営業開始しました(2/13)・・・BURLEYについて

今朝はBURLEYのD’LITEで息子を保育園に送ってきました。
父のバイクを借りてね。ご機嫌で行ってくれました。

車の利便性にはかないませんが、自転車子供載せの中では自転車用ベビーカーはとても使いやすい存在です。
・大容量の荷室(座席後部に保育園用布団が2セットは入ります)
・2人乗せOKのキャビン(1人乗せに限定したモデルもあります)
・抜群の安定性 (お子さんが後ろで動くことによって左右バランスがとりにくくなるということもないし、なにより自転車だけの時より安定します)
・脱着自由の利便性 (お父さんにトレーニングついでに送ってきてって(笑)。)
ルールとしては「車道を走ってね」ということになります。自転車は「車道左側走行」が原則です。
子供載せだからと言ってルールが変わるわけではありませんからBURLEYにすることによる不都合はありません。
シティサイクルにも装着可能ですよ。

そして、もうひとつこの父のバイクには魔法のサドルがついています。
セラアナトミカ X2
前回のサドルから父バイクには「皮サドル」が装着されています。
すでに父が慣らしを終えた状態にしてくれているようで、その乗り心地は通常の自転車のサドルとは一線を画しています。
ハンモックの上に載っているかのような座り心地に、ソフトな股への当たり心地。自転車用のパンツを使わない人でも優雅に自転車にのることができます。
とくに超長距離(ブルべ)系やポタリングなどでサイクルジャージを着ないで走りたい方でもお勧めです。
・・・ということで試乗もできますのでいつでもどうぞ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。