今週後半の作業~

今週後半はオーバーホール作業他が入っていますのでオーバーホール作業の予約をいただいたら来週以降になります~。
そろそろ暖かくなって本格的にシーズンも始まりますので作業の予約はお早めにお願いします。

と、言うことで僕の予定していた作業もちょっと先に実施しました。
フロントシングル(1×11)のスプロケットを入れ替えました。48/11-32の仕様です。
僕が狙っている仕様そのものです。これでほぼ僕が学生時代に走っていた時の仕様と同じギアの幅を確保しています。
当時は53-39/12-23あるいは12-25という仕様でした(リア8-9s時代かな?)。
今の11Sは11-28という仕様がほとんどです。(さらに大きな11-32というものもあります。より軽いギアが入りますよ坂が大変という方はぜひご相談ください)
実はこれには意味があります。今でも12-25という仕様がありまして、細かく変速ができていいように思うのですが・・・フロント変速をしようとするとリア変速を調整するギア数が増えてしまうという悪影響がでるようになっています。リアの変速を細かく細かくがこれまでのパーツメーカーの方針(多段化、クロスレシオ化)だったのですが、フロント変速と相性が良くないのが原因で少しずつ淘汰され始めていますね。
図だけ乗っけておきますのでご想像ください(笑)。


縦軸がギア比、横軸がリアのギア位置。(ギア比が小さいほうが軽いギア)
左:50-34/12-25  右:50-34/11-28
黒がフロント変速をした時のリア変速の調整分です。

さて、フロントシングルのメリットはこう言うことも可能です。

重たいギアいらないよねー(笑)。
実際に使っていないギアあるよねーという方はぜひご相談ください。