BOMA CIEL (2018new!)

今日はBOMAさんが営業で立ち寄っていただいて2018新型モデルのCIELを紹介してもらいました。
サイクルモードでも大人気の1台だったということです。

BOMA CIEL (シエル)¥280,000(税抜き・フレームセット)

ポイントは軽量さにあります。
フレーム本体で745g(未塗装プロト・S-480)、フォーク375g・・・塗装含めてでもかなり軽量な部類です。
タイヤハウスは25Cタイヤも対応するように広げられ、ワイヤルーティングによる重量増自体も抑えられ(以前のBOMAにはルート用のパイプがあってそれが重量増になっていた部分も・・)、敢えてエアロ形状にはこだわらずでオーソドックスな形状でもありオールラウンドに走りそうな予感です。Mサイズに乗らせてもらった感触では23Cタイヤにも関わらずリアが跳ねないので踏みやすいバイクだなと言う印象でした。縦方向の衝撃吸収も効いているということでしょう。レース用のバイクとしてオールマイティにお勧めします。

もうひとつ新製品としてホイールがクリンチャー&チューブラーそれぞれ55mmハイト+ワイドリムが投入されます。
TH-W8(¥147,000税抜・チューブラー) / W8W(¥153,000税抜きクリンチャー)
ワイドリム仕様のホイールとしては重量も前後とも+100g前後に抑えられ、特に25Cタイヤを使用したい人にはおススメの軽量ホイールです。
25C以上のタイヤを装着する場合、狭いリムではタイヤとリムとの間に幅の違いによる段差ができてしまい、特に高速域での空気の流れの剥離でエアロ性能の低下を起こす傾向がでます。25Cに対して25㎜前後のリム幅を持たせることでタイヤとリムの一体感が生まれ、空力の改善とさらにワイドタイヤ化によるグリップの向上、タイヤ剛性の向上による走りの安定感を図れる優れたホイールになりますよ。

と、いうことで詳細も少しは手に入れていますので興味のあるかたはぜひ~。