ワイドタイヤのススメ。

さて、昨日のNINERもそうなのですが、近年僕はロードが25C、シクロクロスバイクの方が32Cを標準にして乗っています。
新しく加わったNINERもオンロードは33Cにしてみました。

と、言う状況の中で「太いタイヤを使ってみよう」ということです。
2018の欧米メーカーのロードバイクの宣伝文句は「28CタイヤもOK!」となりました。また、ディスクロードに関しては30C、32CあたりまでがOKになっていることが多いようです。
グラベルロード系は40Cとさらに太いタイヤ(でかつブロックタイヤ)がOKになっています。
この辺で特にロード系のユーザーの「細い線」好みと乖離してきているのは肌で感じることなのですが、代理店の方も「なんだかなぁ」と思っている人が多いことを感じます。ユーザーの方はともかく、代理店の方は「使ってみたの?」と言いたくなるんですけどね(苦笑)。そんなのロードじゃねぇとイメージだけで決めつけてないの?という気がします。
以前にもでていたのですが、「太いタイヤ」のメリットは「転がり抵抗の低減」「グリップ力の増大」「エアボリュームの増大とパンクリスクの低減」「空気圧を下げて衝撃吸収力のアップ」が説明できます。
「転がり抵抗の低減」は勘違いされやすいのですが、路面の細かな凹凸の乗り越え力、凹凸の衝撃吸収エネルギーの消化が太いタイヤの方が有利だからという理由です。タイヤ重量が増えてしまう関係で主に加速性能を食ってしまうので巡行でもその影響がでないとはいえないのですが、「タイヤの重量が減ってしまえば」その差は小さくなるだけ転がりやすさが有利になりますよね。そんなわけでSOMA Suprle vitesse の「33Cでも240g」と言う重量は衝撃です。ちょっと重い25Cのタイヤ程度しかありません。
グリップの増大は転がり抵抗の低減とは別の話になることが多いです。接地面積では横面積が増えて確保できますし、空気圧を下げている分「ブレーキをすればタイヤが潰れて」縦方向の接地面積も増えます接地面積にグリップは関係することが多いのでこちらも太いタイヤが有利なわけでして。などなど考えていくと「同じ重量なら太いタイヤの方が有利」だと僕は思うのですよね。

今後の話で行くとキャリパーロード用のホイールは「リムブレーキ構造」のためリム剛性が必要でしかも厚みが要るので最外周部の重量が軽減できません。ディスクロードはブレーキをつかさどる必要がないのでリム重量の低減が可能と言えば可能です。その分タイヤサイズを上げることができます。ワイドタイヤの方が「より速くなる」と考えられるのであれば僕はワイドタイヤを勧めます。その流れは今後も続いて行くと僕は見ています。(安全上もそうなるのではないかと思うのです)

南アルプスロングライド×NINER RLT9

昨日は南アルプスロングライド参加してきました。
11月中旬とは思えない寒さで終始冬ウェアが手放せず、ウィンドベストが大活躍でこのままの恰好で走りました。
みさき耕舎の最終エイドでは日陰の場所が増えてきてかなり冷たい風が吹き、風花が舞っている状況。
風邪をひかないように上半身のアンダーを総入れ替えしてQ36.5のベースレイヤーノースリーブの上にパールイズミのヒートテックアンダーを重ね着して対処。
汗の抜けが早いアンダーを先に着てしまえば体表面は濡れる状況から脱せるだろうということで。下るまえに身体が冷える状況を避けられて楽でした。

今回はこのバイク&装備で走りました。
グラベルバイクをオンロードツーリングで使うという構想は以前にでたロングライド(軽井沢・八ヶ岳)ぐらいから考えていたことなのですが
:フレーム素材はあまりきにしない(けどRLT STEELは最高でした)
:大制動&コントロールしやすいディスクブレーキ(今回はトラブル回避にほんとうに大活躍)
:太くて軽いタイヤ (SOMA サップルヴィテス33Cで243gと言う超軽量タイヤは転がり抵抗の優位さで23,25Cを凌駕)
:フロントシングル(変速のストレス軽減で頭がクリアに)
:MTB用2ボルトクリートペダル(このコースは歩きもあるし、道中のサポートで歩いたりしますし)
:でかいサドルバッグ(冬装備のアンダーは2枚持っておくと長い下りで着替えることが可能、みさき耕舎の下りが快適に)
ほぼすべてを実現しています。
RLT9 STEELですが実際にフレーム重量はありますが、ここまで荷物を付けてしまうとフレーム重量差は「割合として」小さいものになってしまいますね。たぶんシクロクロスに出る時は「さすがに重さが・・」とか言い出すかもしれませんが、積載物があるときは増加率が小さくなる重いフレームの方が重心の変動が小さかったりでコントロールしやすいかもしれませんし、スチール独特の伸び感を感じることができる良いフレームだと思います。
もうひとつ、やはりロングライド用途が中心であるなら今後はディスクロードで太いタイヤが装着できるバイクをお勧めしていくことになるだろうと実感しました。ディスクブレーキのメリットは大制動とコントロール性の良さです。大制動のイメージからコントロール性が高いことはあまり理解されていないのですが、どちらかというと一気制動がかかりやすいのはキャリパーブレーキです。ブレーキを握るとじわじわと掛かるとイメージしやすいのはむしろディスクブレーキの方なのが僕の感想です。最終制動はディスクの方が大きいかなと思いますがディスクには最近太いタイヤを付けているのでブレーキに対するグリップ力がはるかに高くて単純比較できません。さらに太いタイヤを装着することが可能な点もディスクブレーキのメリットで、今回の場合33Cなのに28Cなみの軽量タイヤを付けることで転がり抵抗の優位性、グリップ力のアップ、エアボリュームによる耐パンク性の確保を狙いましたが23-25C系のロードにもついて行けるほどの巡行性を持っていましたし、予想通りの性能が発揮できて初心者や初めてのルート、林道系や手入れの良くないひび割れた道などを走るのにはストレスが小さくて「速い」です。速度を求める人にも十分対応できる性能があります。

と、言うことで道中はグループのサポートをしたり景色を楽しんだりとても楽しいライドでした。
今日からまた営業復帰します。

リアライトの取り付け

NINER RLT9の方にはツーリングバイクということもあってリアライト(点灯・点滅灯)を取りけました。
もともとキャリパーブレーキを用いるわけではないのになぜこの位置にステー、そして穴があるか?というのは泥除け用のステーを止めるボルト穴を用意しているからです。
最近ロードレースではゼッケンナンバーを取り付けることが増えてきていますが、そのためのステーがちょうどリアライト台座に良かったです。
これが2台目の取り付けですが、これからちょっと増える予感がしています。

 

もともとロードバイクは「レース用機材」という名のもとにシンプルな構成になっていましたのでリアライト(反射鏡)などを取り付けるようなネジ穴などは用意されていません。
しかも最近のフレームはゴムバンドなどで止めるリアライトですら装着が難しいようなものが多いですからね。
この方式はリアブレーキが通常位置にあるものであれば比較的どれでも対応可能です。レースの時はそのまま取外してゼッケン台座にすることもできますし、見た目の問題だけでなくねじ止めできるので固定力が強いです。
CATEYEであればいくつかのタイプはオプションパーツをもちいて対応可能でした。あとは太陽光をつかった半永久的な反射+夜間の点滅灯も対応できそうです。
サドルバッグ類でリアライトの装着するスペースがない人にもお勧めです。後方全てからの視界をふさがれていないことがベストですが特殊なフレーム形状ではちょっと苦しいこともありそうです。(他よりははるかにましなのですが)。

・・・というところで良いよーと説明したかった所なのですが、CATEYEのオプションパーツ入荷しておくのを忘れました・・・(苦笑)。
週明けからは対応可能なようになります。

ちなみに、Light &MotionというブランドのVIBEというテールランプも入荷させてみました。
オートセンサーによる自動点灯/消灯、USB充電のしやすさと取り付け取り外しのしやすさを考えると日常用のテールランプとして最適でしょう。
ゴムバンド取付のため常時設置・固定型に比べると固定力がおちますが、強固なゴムを利用しているので不満が出にくいレベルにはあると思います。自動点灯は照度と振動を感知すれば点灯するタイプなのでその点でも日常用にピッタリですよね。

これから日が昇るのも落ちるのもどんどん早くなる季節です。
と、同時に日照角度が低くなるので山陰に日が隠れることも多いので日中しか走らないよというかたもぜひライトを携行されることをお勧めします。

 

FBページのリンクについて

ちょっとご連絡です。

さすがにフェースブック関連でのリンクはそのままフェースブックページでリンクさせたほうが分かりやすいので、こっちのblogでは出していないものがいくつかあります。
最近だと、
日直商会さんのSantiniのErica(エロイカ)コレクションの予約のお知らせなどはそのままリンクだけにしちゃっています。
自分でいただいたメールなどの記事から紹介をつくるより早いですからね。
と、いうわけで
https://www.facebook.com/biciokadaman/
こちらも気が向いたらどうぞ。

今週末の予定です。(南アルプスロングライドに参加します)

11月19日(日曜日)は終日bici-okadamanお休みとなります。どうぞよろしくお願いいたします。

表題にもあるように南アルプスロングライドに参加します。
今年は諸事情から妻が出ることが叶わず…僕の方が都合がつけられたので参加することになりました。申込期間が直前まで大丈夫なのはありがたいですね、無事にエントリーできましたし。

NINER

すでに何回かアップしているようにこちらのバイクで参加します。グラベルロードは比較的ロードバイクにジオメトリが近いのでオンロード系のタイヤを装着すればそのままツーリングロードに持っていけるのが良いです。特にNINER RLT9はハンドル周りのポジションが通常ロードと大きく変わらないのが魅力です。最近出てきたオールロード系を見るとハンドル高さがものすごい高いセッティングしかできないものもありますが、普段ロードバイクに乗っていたり、レース系のセッティングが好みの人では違和感のほうが大きいとおもうのでこのくらいがちょうどいいと思うのですけどね。
冬用のウェアの準備をそれなりに持っていく必要がありそうですし、日中暖かくなってくるとウェアを脱ぎたくなるだろうしということでサドルバッグ(13L)も装着する予定です。リアライトとヘッドライトも装着済み。普段のルートではぼくは朝しか乗らないので意識していませんが、ロングライドの時はトンネルや普段走らない道を走ることを前提にライト類の装着もきちんとと言う感じです。工具類はボトルケージ1つ使ってそこへ収納、水ボトルは1つですが、エイドが多いのでまず大丈夫でしょうし。・・・と言いつつ久しぶりのロングライドで身体がついて行くかわかりません(笑)。

週末は明日の営業のみになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
そろそろ冬用の支度が本番になります。日曜日がかなり寒いようですが在庫のある分はちょっとだけだけど掘り出し物はあるかもしれません。

BOMA CIEL (2018new!)

今日はBOMAさんが営業で立ち寄っていただいて2018新型モデルのCIELを紹介してもらいました。
サイクルモードでも大人気の1台だったということです。

BOMA CIEL (シエル)¥280,000(税抜き・フレームセット)

ポイントは軽量さにあります。
フレーム本体で745g(未塗装プロト・S-480)、フォーク375g・・・塗装含めてでもかなり軽量な部類です。
タイヤハウスは25Cタイヤも対応するように広げられ、ワイヤルーティングによる重量増自体も抑えられ(以前のBOMAにはルート用のパイプがあってそれが重量増になっていた部分も・・)、敢えてエアロ形状にはこだわらずでオーソドックスな形状でもありオールラウンドに走りそうな予感です。Mサイズに乗らせてもらった感触では23Cタイヤにも関わらずリアが跳ねないので踏みやすいバイクだなと言う印象でした。縦方向の衝撃吸収も効いているということでしょう。レース用のバイクとしてオールマイティにお勧めします。

もうひとつ新製品としてホイールがクリンチャー&チューブラーそれぞれ55mmハイト+ワイドリムが投入されます。
TH-W8(¥147,000税抜・チューブラー) / W8W(¥153,000税抜きクリンチャー)
ワイドリム仕様のホイールとしては重量も前後とも+100g前後に抑えられ、特に25Cタイヤを使用したい人にはおススメの軽量ホイールです。
25C以上のタイヤを装着する場合、狭いリムではタイヤとリムとの間に幅の違いによる段差ができてしまい、特に高速域での空気の流れの剥離でエアロ性能の低下を起こす傾向がでます。25Cに対して25㎜前後のリム幅を持たせることでタイヤとリムの一体感が生まれ、空力の改善とさらにワイドタイヤ化によるグリップの向上、タイヤ剛性の向上による走りの安定感を図れる優れたホイールになりますよ。

と、いうことで詳細も少しは手に入れていますので興味のあるかたはぜひ~。

NINER+ディスクブレーキ(使用感)

日曜日、月曜日とNINER RLT9 steel の方で走っています。
冬の期間はこちらをメインバイクにする予定でシクロクロスの大会終了後などのメンテ期間や時々はロードで走るつもりでいるので(そのくらい気に入ってます)時々は情報をアップしていきたいと思います。
33Cオンロード仕様のタイヤを装着しているわけですが、それなりに速いというのが印象ですね。
普段のトレーニングルートだとちょっと上りだって含まれているわけですが全体の平均速度は変わらない(28㎞/h前後)位でした。まぁトレーニング区間を少し抑えめに走っているのでリカバリーの区間が短くて逆に速い・・・という状況のようです。パワーメーターで比較しているわけではないですが、パワーをだしやすいバイクセッティングになっているかもしれないし、実際に抵抗が少ないということかもしれません。(検証は・・・まぁしません(笑)。

このバイクのディスクブレーキについてはまだ書いていなかったと思いますが・・・。
コンポーネントじたいはSRAM RIVALの油圧ディスク系を用いています。ただ、ローターは前のホイールからそのままシマノを使いまわしていますので厳密にSRAMの評価ではないです。
僕のバイクにシマノの油圧ディスクを付けたものがないので評価はちょっとあいまいですが、SRAMのブレーキシステムも良いですね。
ポイントは「制動のコントロールがしやすい」ということかなと思います。ブレーキの効き始めから一定に制動力が増加していく感じがありバイクコントロールをしやすい印象です。シマノの新型のR91、R80系油圧ディスクブレーキに乗ったことがないので比較はできないけど、旧型タイプと比較するとSRAMの方がコントロールしやすい印象でした。(評価は今後かわっていくかもしれませんが)
ディスクブレーキは制動力が云々という話もでていますが、たぶん最大の制動力はディスクの方が大きいでしょう。ただ、実際には制動力を使い切るようなブレーキの持ち方はほとんどしない(で走れる)のではないかと思います。個人的にはキャリパーブレーキよりもディスクブレーキの方が「コントロールしやすく」、「制動力も大きい」というように感じています。
まぁ実際にはこれからの評価にはなるとは思うのですけどね。
ツーリング系のように太いタイヤも嵌められる(性能が上がっているのでいちがいに23cの細いタイヤが速いのかと言うとそう言えなくなっている状況です)バイクにはこれからもディスクブレーキはどんどんメリット増大でしょう。メーカーの押し付け云々はともかく僕が乗っての印象は現時点でもそういう感じです。

本日のsmr

今日のsmrは8名の参加、うちシクロクロスバイクが1名(僕もいちおうグラベルロードですが)・・・なのに我慢しきれなくなってトレ班に入ってました。
もうひとり、今日はIRCユーラシアの鈴木史竜君も参加でした。来季に向けてそろそろスタートを切る予定です。(と、いうことでなかなか参加してくれるかわかりませんが今冬時間が合うときがあるかもしれません)
それからJr,は中学生が参加でした。

ジュニア年代では「頑張って走る」ということよりも「まっすぐ走る」「先頭交代列に加わって安定的に走る」ということを重要視しています。より速く走るためにがむしゃらになってしまうことが多いのですが、周りから見ると危なっかしい走りになってしまうのでトレインの中で安定した位置をはしることができなくなりますし、右へ左へふらふらしていると周りのライダーもつられてしまったり、接触の危険が高くなってしまうことは頭に置いておかないといけません。グループライドで走る時は全力で走ることよりもまっすぐ走ることを優先することのほうが多いのです。
と、いうことで今日はジュニアのライダーにつきっきりになりました(笑)。

明日のsmrについて

明日のsmrも通常通りとなります。
次週19日が南アルプスロングライドの参加のためお休みですので、今週は張り切って!(笑)走りましょう。
僕もバイクをロングライド用に仕上げ確認しておかないといけませんね。

smrはレース派の人にはトレーニングの場として、ロングライド派の人にはツーリング&グループライドの練習の場として考えてもらうと良いのかなと思っています。
どちらも「グループライド」が基本になりますが、レースのためには集団走行の基礎として(トライアスロンではドラフティングルールがありますが、思ったほど単独走行をさせてくれるわけではありませんしそれが故の落車も実際に起きています)、ツーリングではグループがまとまって走るためのスキルアップのためにも大事な「列走行」だと思うのです。と、いうことでトレ班とツーリング班を分けたり各グループの人数を絞ったり、行先は同じでも走力によって走る距離を変えられるようにしたり・・・と毎回こまめに工夫をして対応しています。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

日泉ケーブルのこと

大阪、岸和田市にある日泉ケーブルのアウター&インナーケーブルを取扱開始します。
通常よりもはるかにしなやかなブレーキケーブル・シフトケーブル。夏ごろに母校の自転車競技部OBを通じて紹介をしていただいたのですが、その流れで自転車競技部の方も日泉ケーブルのブレーキ・シフトケーブルの提供をしていただいてツールド北海道を闘いました。選手からのフィーリングも上々でしたし、こちらにいただいたサンプルをテストしていたかたからも高評価だったことで一気に取扱の方向になりました。

見てもらうとわかりますが、クリアカラーのコーティングがきれいなアウターケーブルが揃います。
しかし、最大の特徴はシフトケーブルもブレーキケーブルもコイル状の線で包む構造になっていること。そして、コーティングを使わないインナーケーブル。
コイル巻状のアウターケーブルの特徴はこの柔らかさにあって、写真のケーブルはシフトアウター。柔軟性の高いことがとくに曲がりの強い今のケーブルルーティングにピッタリです。
また、内部抵抗がとても小さいようでするすると変速するフィーリングは異次元?かもしれない。初期伸びの対応、耐久性についてはまだこれからの部分もありますが素晴らしい出来ですね。

現在NINERのリアシフターケーブルにスペシャル版を装着してあります。