本日のパンク修理・・・ベビーカーの修理でした。

今日の修理品と言ってもパンク修理だけど(笑)
Air Buggyという3輪タイプのベビーカーですが、車軸はちゃんとボールベアリング入ってるんですね。
頑丈な造りしてるわ…。

これほどしっかりしているタイヤを使用していて、3輪タイプでベビーカーという条件だとめったにパンクしないはずなのにパンクしているということなのでちょっと時間がかかるかも…と思ったのですが内部のチューブは穴1か所だけだったので助かりました。(ちょっとぐちゃぐちゃになっていることも悪い予想としてはありますから)。
もし、チューブがダメだったら8インチのチューブを探すのって至難の業ですからね(苦笑)。扱ってる代理店を知っているのでまぁ大丈夫ですけど。今回は普通にパンク修理。
ただ、リム側の方に穴があいていたのでちょっと対策をしておきました。

さて、パンク対策はなにが有効かと言うと…。
・「空気をきちんといれること」
これはロードバイクでも一般のシティサイクルでも、このようなバギータイプの空気を入れるタイヤは全て同じことが言えます。
毎回とは言わなくても定期的に空気圧を確認することが一番パンクを避けることができます。
・「タイヤ(トレッド)が減った状態になったら交換すること」
これもすべてのタイヤに言えることです。特にシティサイクルでは「パンクしちゃったんだけど理由がわかんない」と言われて確認したらタイヤの真ん中が擦り減って下地が見えているなんてケースもざらです。
・「車道をまっすぐ走ること」
歩道を走るということはすなわち「段差を降りたり登ったりしている」ということですよね。シティサイクルでも多いパンクですが、ロードでも路面の轍による段差でパンクしているケースがありますからね。

僕の感覚ではロードに乗り初めて1年目より2年目~5年目くらいの方がパンクの回数が多いのです。走行速度が上がっているのに道路の左端に寄りすぎる人が要注意です。道路左端は自動車などが弾いた小石やガラス片が多い場所でもあります。特に自動車の左側タイヤから離れれば離れるほどに異物が増えてしまう。パンクをしてしまうと一瞬で危険な状態になってしまうこともあるので「パンクを指せない走り方」は結構大事なんですね。道路のどこに注意すればいいか?パンクのたびに注意が増すのですが、かならず理由があるのでその後の走行に活かせると良いですよね。

最近の入荷物(小物が多いので)

展示会廻りをしていてちょっと気になったものなので入荷させてみました。

こういう壁の所までやる必要があるかどうかはわかりませんが・・・(笑)。
ハンドルバーだったりトップチューブだったりを咥えて相手の壁にやさしく当ててやるためのクッション材です。
効果的なのは支柱などに立て掛ける時なのかなーと思います。ツーリングの時に1つ持っていくと重宝する人は多いでしょうね。
やはりロードバイクはスタンドを使用しないので「立て掛けて置いておく」ということに躊躇のある人も多いです。
使わない時はバイクのフレームかシートポストなどに咥えさせたままにしておけばいいのだそうです。

ハンドルバーの先端(ドロップ先端)に装着するエンドキャップですが、これは昔からあると言えばあるんですよ。バーテープ付属のエンドキャップで済ませて良いにするひとも多く、重要性もあまり認識されないのでバーテープが売れる程にはうれませんが。ただ、ひとたびエンドキャップが外れるようになってしまうと付属のモノは何度やっても外れてしまうことがあります。そして外れたままにしておくのはバーテープが緩む可能性もありますし、膝をぶつけて流血することも可能性はありますしということで止めましょう。
SUPACAZがエンドキャップをネジ式タイプのものを付属するようになってからまたこういうものが売れるようになってきました。やるからにはちょっとセンスのあるものを取り付けておきたいですよね。


SILCAはいつのまにかイタリア企業からアメリカ企業に衣替えをしたんだそうですが、少しずつ商品が変わり始めています。
もはや価格勝負では太刀打ちできないと踏んだのか、プレミアム性を持たせた商品が多くなりました。(これにもPREMIOとあるのでそっちの方向でしょう)
サドルバッグでロールアップタイプのものですが、BOAクロージャーを利用して「ずれにくい」サドルバッグを目指したようです。
アダプター式はレースなどの時に、アダプターまで外すのが面倒になってそのまま使用されるケースがありますが、この方式ならアダプターは無しで装着可能ですし、BOAで固定力も高いということが売りになります。


WTBのロケットシリーズ、幅が130mm台と細身なのですがパッド厚さがあり、他のブランドではあまり見られないクッション性の豊かなサドルです。
価格も4000円台とクロスバイクや完成車ロードに装着されるものとほとんど変わらないだろう価格帯のサドルでありながら、ロングユースに向いていますし、これからのグラベルロード向けなサドルでもあると思いますよ。

そういえば、ツーリング&シクロクロスユースのために32C系のタイヤを置き始めました。チューブラーまではおいていませんが、チューブレス&クリンチャーメインです。
グラベルロード系と言えども普段はオンロードユースと言う人が多いと思うのでジャストフィットするモデルを探し中です。

やっと晴れました・・・。

ようやく晴れました。トレーニング日和ですが平日ですし、オーバーホール日和ですがオーバーホール案件がありません(笑)。
今はOrbea Orca の組立とNiner Rlt9 steelの組立作業を並行して進めています。
Orbea Orcaは都合で木曜日に最終部品が届く予定にしていますので、今日は途中まで。
いったん作業スペースを片付けしてからNiner Rlt9の方の作業に移って火曜日中にめどを付けられたらいいなと言う所です。
Ninerの方も南アルプスロングライドまでにはロングライドをこなしても大丈夫なくらいにはセッティングださないとまずいのでちょっとだけペースアップしてますが…。

先日、「ブルー」でお見せしていたSOMA buena vistaですが、なんとピンクに再塗装する大技であっというまにカスタマイズされました。
もちろん、いったんばらして再塗装だったのですが、「そんな手があるのか!」と中1日で塗り替えが終了してしまいました。
サイクル系の専門業者さんじゃないのがポイントだったようなのです。よほど仕上がりにこだわりがなければそういう方法も取れるんですね。(一般的には十分にきれいな仕上がりは確保していますよ)


今はこのバイクもしまなみ海道を走っているはず・・・。
月木曜ツーリング組は有志でしまなみ海道サイクリングに行っています。

 

 

本日大雨&台風接近につきまして19時をもって終了とさせていただきます。

2週連続の台風にて、今日も大雨の中に来店いただきましてありがとうございました。
ただ、台風接近中と大雨警報が継続中のため19時をもって本日の営業を終了とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


変速・ブレーキワイヤがフレーム外に露出している部分に使われている「アウターケーブル」と呼ばれる部品です。
実はこれシフトケーブルのサンプルなのですが、シマノケーブルや他のメーカーでもほとんど見かけない「コイル状」のアウターケーブルなんです。
シフト側はフィーリングを良くするためにケーブルに縦に線状のもので筒を作ってあるものがほとんどですが、写真のメーカーはコイル状にすることで「より曲率がつよい場所でも使えるようにする」という手法を取っています。最近までテストサンプルで実走テストをしてもらっていた方から高評価をもらいまして、今後はシマノケーブル以外にもこちらもプッシュして行こうかなと思っているところ。
特に小さいフレームに乗られている方や、ハンドル形状によってはこのケーブルはシフトフィール・ブレーキフィールを改善することに繋がります。
このメーカーのもう一つのメリットはケーブルを覆う被膜のカラー展開ですね。クリア+カラーで内部のコイルが見えるって意外と良い味出ていると思います。
興味のあるかたは詳細はまたご来店くださいませ。

今日も雨・・・

週末になると雨・・・ということで3週連続で週末が雨となってしまいました。
すでに四日市で行われる全国ジュニア選手権は台風影響もあって中止の憂き目となってしまいました。gruppo Jr.からも3名出場予定だったのに残念です…。
全国ジュニアは次年度の全日本の出場権も絡んでいますから、gruppo Jr.のメンバーには大きな大会なのです。その後の参戦プランや取り組みにも影響してしまいますし、決まってしまったことには仕方がないのですが残念だねと。
smrのほうも3週連続でお休みはちょっと長いですよね…。次週5日、12日に期待しましょう(19日は南アルプスロングライドに参加です。僕も参加しますので一緒に走ろうという方はエントリーお忘れなく!)

雨天はお客様の出足にも影響しているのですが、幸いにしてぼちぼちとお訪ねいただくかたもいるのです。
「ゆっくりとご相談、ご商談、暇つぶし」なんでもできますのでどうぞお立ち寄りくださいませ。
年末にかけてご購入を検討していただくお話をぼちぼちといただいておりますが、入荷時期を調整することは多少は可能ですのでお早めでもかまいませんよと。


先日Imezi167ホイールを購入いただいたお客様にバイクの写真を撮らせてもらいました。
今年までは通常のロードバイク仕様でトライアスロンに取り組んできましたが、今後を見据えてTTバー仕様&TTポジション化を進めました。
Imeziのホイールのポイントはワイドリム化している点ですね。ワイドリムによって横風対策が多少なりとも取れるのは利点です。前輪によりハイトの高いホイールを装着することが可能ですから。
手ごろな価格帯ゆえにトライアスリートには総額を抑える手段としてさらに人気が出そうです。

 

AirFlyのこと

ジゴスペック・AirFlyの取扱いと展示始めました。
試着できますよ。

福井県鯖江市発のサングラスブランド。
普通のサングラスに見えますが、「ノーズパッドのない」サングラスです。鼻骨で支える必要のない画期的なアイディアなんですよね。

ノーズパッドに当たる部分は色分けされているけど鼻に当たることがないのがポイント。
変わりに頬骨に乗るようにして支えるサイドパッドが両サイドにあります。サイドパッドは調整可能。


僕は深く装着するのが好きなので鼻骨に当たっているように見えますが当たってません。サイドパッドでサングラスを支えています。
もうひとつ、テンプルの方も調整可能なので前後のズレが気になる人は耳に多少巻き付けるようにすると良いかもね。
鼻骨をパッドで支えるのは「ただ乗っけているだけ」なのでずれやすい、そのためテンプルで耳に巻き付けるタイプや長いテンプル(これはサイクル用だとヘルメットと干渉しやすい)でカバーするのですが、頬骨で支えるのは顔全体を挟み込むようにしていることもあって安定感が良さそうです。

サイクル用とランニング用のサングラスを兼用で使うとやっぱり微妙に位置の調整が必要に感じます。
ロードライドの時は前かがみになって、前方を見るためにレンズを目より少し上方までカバーしていないと光や雨滴が入り込みやすくなります。そのために上下方向にレンズが大きいタイプが好まれる。
ランニングではむしろ上目使いになることはあまりなくて足元のチェックもしたいのでサイクル用をそのままにして使うと足元はサングラスを通して見るのが難しい。もうひとつは、着地の振動があるのでサングラスがずれやすい。サイクル用でレンズを大きいものにしてしまうと重量が増えてレンズが揺れやすくなるというデメリットもでます。
特にサイクリングではサングラスの重要度は他のスポーツよりも高いですが、ランニングでもきちんとサングラスをした方が良いですよね。

 

 

 

 

「ノーズパッドのない」サングラス。

Ridea チェーンリングも扱ってます。

ながらくROTORの楕円チェーンリングをメインで取扱いをしていましたが・・・諸事情により?RIDEAチェーンリングも取扱い開始しています。
主な理由はROTORの入荷が安定しないのが原因なんですけどね(苦笑)。
同じ楕円チェーンリングですが、RIDEAにはRIDEA独自の思想をもって楕円形状を作っているそうです。
と、いうことで普段から楕円チェーンリング派の僕も1つテストをしてみる予定です。
11月には完成予定のNINERロードですが、デビューイベントは南アルプスロングライドを予定しています。その後は東海シクロクロス(新城)。

RIDEAの楕円チェーンリングの特徴は二重楕円?の形状にあります。
ROTORに比較すると出っ張るところはより広く出っ張り、引っ込んでるところはより広く引っ込んでるという印象なのでより「楕円率」が高くなったようにと見えますね。
仮想ギア歯数の大小差はそれほど変わらないようでも急激に大→小、小→大が変化するという形になっているので潰れ具合がより明確にわかりやすくなっています。
ROTORとの比較で乗ってみるのも面白いかもしれないなとおもってます。