WILIERが好調なわけ

えー実際にWILIER好調です、bici-okadamanでは。
その理由はステム長・ハンドル幅・クランク長の融通が利くからです(笑)。ありがたいシステムなんですよ。
OEM製品を組み込んでまで「安いです」PRされるよりも、ポジションフィッティングの部分で融通が利くほうがbici-okadamanとしてはお勧めしやすいです。
ステムの10㎜前後の誤差はいろいろな要因で変わってしまうことがあるので致し方なしなんですが、クランク長やハンドル幅ははじめから「これがいい!」っていう人も多いですからね。結局買い増ししなくちゃならないのであればそれはなんだかなぁでしょう。まぁそういうメーカーがほとんどなので、WILIERを取り扱っている服部産業さんが奇特な代理店なんですが。

LUNA Alumiは完全な女性向けというわけではないですが140㎝台~160㎝までの身長の方にも合わせられるようにということで設計されているモデルです。

これまでにsmrでグループライドをしながらいろいろな方のフォームを見てきた知見がこのバイクのセッティングに詰まってます。
女性向けのセッティングの場合、サドルの座る位置が男性よりも後ろになることもひとつで、男性と同じセッティングをしてしまうと腰が窮屈に折曲り「ハンドルが遠い」という印象をもつ方が多いのが僕のつかんだ特徴です。
なので男性よりも見た目ではサドルを前にだしてあげないとちょうどの位置に来ないんですよね。また、ハンドルの向き、遠さなども最初のうちに考えてやっています。