シマノ アルテグラ R8050 Di2

まもなくFELT IAが入荷してくるだろう?(まだ入荷してません)ということでアルテグラDi2セットの準備を始めました。
完成車仕様でお買い求めいただいたのですがDi2化することになりましたので。メーカー完成車仕様はコンポーネントのグレードによってフレームの色が違っていたりするので、どうしても好みのカラーを優先したい場合があるんですよね…。昔のフレームセット販売ってそういう意味じゃ良かったなぁと思うのですが。

bici-okadamanではDi2(電子シフター)仕様にするのは圧倒的にTTバイク仕様(トライアスロンバイク)が多いです。
ロード仕様では一時期ほどの勢いがなくなってきましたね(苦笑)。面白い仕様でもありますが、今後のトレンドを見るとどうなのかな?という気はします。
ROTORの油圧シフターも面白い取り組みだと思いますし、SRAMがフロントシングルをロードでも取り入れてきています(etapとは相性良さそう)。
TTバイクに取り入れる最大のメリットは「シフターボタンの増設」にあります。
TTバイクは、直線走行時におけるTTバー側とコーナーリングや上り坂・下り坂の走行時におけるブルホーンバー側の2か所にシフターがあることが、タイム上でも安全上でもメリットになります。
ワイヤー式ではTTバイクはTTバー側にしかシフターがないのでコーナー前後での変速は片ハンドル状態になることが多いですし、下り坂ではペダルを回し続けた方が自転車を安定させることができるのですがギア比があっていなければ逆効果ですよね。と、言うことでTTバイクには「安全上としても」Di2をお勧めしているわけでして。

さて、R8050のメカニカル的なポイントはリアのシャドー化(つまりワイヤ式のR8000と同じ構造)が大きいと思います。
よりワイドなギア比を実現し、落車などでのトラブルを回避し、変速の精確さを実現していますよ。
また、より変速ボタンが使いやすく、TTバイクではスマートシフト(フロント・リア変速の一体運用が可能)をメインにすることによりストレス低減を図っていきます。
と、言うことでこれまでTTバイクでワイヤ式をお使いだった方にもアルテグラのDI2化はぜひにお勧めしたいと思います。

SOMA スーパーヴィテス?サップルヴィテス?

そうそう、オンロードツーリング仕様で使っていたSOMA スーパーヴィテスSL(サップルヴィテスとも結局名前が難しすぎです(苦笑))というタイヤ。
CX仕様に切り替えたので今は外してあります。激軽なタイヤの様子がいまならわかります。
28Cも面白そうですが個人的には30Cが欲しいなぁ・・そういう面白いタイヤです。

このタイヤ、実はパナレーサー製なんです。カタログにまでしっかりと書かれていますがパナレーサーブランドとしては出していないんですよね。
その割にはずいぶん冒険的なタイヤです。
僕は33cで使っていたのですが実測で243gでした。
ラインナップには23、28、33、38、42Cが揃っています。
23Cのタイヤはカタログ値で190gということなので、トップブランドの決戦用タイヤをしのぐ軽さを誇ります。
ロードバイクでフレームに嵌るのなら28Cがお勧めだと思うのですが、その重量はちょっと不明。ですが、少なくとも243g以下。210~220gじゃないかな?
となるとほぼ25Cと同等の軽さになってしまいます。
ここまで軽いのは怖い方はEXという強化版もお勧めです。

軽くて太いタイヤこそ今後のロードバイクの正義だと思います(笑)。

ロードレースにこだわらない方はぜひ!”

ガラスの鎧

最近ちょこちょことですが「ガラスの鎧」やってますか?とご依頼があります。
自転車専用のガラスコーティングの施工ということなんですが、やっています。ご依頼を受けたらという感じですけど。最近のお仕事だと「クランクにも施工して!」ということでしたので、実施しました。
施工当初は艶がアップし、埃や汚れの付着がしにくくなるということもあって一時期はかなり施工が多かったこともあるのです。
ただ、最近はクリーナー兼コーティング剤の開発も進んできて「そこまでやらなくてもきれいに拭けるし、多少はコーティングできるしね」と説明させていただくことの方が多かったのでした。
ガラスコーティングをしても、やはり洗ったり、拭いたりは必要になりますし、ただ洗うだけではコーティングの特性上段々と効果が薄くなっていくこともあるので簡易コーティングでもいいのかなと思っていたのです。
まぁ、ガラスコートしてもちゃんときれいにしてねということにはどうしてもなりますよね。ここがポイントではあるのかなーとは思いますが。
つまりガラスコーティングをしてなおかつクリーナー兼簡易コーティング剤を活用するというのがやはりフレームを綺麗に保つコツ、ではあります。
と、いうことでガラスの鎧のホームページを見ていただいて名前が出ているのでやっていると思ってとご依頼をいただくのは何よりかなと思います。
bici-okadamanでの施工の様子など説明させていただいたうえで、対応をさせてもらっております。
施工の都合によりオーバーホール作業または新車(購入)の時のみ対応させていただいております。

使ってわかるタイヤ圧ゲージのありがたさ

今週末は東海シクロクロス新城ステージに行ってきます。と、いうことでNINERの方もIRCシラクTLに交換しました。


ロードバイクでクリンチャーばかり使っていると「低圧=リム打ちパンク」が怖いのでなかなか低圧に設定する勇気がわかないのですが・・・今朝の設定圧で2.0barです。オフロードと言わなくてもつぎはぎだらけの土手道だったりフラットなダートを走るだけで低圧に設定する意味合いが分かりますね。高圧のままでは「跳ねてしまって進まない」ということです。2barくらいでしかもブロックパターンのタイヤだとオンロードよりダート路面の方が速いと感じるくらいによく進みます(笑)。(まだリアライトなどは残してますが本番前に外す感じですね)

と、いうことで走りながら空気圧の調整をして確認をしています。
そういう時にはこれが必携。

Panaracer タイヤゲージ(低圧用)。
ロード用途では最低でも7barは測れないと意味がなく、僕の場合は近年は「ロードとしては低圧設定」で走っているので厳密でなくてもいいかな?という気がしないでもないのですがシクロクロスのような低圧設定では0.1barでも大きな差が生まれることを理解しつつあります。数値上でも7barで0.1barを調整したところで1.5%の差にしかなりませんが2barで0.1bar調整すると5%も変化してしまいますし、体感でも「跳ねるのが収まったな」などとはっきりわかるので使えるスキルに幅が広がるというか・・・。「跳ねるような空気圧設定は進まない」「底付きして噛みパンクしてもこまる」と条件が絡み合うので細かく調整したくなるのです。ロードでも実際にはした方がいいのですが(その場合は高圧用を使いましょう)シクロクロスなどは絶対に必要。差は歴然ですね。
空気圧を下げていく分にはこれ1つ持っていくだけでOKですが、練習の時には携帯用のポンプくらいは持って行った方が良いかもしれません。(と、言うことでninerには携帯ポンプを直前までのこしてます。)

困ったことに飛び乗りがうまくいきません。
どうしても怖くてスキップのようなステップを踏んでしまってます。どこかのページで「男性には打ち付ける恐怖感が・・・」とあったのですが、男女差関係あんのかな?とは思うのですけどねぇ。youtube等で見ていると一般的にも女性陣がたしかに飛び乗りは上手な気がします。

本日のsmr (11/26報告)

今日のsmr は12名の参加、内女性が3名(と言っても妻は途中離脱でした。あまりに久々過ぎでした。ごめんね^^;)、ジュニアが2名の組合せでした。
いつも通りトレ班(4名)に先行してもらい、中途で1名ツーリング班に戻ったのですが、ツーリング班も2組に分離という形で前半は進行しました。
大王坂で中学生がペースを落としたので、半分だけ登って終了。(やる気を消化させることと、無理をさせないことのバランスを取る必要があります。)

休憩場所では8の字の練習などの基本操作をレクチャーしてやってもらうことにしました。
ジュニアと言えどもロードレースに出たいのならばこういうコーナーリングの練習は必須になります。
集団内でみんなと同じレベルでコーナーを曲がれないとなると、遅れや千切れる原因にもなりますし、落車の発生原因にもなってしまうので、周りの選手が嫌がることがあります。
上手い選手は周りに合わせることもできますし、集団から抜け出す武器にもなりますよね。(力を使うことが必要ないのでエネルギーをセーブすることにもつながります)
なにも危険な峠を下って気合で覚えようということではなく、広場などを使って8の時の練習を中心に色々なパターンを組み合わせる工夫をするのがまず大事だと思うのです。
と、言うことでこれからも僕が走って気になるようなら毎月1回くらいは練習に付き合ってもらうことにします(笑)。

帰路は計4グループに分けて走力の合うようにして走りました。グループが大きくなると分裂しやすくなりますが小さいとちょっと楽しくなくなる?という人は4-5人毎のグループにするのがお勧めです。

さて、来週は僕がシクロクロスのレースに参加するためにsmrはお休みいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

ROTOR Q-ringsも入荷中です

と、いうことでちょっと変わったもの。

ROTOR Q-RINGS QX1 42T。
楕円チェーンリングはROTORの登場以後に「復活」しました。今ではROTOR以外の会社でも楕円チェーンリングに取り組んでいるメーカーがいくつも出てきています。
ROTOR以前にあった楕円チェーンリングは、「位相が異なる」ものでした。その頃のモノとは違うとようやく認知されつつありますけどね。
さて、このQX1はフロントシングル用の歯です。これまで当たり前のようにあったフロント変速機をなくしてしまおうというギアです。

最大のメリットである「フロント変速がいらない」。
それがどのくらいストレスフリーになるか興味のあるかたはどうぞ(笑)。
とりあえずのテストでチェーンリングを投入してみるのもありかもしれませんね。フロントシングル用は「ナローワイド」という形で脱線がしにくいようになっています。
安上がりにやろうと思うとフロント変速を残してしまうとガイドの役割をしてしまう可能性もあるので外してみるのも手かもしれませんが、若干チェーンはずれの心配もあるのかもしれません。実はSramのフロントシングル用のリアディレーラーもちゃんと専用品になっています。

今週末の予定について(11/25、26)

今週末の予定についてお知らせです。
通常通りの営業になります。
土曜:11:00~20:00
日曜:smr 8:00集合~11:00帰着、11:00~20:00営業

smrの方は通常通りの予定です。メンバーと天候次第で行くコースが多少変わるかもしれません。あまり冬真っ只中にはいってしまうとなかなか他のコースを選択することが厳しくなってしまう事情もありますので他のコースを走りたいならなるべく年末に近くならないようにしたいんですよね。ただ、初メンバーが入っていたり、他コースを知らないメンバーが多い時は「迷子」になったケースがあるのでなるべく避けるようにしています。慣れてきたなと思ったら他のコースも紹介したいとは思うのですけどね。

営業の方は・・・NINER始めディスクロード各種取り揃えて試乗できますのでどうぞ興味のあるかたは。
どうぞよろしくお願いいたします。

プライベートレッスンライド実施しました。

今日は急遽予約がはいりましてプライベートレッスンライド実施しました。
「久しぶりなので上りの走り方や走力できになるところを見て欲しい」ということで経過観察的なライドになりました。
今朝は当地では強風が吹いていまして、その風の対処大丈夫かな?と思ったのですが難なく走られていまして久しぶりと言う状況でも進化しているように思えてそれは良かったです。
ヒルクライムの方も気になる点をいくつか挙げさせていただきましたが、こちらの助言がすんなり反映されて「良い感じ!」と伝えてくれていましたし、以前よりスムースな走りができるようになっていましたね。
実際のヒルクライムについては技術半分・パワー半分というようなところもあり、まだまだ突っ込みどころがあると言えばありますが「身体の動きを言語化する」のがなかなか難しい面もあり、最後は視覚化(見て理解してね)となりがちではあります。初回でどうにかなるような話ではないので繰り返し繰り返しでお互いの意思疎通が大切になってくるのかなと思います。
それとは別に「バイクコントロールの練習会」のようなライドもOKです。コーナーリングが苦手、スタンディングができない、ペダルの脱着などなど初歩的なところから取り組むことでより楽しくバイクライフを送ることができますのでどうぞご活用くださいませ。(少人数であれば複数でも対応させていただきます。)

本日は営業しております。

昨日は雨天になる前のちょっとした時間だけ走ってきました。その後はトレーナーさんのところでいわゆる「陸トレ」+「ケア」を・・・そろそろヤバいと思いまして。腹筋なんて縦方向は大丈夫だったんですが、ひねりの入る種目は壊滅でした。どうしても自転車特有の動き、僕の場合は特にシッティングの動きに特化してしまうんでしょうね。

今週のsmrは通常通りの実施になるのでバイクはこのままの状態で走ることになります。
先週走って思いましたが、smrでもトレ班について行くことならできるかも・・・昔の体力なら(笑)。乗ってて実際に「速いな」と思います。
来週の日曜日はシクロクロス参戦なので不必要な部品を入れ替えてタイヤ交換ということになります。
ポジションは現場でちょっと調整するかも?という感じですが。

Niner rlt9 steel は鉄フレーム+カーボンフォークと言う組み合わせですが、これまでのクラシックなスチールフレームを想像するとびっくりするぐらい・・軽いということは無く、むしろ剛性がしっかりしている印象の方が分かりやすいです。もともとグラベルバイクと言うこともありますし、「モダンスチール」バイクはカーボンフレームに負けないだけの剛性を確保して走りに特化しているフレームの方が多いですから。特にヘッドチューブはスチールでは極めて珍しい上下異径(下1.5)のカーボンフォークの剛性優先なバイクですので走行中の不安感は感じませんでした。下りでこれだけの荷物を積んでいて、ディスクブレーキの制動力を発揮しても怖いとおもうことなく走れるのは新世代の設計によるものと思います。重量が気になるということは上りが長く続くなどの状況によっては多少あるものの、進むバイクと言う印象は変わらないのであとはパワーだけですね(笑)。ガンガンいこうぜとそういうフレームだと思いました。後はシクロクロスの担ぐときに重さを感じなければ言うことなしかと。

Ninerにはrlt9シリーズに、スチール・アルミ・カーボンの3種をかなり近いジオメトリで用意しています。
アドベンチャー・グラベル系とは言え、ロードポジションと大きく変わらない(比較的レース系のポジションが確保できます)セッティングが可能でありながら
いずれのモデルでもキャリア&泥除け用のダボ穴を用意し、自由に荷物を載せることが可能ですし、タイヤサイズも自由になるディスクロードの恩恵もあり、走りに行く状況に合わせて色々とセッティングが楽しめるのがこのバイクの良い所、ある意味では「フレーム売りなのも妥当」なのかなと思いますね。ライダーが考える個性に合わせたセッティングが可能です。

と、Niner 猛プッシュでございます。

コントロール性をとるセッティング

以前、前乗りとクリートポジションの話を書いたことがありますが、今現在の僕のポジションは以前の後ろ乗りに近いポジションまで戻してあります。
とくに、NINERの方はセットバックのあるシートポストをつかってサドルを後ろへ引いていることもあり、クリートの位置もほぼ教科書通り?な指関節が始まる位置まで前にしています(好みの問題があって少し後ろ気味ではありますが)。SCOTTのロードも徐々にそのポジションまで戻している感じですね。

これにはやはり理由があって、「バイクコントロール重視」のセッティングに戻しているからです。
特に斜度の強い下りに入った時の安定性は「後ろ乗り」に合わせておかないと、ハンドルポジションの関係で身体が前に行き過ぎてしまい重心位置の関係で怖いということがあります。怖いと思うだけでもう心理的にコントロール性を失っている部分があるのでうまくいきません。と、いうことでステムも若干短めに。シクロクロス&ツーリングのバイクはその傾向にして調整しています。まぁ、一定出力&空力重視の考えをする必要がないですから。むしろ瞬発力とコントロール性の高いポジションを考えるとハンドル操作が難しい前のめりの状況をつくらない後ろ乗りのほうが乗りやすいということですね。

出力重視・空力重視だと前乗り・前転ポジションの方が僕もよさそうだなとは思うのですが、操作性で言うと僕の場合は「できるけど楽しくない」と言う感じでした。トレーニングやレースだったらOKなのですが、ツーリングだったりサポートライドではゆっくり走るときにも対応しなくてはならないですし、シクロクロスやグラベルライドに近い走り方をするときは「操作性優位」にしないとコーナー進入・立ち上がりでの差が出やすくなってしまいます。また安定性もやってみると違いますね。と、いうことでシクロクロス・グラベル・ツーリング重視というセッティングで考えると操作性重視だし、瞬間的な踏込みに対応できる前クリートの方が対応しやすいなと。どちらでも走ることはできるのですが「今はこちら」と言う感じです。

先日のロングライド中にTTポジションからTTバーを外したポジションで走っていた仲間のライダーが下りで苦しんでしまいまして、ライド中にできうる限りバイクコントロールがしやすいポジションへ戻しました。
ご本人曰く、走行中にはちょっと出力が上げずらいという感覚もあったようなのでしばらくは前のポジションとの違和感を調整する必要もありそうです。来夏はトライアスロンは専用バイクに乗換えなのでロードバイクの方はよりロングライドよりに調整してしまおうということで「乗りやすさ優先に」考えています。トライアスロンバイクとロードバイクのポジションの性格が変わってしまいますが、とにかく操作スキルをもっと上げる必要性もあるよねと。上げればトライアスロンにも還元できるはずです。この辺はsmrなどで定期的に参加していただいて色々と意見交換させてもらっているメンバーの強みです(笑)。まぁ意見が合わない時は・・ごめんなさいですが。

僕も前乗りのポジションにしてみたり後ろ乗りの以前ではオーソドックスなポジションにしてみたりと色々と試してみていますが、そのたびに色々なペダリングスキル・操作スキルを構築して幅が広がってきているように思います。
なにごともやってみるのが一番、というのがこれに関しては結論ですね。まぁそれなりにセオリーはありますのでポジションが気になればいつでもご相談くださいませ。