそもそもテントをそのまま使わないようにするとかいろいろ軽量化の工夫はあるんですよね(笑)。まずはやってみようで良いと思います。ちなみに取扱い先から入手可能のようです。バーナーに関してはモンベル、イワタニプリムス関連なら当店でもOKです。

バッグはPORCELAIN ROCKET から
MCA(フロントバッグ)
universal Partial frame bag (トップチューブバッグ)
Mr.Fusion V2 (サドルバッグ)
容量がちょっと読めなかったのですが、もうちょっと工夫すればこの3つでほど容量は足りそうです。うーん、快適に寝るのであればスリーピングパッドを何とかしたい所ですが良いのは高いし安いものにすればどこに搭載しようということになるのでちょっと迷走中であります。

だいぶ揃ってきたので10月中にはなんとかチャレンジできるかなーとは思うのですが、あとは僕の気持ち次第の気もしますね。
なんとか今年中に1度はソロツーリングに行ってきたいと思います。

・・・というような感じで、こちらの世界はまだまだ素人?でもありますが、準備などはサポートできそうなところまでは来ました。
じゃぁ実際にやってみようは僕はガイドではないので「頑張って!」と背中をおすだけになりますが、それで十分でしょう?
バイクパッキングにせよ、ツーリングにせよ、ガイドやスクールに入って一から十まで教えてもらってということでなくても良いと思うのです。

本日は営業しています(2017/09/18)

当初の予定ではMTBツアーに出かける予定ではありましたが、諸般の事情とこの天候・・・(晴れてるけど)の予想がつかなかったためキャンセルさせていただいて、bici-okadamanは営業しております。
どうぞよろしくお願いいたします。


MTBに乗りに行こうということで、実は僕も現在はそれようにバイクを所有していないのですがなんとかなってしまいます。
MTBはロードバイクに比べて「ツアーガイド」「トレイルガイド」「コース」の運営が成り立っていて、そういった専門の業者さんではレンタルバイクが充実しているところも数多いんですね。MTBの場合、下り系、里山系、クロスカントリーレース系などで好まれるタイプが異なってきます。フルサスペンションタイプ、フロントのみサスペンションが付いているタイプが得意にするコースが違うのはもちろんなのですが、ダウンヒルのコースを走るのと自然に近いトレイルを下るのとでも必要とされるサスペンションの長さが変わってきますし、近年ではクロスカントリー系のレースもフルサスペンションを用いる場合がありますが下り系のバイクとは性格が違います。
なので、レンタルバイクでいちどコースやガイドについて走ってみることがお勧めなんです。
僕の場合は家族でMTBを楽しみたいと思っていますので子供用だけは準備して大人用は借りようという作戦でしばらくは行こうと思っています。ホントははよ買ってくれと代理店にも言われてますが(笑)。
やってみたいよという方はぜひ、bici-okadamanまでご相談いただき誘ってくださいませ・・・。

本日はbici-okadamanは「営業」させていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

下記ブランド2018取扱い開始の特別割引中~
SCOTT(~9/28)
KOGA/COMMENCAL/NEILPRYDE (~9/25)
MULLER
ARGON18/KUOTA/DEDDACIAI

2018 取扱開始
NINER
WILIER
ORBEA
CEEPO
FELT(トライアスロン含む)/GT / RITEWAY
etc.

高身長の方へちょっとだけ情報を

2018モデルを購入される際のプチ情報。

それは、「大サイズ」は今のうちにがチャンス(と、言うか逃すとピンチ)ということ。
日本向けのカタログを見ているとわかりますが、日本に入荷しているバイクのサイズはほぼ「Lサイズ(~180㎝)」まで。
僕(182㎝)はフレームサイズが若干小さめを選んでいることもありどこのメーカーでもLサイズがジャストサイズなのですが、Lサイズも意外と入荷数が少ないんですよね。年末にはモデルが終了しているケースもあります。
今年は180㎝オーバーの方に何人もご来店いただいてまして「僕の身長が無駄になってないな」と実感しているのですが(笑)、2017のセール品はまったくなかったりとか、「海外にしか流通していないから海外倉庫からもってくるのちょっと待ってて」とか、いろいろと大騒ぎでした。レースの何か月か前までに欲しいとかになると焦ってしまいます。

現時点は「受注期間」ということもありまして、メーカーの方で「XLは受注発注だよ」と書いてくれているブランドもあります。(日本以外の)海外向けには作っているので入荷便に追加する形で確保はできる可能性もあります。
そんなわけで180㎝オーバーの高身長の方は今がチャンスなわけです。
ちなみにそういう大きなサイズはもともと店主の僕が高身長であるため試乗車に乗って確かめることが可能という点でもどうぞごひいきに(笑)。

クロスバイクのブレーキシューの交換どきとは

クロスバイクの修理・点検時にはブレーキシューの交換をお勧めすることがあります。

厳密にはまだ交換しなくても大丈夫なのですが…。
と、言うのは交換推奨ラインというのが大概のブレーキシューには刻まれていて、このブレーキシューだと「たぶん」溝が無くなったらではなくて上の面に入っている線に掛かったら。
一体型のシューなのでそこまでは大丈夫といえば大丈夫かもしれません。
が、さすがにその前に交換しておいた方が無難です。簡単に見分けるとするとやっぱり「溝が消える前に」です。
溝が消えるとブレーキシューは雨天時の効きが極端に悪くなるはずです。ブレーキシューの面とリムの面の間に水が付いて濡れているのがブレーキが効かない理由なのですが、溝が無いと水捌けが悪くなってしまうからでしょう。氷の上を滑るようにブレーキが効かない状態が長く続いてしまいます。そんな状態ではやっぱり乗りたくないでしょう?

今回はその前に交換です。
これにはもうひとつ理由があります。ブレーキシューが減るということは「ブレーキの握りが深くなってしまう」ということです。レバーを深く握ってもなかなか効く感じがしなくなります。とくにクロスバイクで使われているVブレーキと言うタイプのブレーキはブレーキシューの減りが大きくなってくると均一にブレーキシューが減らなくなってしまい、リム面にシューが食いついて離れなくなってしまったりします。ブレーキがシューシューとこすれて掛かりっぱなしになるというような時はブレーキシューが減っていることが大いに関係しています。Vブレーキの場合、減ってくるとブレーキ本体が戻りにくくなることがあるようでリム目に擦ってることが多々あるんです。(ワイヤのグリスアップも大いに関係します)、。ブレーキ面のあたりを調整してしまえば多少は良くなりますが、ブレーキの引き量も調整しなおししなくてはならないため、色々な調整を覚悟して使わなければなりません。最後まで使い切るという精神で臨むなら良いのですが、調整もしなくてはならない簡単なことではないですね。全体を見た時の安全とコストバランスを考えると小さい部品に関しては「早め」の方が正解ではないかと思います。どちらにしてもクロスバイクのVブレーキはメンテナンスが頻繁に必要なタイプのブレーキではありますね。

さて、すでにクロスバイクと言うジャンルでも「ディスクブレーキ」が採用されたバイクが徐々に増えてきました。
ブレーキ鳴きの問題などを抱えていることはありますが、僕がお勧めするなら「ディスクブレーキを採用したクロスバイク」です。
ブレーキの効きの良さはもちろん、ブレーキシューの交換のしやすさ、調整の簡易さ(初期設定は面倒ですが一旦設定すればほぼ位置調整がいりません)を考えてみるとメンテナンスのしやすさはディスクブレーキの方が良いですね。と、いうことでクロスバイクを購入の際はブレーキにも目を向けてもらえるといいかなと思います。

本日は通常営業いたします(2017/09/17)

本日、本州は台風接近・上陸あるかもとのことですが、静岡焼津の天候をみているとそれほど接近はないだろうと思われます。
雨量をにらみながらにはなりますが、今のところは夕方まで大丈夫そうなようすですね。と、いうことで通常営業いたします。
また、明日(9/18月曜日)はこのような天気&諸事情によりMTBツアー参加をとりやめしましたので明日も通常通り営業いたします。MTB・・・なかなか機会がとれないです。

今日はところどころ雨が小康状態にはなる模様です。
台風特有の突風が吹いているような感じですので、雨中ライド突撃&間隙をついてのライドも風にはお気を付けくださいね。
風対策は「どちらから吹いてくる可能性があるかを常に予測すること」が重要です。
あらかじめ吹いてくる方向を予測できていると対応もできるのですが、「予測をしていない」という人ほど流されてしまいます。
時々、グループライド中に「風どちらからふいてる?」と聞くことがあるのですが、答えられないケースも実際にあります。平地で遮るものが無ければ予測は簡単ですが、山地、住宅に遮られているだけのケースなど風が反射して違う方向から吹いてくるということも頭にいれて周囲を見ます。自動車ではよほどの強い風の時でない限りそこまではしないのですが、自転車の場合は「見えないものをみる」能力こそが事故・落車を避けるための重要なスキルになりますよ。と、いうことで今日も営業しています。