DT SWISS PRシリーズ好調です。

DT SWISS PR1600 spline32 が入荷してきました。
先日、同じシリーズのPR1600 spline24を購入された方と一緒に走ってて「びっくりした」と言うことでの…でも同じモデルじゃつまらないし?と言うこと?
何が違うって、リムハイトと幅ですね。

今回は上の写真のほうでした。
前回は下のほう。
アルミリムでも高さを稼ぐと多少は空力に効果を発揮してきます。ただ、リム幅も同じままにしてしまうとリム剛性が高く、重量増も許容範囲を超えてしまうということで微妙に狭くしているということのようです。
とはいえ、DT SWISSを推すのはやっぱりワイドリムだからです。今後を見据えるとチューブレスレディ対応というところも見逃せません。
ワイドリムは単純にホイール剛性に効果を発揮できますし、ワイドタイヤ(25C~)にマッチしているのでタイヤグリップ、転がり抵抗、耐パンク、そして衝撃吸収性からの乗り心地が向上できる点でお勧めです。
ホイール重量の点やフレームとのバランスや、クリアランスの問題があったりするのでまだまだ若干敬遠されがちですが対応できるのなら、敢えてナローリムタイプを選ぶ必要性がないです。

ここ最近、気に入っているのはさらにスチールスポークのオーソドックスなホイールだからという点もありますね。
まだホイールが手組だったころに比べれば「スポーク折損」というトラブルはかなり減りましたが、スポーク折損はもともと高張力でリムとハブをつなぎ、地面からの衝撃に耐え、常に荷重がかかるので疲労で折れてしまうことが多いパーツだったと思います。そういう部分に実はあまりアルミ素材を用いたくないなというのが僕の個人的な考えでもあります。(ちゃんと設計で疲労限度を高めるようにはしてありますが)

 


いまや、リムメーカーでもあり、スポークメーカーでもあり、ハブメーカーで単体でも部品を供給しているというブランドってDT SWISSのほかにありますかね…。
ラインナップもとても豊富ですのでロードに限らず、ディスクロード、MTBなどなんでもご相談くださいね。

今週後半の作業~

今週後半はオーバーホール作業他が入っていますのでオーバーホール作業の予約をいただいたら来週以降になります~。
そろそろ暖かくなって本格的にシーズンも始まりますので作業の予約はお早めにお願いします。

と、言うことで僕の予定していた作業もちょっと先に実施しました。
フロントシングル(1×11)のスプロケットを入れ替えました。48/11-32の仕様です。
僕が狙っている仕様そのものです。これでほぼ僕が学生時代に走っていた時の仕様と同じギアの幅を確保しています。
当時は53-39/12-23あるいは12-25という仕様でした(リア8-9s時代かな?)。
今の11Sは11-28という仕様がほとんどです。(さらに大きな11-32というものもあります。より軽いギアが入りますよ坂が大変という方はぜひご相談ください)
実はこれには意味があります。今でも12-25という仕様がありまして、細かく変速ができていいように思うのですが・・・フロント変速をしようとするとリア変速を調整するギア数が増えてしまうという悪影響がでるようになっています。リアの変速を細かく細かくがこれまでのパーツメーカーの方針(多段化、クロスレシオ化)だったのですが、フロント変速と相性が良くないのが原因で少しずつ淘汰され始めていますね。
図だけ乗っけておきますのでご想像ください(笑)。


縦軸がギア比、横軸がリアのギア位置。(ギア比が小さいほうが軽いギア)
左:50-34/12-25  右:50-34/11-28
黒がフロント変速をした時のリア変速の調整分です。

さて、フロントシングルのメリットはこう言うことも可能です。

重たいギアいらないよねー(笑)。
実際に使っていないギアあるよねーという方はぜひご相談ください。

フロントシングル(ロード)1週間。

今週はSCOTTのほうに乗り続けました。先週末に取り組み始めたロード(レーサー)フロントシングル化のテスト週でしたからね。
来週はNINERを乗る予定ですが、まぁこちらもフロントシングルなんですけど(笑)。

ロードのフロントシングル化についてはWOLFTOOTHが、現状の「シマノ」コンポーネントに追加するだけでリアディレーラーのキャパシティ問題を解決する部品を持っていたりと色々なことがわかってきた1週間でした。
だいたい11-32、11-36あたりのギア比の幅があればロードバイク(レーサー)では足りることがわかってきましたが、中にはブルべ対策などで11-40近くのギア比の幅が欲しいという組み合わせでも何とかなりそうです。まぁ、ロードバイクのジャンルも幅が広がって、オフロードのほうへ進出し始めている経緯もあるので「なんでそういう組み合わせが欲しいの?」という要望もあるのですが、ちゃんと要望に応えるメーカーがあるものです。

ここは、どちらかと言うと「レーサー」の方面にこだわって可能か否かを探っていく予定です。
今朝のsmrでもこちらで走りましたが、実に素晴らしい点があります。
例えば、通称「ビクター坂」という平坦から斜度のある坂が800mほど続く区間があるのですが、
これまでのロードであれば当然アウターギアで走っていたものを途中でインナーギアへ落としてそこからリアギアの適正なギアを探して・・・とやるのですよね。坂の入り口前にフロントをインナーに変えてリアを調整しておいて…と考えて実行します。坂の途中でやるという人もいますが話はもっとややこしく、「フロントをインナーに変える」「リアを調整する」「リアを軽くする」とリスキーな作業が続きます。いずれにせよ「フロントの変速中は加速ができない」です。
フロントシングルはシンプルに坂の勾配に合わせてギアを軽くしていくだけです。コースにきちんとギア比を合わせてあれば足りなくなることもありません。リアの変速はフロント変速に比べて単純に速く完了しますし、フロントよりも変速が安定しています。その変速の間に抜け出すことができてしまうぐらいの時間を稼ぐことができます。なぜなら「考える時間が必要ないから」だと思うのです。
そういう点でもレース向けな機材かもしれません。
もうひとつ、まだ確証がつかめませんが、上りでのフィーリングもとてもいいですよ。
まだ結論がでていませんが、今日の僕の練習量・調子としてはかなり上りが走れていたと思います(笑)。ほぼ機材の影響だろうと思います。

今週はNINERのほうに乗って、SCOTTは次のテストの準備に入ります。
フロントシングル興味持ってみてください(笑)。

本日のsmr (2/25報告)

今日のsmrも5人の参加でした。メンバーはそれなりに入れ替わっているのですが、なかなかみんなが同時に集まるという週がありませんね。
同時に参加できないというのが一番怖いですが(苦笑)そうじゃないだけありがたいことかなと。
今日も1グループで編成でした。同じくらいのレベルのメンバーが集まってよかった~。
ただし、曇りがちの天気で思った以上に風が吹いていたので寒いライドになりました。

今日も、ライド中に気が付いたことはなるべく伝えるように努力しました。
ライドスキルのこと、グループで走るためのスキルのこと、特に先頭交代については安全のためにもとても重要です。
基本的にトレーニングライドでも「ちぎり合い」の形にはならないように注意しています。速い人が遅い人を置いて行ってしまうちぎり合いは全体のペースを遅くさせますし、せっかくのグループで走るスキル向上の場を奪ってしまいます。今回のオリンピックでも似たようなレースがありましたよね…戦略的に間違ってるなともったいないレースでした。選手ですら極限状態でそういうミスをしてしまいます。個々の力を伸ばす場というのは確かに大切なのですが、サイクルスポーツの多くは「集団走・グループライド」が多いのです。グループでスマートに走れる練習こそがスキル向上の早道ですし、グループを活用して個人を伸ばすということが可能だと僕は思っています。

と、言うことで来週は・・・フィッシュマンエンデューロがありますのでもしかしたらば、レース会場へ向けてライドすることになります~。
スタート時間によってはちょっと遅めの帰宅時間になるかもしれません。
どうぞよろしくお願いいたします。

明日のsmrについて(2/25予定)

明日のsmrは通常通りの実施です。
日中に日差しが出ない可能性がありますので、今日ほど気温が上がらないようです。念のため防寒はご注意ください。

8:00集合
50-60㎞くらいの走行になります。
11:00帰着

smrでは人数と志向・走力に応じてグループ分けをしています。
3-8人程度を目安にしてライド終盤までグループが崩れにくいようなメンバー分けをしています。
トレーニング班であっても「ちぎり合い」を目的に走っているわけではないんです。ロードレースは基本的には集団内で安全に走ることが最優先です。つまり、グループで走れなければレースになりません。エンデューロなどでも同じですが、単独で力が強くてもグループに入れなければ力を使ってしまうばかりでなく周囲にたいして危険を及ぼすことになってしまう。なので普段はグループで安全に走ることを目指すこと自体に意味があるのだと思います。ツーリング班ならなおさらバラバラに走っても面白くないですよね(笑)。
ただ、トレーニング目的なのとツーリング目的なのではペース配分やグループの力の合わせ方が異なってくるのでそこは分けておかないとと思う次第・・・人数がもう少し増えてくると楽なんですけどね。

P.S.明日は僕もロードバイクで参加します。もちろんフロントシングルで(笑)。

FELT IA10

今回のトライアスロンバイクはFELT IA10です。完成車組のほうでご注文をいただきました。
FELTはアイアンマン世界選手権で女子連覇中のバイクブランドです。IAシリーズになってから連覇を開始しているのですが、やはり空力に関しては優位なブランドだと思います。
IA10はハンドル周りまではオリジナル、ブレーキシステムは上位のモデルとことなりオーソドックスな規格にしてあります。

ハンドル周りのセッティングについてはオリジナルでも幅広いセッティングを可能にしてあります。
今回は、特にTTバー周辺の設定を「楽な」形にまずはしました。やはりロードバイクとはポジションもハンドリングも違うので慣れてくるまでは楽にしておくほうが良いだろうと思っています。
TTバーが2台目、3台目ともなれば初めから理想や個々のセッティングに近い状態から始めてもいいのですが、ロード版TTバイクからだとまずはTTバイクらしさに慣れるまでに怖い思いをしないように考える必要があります。
セッティングが気になったら通っていただいて、確認をしながらフィッティングを合わせこんでいこうというのがbici-okadamanのスタイルです。

P.S.今回はブレーキケーブルのアジャスター部を外へ出しました。IAシリーズではこれまで狭いルートでステム中にしまうパターンをやってきたのですが、やはり出したほうがメンテナンス性が上がりますし実践的なようです。
完成車仕様、Di2仕様(ケーブルの長さ調整などがいらないとは言え)でしたが、結局ケーブルのルーティングが気に食わなくて全部やり直しになりました…。自転車の場合、自動車メーカーと違って、メーカーの仕様書通りに設計されている部品を組み込むということがありません。メーカー側で調整幅を残したものは店側で微調整と…。まぁ、そういう作業こそが実店舗の意味合いなのかなとは思いますが。

シマノの二股Di2ケーブル、結構手ごわい代物ですね(苦笑)。

22日(木曜日)は午後からの営業の見込みです

告知が少し遅れてしまいましてすみません。
22日(木曜日)は僕の健康診断がありまして午前中はお休みになる見込みです。
戻り次第営業を開始します。明日からはFELT IAシリーズの組立てを開始するのでお休みにはできず・・(笑)ということです。
FELTトライアスロン系シリーズは組立の難しい部分もあるのですが、オリジナルパーツがポジション設定を容易にしてくれていることもあってお勧めしやすいバイクでもありますね。

下は前回に組み立てたもの。(IA16+Di2なのでメーカー仕様とは異なります)
今回入荷してくるのはIA10です。

TTバイクの仕様で難しいのはポジション設定です。
フィッティング以前に、まずはバイクに慣れてもらうためのポジション設定をする必要があるほどロードバイクとTTバイクでは感触が違います。
たとえばドロップハンドルとブルホーンハンドル、シフターの違いは目につく場所なのですが、フレームのジオメトリの違いもあります。
ドロップハンドルになれている人でもブルホーンバーはやっぱり怖いと思うことがあるのですよ(僕も慣れるまでちょっと時間がかかりました)。
それを単に乗れたから良しとするか、操作しやすくなったからよしなのか、特定の場所で速く走れるからいいとするべきか?
そんなこんなでお渡ししてからもフィッティングに足しげく通ってくださいねと(笑)お伝えしています。

今日は定休日です。今から某ジムに行ってきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

フロントシングル導入後(ライド2回目)

今日は今つけている48T/11-28Tというギア比でカバーできそうな上りを走ろうということでコースを選んで走ってきました。

4.5㎞、平均斜度が5%、後半1㎞ちょっとが9%くらいかな?
普段いかない場所の上りなので走行本数が少ない中ではありますが、そこそこのラップ(なぜか自己ベスト)で走れていました。
簡易舗装あり、急な斜度変化も多いのですが、チェーン落ちは全く気配もなかったです。
これはもう勧めても大丈夫なレベルだね。あとはギア比が問題です。
とりあえず、11-32を現状でキャパシティーオーバーになりますが投入してみたいと思います。
できてしまうようだと、これまで使っている人でも安上がりに変更が可能です。
できなければ当然工夫が必要です。いくつか腹案がありますがどの組み合わせがベストか試してみたいと思います。

今のところの結論:キャパシティオーバーじゃなければシマノでもフロントシングルは行ける(ようだ)。

もうちょっと続きます。

フロントシングルバイク乗り始めましたよ。

今日からSCOTT ADDICTの方も「フロントシングル」で乗り始めました。
今日は問題点の洗い出し?なにか出るかな?と思ったのですが、何も出ませんでした。普通ですふつう…。
なにも心配いらない状態でした。とにかく「音が静か」です。
フロントのチェーンリングとチェーンが擦れる音ってそんなにしてたんだ…というくらいナローワイドのチェーンリングは静かです。
ウルフトゥースだけがそうというわけではないのですが、フロントシングル全般的に静かなようです。
そして懸念していたリア変速の問題点はでそうもありませんね。シマノはフロントシングル専用リアディレーラーがありません。Sramは用意されているので多少の比較にはなるのかなと思ったのですが…。
あくまで初回の様子ですが、Sramのほうががっちりとしている感触はあるもののシマノのほうは軽快感があるかな?という感じです。まだ上りに入っていないので軽いギアでトルクを掛ける状況ではなかったのですが、気になるほどでもなさそうです。もう少し様子をみてみたいと思います。
ちなみにお手軽テスト仕様はフロントのチェーンリングを入れ替えるだけでほぼ成立するようです。僕の場合、フロント側のSTIもシフトケーブルを抜いただけにしてレバーはそのまま流用しています。(アウターケーブルは短く切ってしまいました)フロントディレーラーを外してチェーンリングを入れ替えるだけですね。

すでにグラベルロードでもフロントシングルを使っていますので操作事態に違和感はないのですが、利点は本当にいっぱいありますよ。
フロントディレーラーを操作するということ自体は技術の進歩によってチェーン落ちを心配したり、力が必要だったりはほぼなくなりましたが、チェーンリングの乗り移りのタイムラグは依然としてリアディレーラーの操作にかないません。そのために「いつ変速をするか、どこでするか」はベテランになっても悩ましいものだと思います。たとえば修善寺のサイクルスポーツセンターの5㎞コースではのぼりもあるのにあえて「アウターのままで走る」という人もいますしね。その考え方自体がすでにフロントシングルですが。操作自体のしやすさはわかったうえで「操作しようとする決断までの時間」がもったいないというのがフロントシングルの考え方だと思います。

と、言うわけでもう少しテストが続きますよ。