Wilier GTR (white/pink ver.)

注文をいただいていたWileir GTR ホワイト/ピンクが入荷してきました。
Granturismoシリーズとしては2世代目のGTRモデルですがサクラのようなピンクカラーはこのモデルだけにしかありません。

Granturismoはこの後SL(マットブラック)も入荷予定になっているのですが、ながらく人気モデルとして継続していますね。
適度にレーシングモデルとしても使え、適度にグランフォンドやサイクリング用としても向いているバランスの良さが魅力だと思います。剛性バランスが良くリアのしなやかさが確保され、フォークがしっかりしてて下りでも安定感のあるフレームです。そして汎用性の高さは仕様コンポーネントを選ぶことがない点でも優秀です。Di2もワイヤ式もセットアップが用意な位置に穴が用意されていて取り回しが良いですよ。

淡いピンクカラーながら塗り分けが絶妙で男性でもOKなんですが、サイズ構成がもったいない(笑)。大きいサイズはありませんので念のため。
今回はフレーム渡しになるのであとちょっと手を加えて終了です。

 

エンド穴修正しました。

今回は修理のお話です。
先日に父グループはしまなみ海道~九州~四国と言う旅行に自転車を持って行ってサイクリングを楽しんできたわけですが、道中は輪行袋に入れてステップワゴンに車載すると言う作戦をとりました。意外と4人4台と言うのは厳しいんですよ。それはまぁともかくとして、輪行袋に入れる時にはリアのディレーラー(変速機)を車体から外すようにすると変速の大本である「エンド」を壊しません。壊さないはずなのですが・・・ネジ穴を締め込む際に斜めに締め込んでしまったらしくてネジ山が削れてしまいました。

現場では尾道のショップさんで親切にも修理していただいたそうでありがとうございました。
応急処置用のエンドを使って修理・・・って普通のショップでも(もちろんうちでも)持っていませんよね。(ツーリング用途としては重要なのですが、通常はスペアエンドを用意します)。
今回はこれをもとのように使えるように。つまり穴修復をしなくてはならないのですがリコイルと言う形で修復することにしました。(他にもいくつか案はありますが)


リコイルのメリットは手間、精度と言う所だと思います。
たとえば、穴を少し埋めてからタップを切り直しも考えたのですが溶接を僕はやらないのでダメ、接着剤の手法ではネジ山の強度が心配。
反対からナットを差し込む手法は精度の問題を考えるとかなりの手間になってしまいます。
リコイルの場合はこれまでと同じネジサイズをガイドにして径の少し大きいネジ穴を作り、スプリングのようなワイヤをはめ込んで最初と同じ系のネジ山にすると言う方法です。
雌ネジと雄ネジの間にワイヤが挟み込まれるような構造になりますが、母材がアルミなどの柔らかいものよりワイヤのほうが強度が高いのでより強固にボルト締結が可能にもなります。今回の場合はエンドがスチールで強固だったのでその点でも心配なし。元通りに使えるようになりました。
他のところでも使える手法です。

現在の自転車に使われているボルト&ナットについてはほとんどが取替可能なことが多くてこんなことをやる必要がないかもしれませんが、古いバイクのレストアなどで活躍することもありますから覚えておいて損はなかった…ということですね。ちなみに、サドルもbrooks → sella anatomica に交換しました。ツーリング前に皮を張るボルトがすっ飛んでしまい、応急処置で治していましたが左右のバランスがずれているようなので退役させることに。今回も皮サドルですが穴あきサドルにしてみました。皮サドルは長く使えば使うほど調子が良いようです。

スラムフロントシングル良いよ~。

本日は定休日です。と同時に雨天・・・。週末雨と言うのも恨めしいのですが、水曜日に雨も恨めしい…。

しばらくはこのバイクのネタで失礼します。

油圧ディスク+スラム・フロントシングルとは。
今回はフロントシングルにしたいということがまず大前提でコンポーネント選びをしました。
シマノでもフロントのチェーンリングさえ「ナローワイド」タイプを選んでしまえば、ある程度大丈夫だろうと思っていたのですが、シマノは最大の難関があります。

「左のSTIにシフトレス仕様がない」
フロント変速をするためのシフトレバーを組み込まないSTI風のレバーがないので左右がいびつな仕様になるのがシマノです。旧式タイプのレバーはあるのですがワイヤー式のブレーキ対応なので油圧ディスク用のレバーに対応するものになるとお手上げです。社外品を持ち込むしかありません。
SRAMなら上の写真のように対応する左ブレーキ品がでています。シフトのためのレバーが取り除いてあるのですが、「ただ取り除いてある」だけなので蓋もしていなくてなんとなく指が入ってしまうのがご愛嬌です。まぁ許せます。使わないレバーが残っているとかよりは。

そんな理由でSRAMにしたわけですが、クランク+チェーンリングは楕円チェーンリングを使うので社外品。
で、もうひとつのフロントシングル対応部品が・・・

「リア変速機」
ここ最近SRAMの変速機を2×11用も触っていないので不正確かもしれませんが、フロントシングル仕様のリア変速機の秘密はロングケージ化(プーリー間の距離を取っている仕様にしてチェーンのたるみを取りやすくしている)だけじゃなくて、内部に入っているスプリングの強化じゃないかとおもいました。チェーンをより強く張るための仕様になっててチェーンが暴れないようにしてあります。チェーンが暴れてしまうとフロントには変速機と言う名のチェーンガイドが無いので脱落してしまうという現象はこれまでに確認済みなのですが、その対策としてリア変速機のバネを強化するのは良いですよね。そして、これはビッグプーリー化にもお勧めな気がします・・・がその辺はどうなのでしょう?

というわけで油圧ディスク+フロントシングル化をしています。
そしてこのシステムは最高によいシステムになりうる可能性があります。

ってところでお時間がきましたのでまた今度。

DT SWISS 2018(新型にチェンジしてます)

先日よりブルべをやられている方からの相談でアルミリムの5-10万円価格帯のホイールについて相談をいただいてまして。
軽量性を第1のポイントにいただいてたのですが、僕の方からメンテナンス性の良さをもうひとつ付け加えさせていただいて・・・
DT SWISS PR1600 23 SPLINE に決めていただきました。
と、いうことで2018モデルももうさっそく入荷でした。早かったなー。

DT SWISSについては細かい歴史までは把握してませんが(笑)、ハブ単体、スポーク単体、リム単体それぞれを製造・販売品目にもつメーカーブランドです。
それぞれ単体ではよく使用されている部品なんですが、完成ホイールブランドとしては日本で広めるのはこれからという感じでしたね。
ようやく日本販社が安定供給するようになったと思ったらアフターパーツ類もしっかりしているのでこちらとしては某ブランドよりもよっぽどアフターパーツの安定供給が楽と思った次第。
メンテナンス性の良さにはそういう点も含まれてます。

リムブレーキ仕様のホイール以外にディスクブレーキ仕様のホイールも多種(リムブレーキと同種)で揃えています。
リムブレーキ仕様にはDT得意のRWSクイック(スキュワータイプのクイックですが意外としっかり固定されてますね)、ディスク仕様はクイック、スルーアクスル対応のオプションパーツが付属。
ほぼすべてのモデルがチューブレスレディ仕様。(特にグラベルなどの太いタイヤ系は考慮しておいた方が無難です)
リムハイトが低いモデルでもきちんとワイドリム仕様。(25㎜標準対応~)
伝達効率とメンテナンス性に優れた(工具無し?でメンテナンス可能な)スターラチェット式フリーは構造的にはおススメ。
DT独自の技術+現時点でのトレンドを取り入れていると言う意味でもお勧めかと。

 

ちなみに僕も使用中であります。
NINERはF15㎜、R12mmスルーアクスルと言う形になってまして、シマノホイールのタイプのF12、R12ではフロントホイールが対応できないのです。
DTは現状ででているほとんどのスルーアクスルに対応のアダプターが揃っています。
もうひとつは、まだ現役中のGIANTクロスのほうですが、こちらは9mmQRタイプ。スルー専用ホイールでは対応できませんよね。
DT SWISSは工具無しで(正確には手では外れないほどがっちり嵌ってますが)交換可能になっているので、例えばレースの現場であってもものの数分で入替可能な点も大きかったわけです。
と、言う観点から使い始めたのですが伸び、剛性、安定感どれをとっても言うことないですね。

NINER×フロントシングル

NINER RLT9 STEEL 組み上げました。

一応は自分用ですが、いつでも試乗できますのでどうぞお訪ねくださいませ。

Ninerは「29インチMTB」ブランドとして登場したのですが、その中で培ってきた技術をロードバイクにもと言うことで展開しはじめたがのが「グラベルロード(レーサー)」ということだったと思うのですが、発売当初はアルミだけだったフレーム素材も、スチール、カーボンを揃えご自由に選んでくださいってやっているブランドは大手ブランドでは見ませんね。(スチールとチタン、カーボンと言うパターンはオーダー系のブランドで見かけることがありますがアルミは意外と見かけないです。)普通のロードバイクでは「軽量性」「剛性?」が選択の指標として幅を利かせてしまうので、フレーム素材に序列を生んでしまっています。RLT9はグラベルレーサーとは言え、乗り手の自由な発想でどこでも乗れるロードと言う感じで「レース第1」ではないので、フレーム素材の違いを楽しんでと言えるのではないかと。

僕の場合、このバイクでシクロクロスも出ますがキャンプツーリングなども走りたいし、レース用のカーボンロードは別に持つしということで敢えてカーボンの選択肢は無しでした。
アルミバイクはこれとは別にGIANTクロスを持ってますから(笑)。

さて、今回のコンポーネントはSRAM RIVAL 1×11(左側のレバーに変速シフターがありません)。
油圧式ディスク+フロントシングルチェーンリングの組合せにします。
クランク廻りはいつも通りで楕円チェーンリング(RIDEAを使ってみていますがこちらについてはまた別途リポートを)。
フロントシングルは通常のロードバイクで2枚のチェーンリング(僕の場合は52×38、通常は50×34、52×36、53×39が多いです)と後ろのギア11速分で2×11速となるところを、フロントの変速を廃して1枚にし1×11速で運用しようということです。メリットはいくつかあるのですが、机上の空論かも?という所が気になるんですよね。
今日走ってみての感想は、フロント変速フリー(無し)って気持ちが解放されますね。基本的には「アップ・ダウン」しかないのでフロント変速機有りに比べて「直感的」にギア変更ができます。
さらに、フロント変速機にチェーンが当たるということもないので「チェーンの音が静か」なのも新感覚です。
ツーリングでは11枚のギアで足りない(途中のギアが無い)ということも感じられないし言うことないですよ。

と、言うことでとりあえずテストライドは無事に終了。
しばらくはこちらのバイクがメインになってロードバイクはオーバーホール等を検討中。

本日のsmr (11/05報告)

本日のsmrは10名の参加、内高校生が4名とまぁフレッシュな…(笑)。
初参加の高校生がクロスバイクでしたので僕がサポートで走りましたが、他はトレ班とツーリング班に分かれて走りました。
ツーリング班が「ツーリング班じゃない!」モードになったようですね。その後ろにゆっくり組が控えていますからゆっくり走っても大丈夫なんですが・・・(笑)。

2回目の高校生もツーリング班の中で走っていましたがグループの中で走ることにも慣れて戸惑うことなくローテーションしてました。
トレ班とツーリング班ではペースの考え方が変わり、トレ班では単独ではキープできないペースを維持することのためにローテーションをしますが、ツーリング班では単独でも出せるペースで「楽をするために」ローテーションをするわけです。より長い距離をこなすことに主眼が置かれるのがツーリング班なのでそのぶん、余裕を持って走ることが大事になってきます。トレ班の場合はローテーションでも個々の思惑によってペースが変化することがあり頭脳戦になることがありますが、ツーリング班の場合は「脱落者を出さないペース」をみんなが考える必要があって、自分がきついなーと思ったら短い先頭交代で休むことを考えてもらえばいいし、周りがきつそうだなと思ったらペースを抑制する「必要がある」と言うのがツーリング班でうまくローテーションするためのコツかなと思います。だんだん、ペースが安定してくるとロード以外、グラベルロードやクロスバイクで走っていても一緒に走れてしまうんですよね。太いタイヤで走るとペース維持は楽なのですが、上がり下がりがあるのが苦手です。


途中でクロスバイクのサドル調整をお手伝いしました。
フラットペダルの時のサドル高さの調整はビンディングペダルを使用している時よりも少し低めの方が良いですね。ビンディングペダルを使っている時は「ペダルが足から離れないことが前提」のペダリングなのでサドルが多少高めになりますが、フラットで同じ高さにしてしまうと踏み込む足の位置がペダリングの繰り返しでずれるケースが多くて時には高いと思ってしまうこともあります。

明日のsmrについて&6日の営業開始時間のお知らせ

明日のsmrはなんと3週間空いて4週間ぶり!つまりちょうど1か月振りと言うことになりました…。
条件はほとんど同じとは言え、smrに集まっていただけるのか、忘れ去られていないかがほんとうに心配なレベルですがどうぞよろしくお願いいたします。
それから今週末と来週末にかけてで「南アルプスロングライド」ツアーの打ち合わせが入ると思いますが、ロングライドに参加するけどsmr参加できないよと言う方はお伝えくださいませ。

南アルプスロングライドで乗る予定のNiner RLT9が今週末ようやく間に合いました。
シクロクロスとグラベルを含むロングライド両方に使うつもりなのでカメレオンのように状態が変化するかと思いますがとりあえずの暫定仕様です。
明日は空荷で走りますが、ロングライド本番は「荷物を積んで走ろう(笑)」という指令を受けているので早い所慣れないとまずいですね。

詳細はまた明日。

明日も告知をだしますが、週明けの月曜日6日は営業開始時間を14時30分の予定としております。
家庭内行事がありますので申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。