NINER RLT9 ALLOY + フロントシングル

NINER RLT9 ALLOYをようやく組ませてもらいました(嬉)。
僕の試乗車もあるのでどうぞどうぞと言うのにこれで2台目・・・(泣)本当にいいフレームですよ、アルミも。
金属系のフレームですが、衝撃吸収はもともとタイヤが太サイズ化するのでそれほど気にしなくても良いと思ってます。実際にはちゃんと反応する剛性感のフレームですし。
なによりタイヤサイズが自由(~40Cオーバーまで)であること、ロード的なポジションがとりやすいこと(ツーリング目的だとエンデュランスロード位のポジションが一番楽という人が多いと思います)、キャリアや泥除けの取り付けが自由であること、バイクパッキングに向いていること・・・組み方によってはオールマイティなロードバイクとも取れますし、グラベルオンリーじゃないんですよ。

今回はロングツーリングに出かけることが多いお客様だったのとトラブルレス化を目指して・・・と考えての提案をさせてもらいました。
ディスクブレーキはしばらくは機械式(ワイヤー式)で。ローターを曲げての擦り音がちょっと気になりますが、輪行時にディスクパッドの間にシムを噛ませるなどの対策をしなくてもよくなります。
まぁ使い込んで気になるなら本体油圧式(ハイブリッド)のタイプに切り替えても良いかもしれませんが機械式には機械式のメリットもありますし。

もうひとつは、フロントシングル化です。
フロントシングルのツーリングバイクへの導入は変速比の幅の問題で微妙な点もありますが、メリットも多々あります。
トラブルに関して言えば大多数を占めるチェーン落ちはフロントの変速に伴うものが多いですし、フロントの変速で迷うことがなくなります(忘れるということもなくなるんです。これ意外と多いです。)
軽量化云々ではなくて「フロント変速を忘れていい」のはストレスの軽減に大いに役立つと思います。
そのために採用したのが、クランクだけスラムなんですが(苦笑)。

フロントシングルやらグラベルロードやら、ディスクロード・・・はベテランの楽しみ方でもあるのかなーとは思いますが、初心者には初心者の事情で絶対的にお勧めです。
乗ることに集中する、走る目的・フィールドを広げる、安全に寄与する・・・など説明させてもらいますので是非ご検討ください。

昨日のsmr(4月29日報告)

諸事情ありましてほぼ1週間blogお休みさせていただいておりました。
今日からまた再開していきます。

と、いうことで昨日のsmrの報告から。

昨日のsmrからまたまた高校生が初参加になりました。
先に参加している子の部活の後輩君だそうです。(自転車部とは無関係)
同じ高校からすでに4人目かな?もう1人いるんですよって話ですが・・・そんなに同じ高校でいるなんて羨ましいな。
それはともかく、トレ班はほぼジュニア勢、ツーリング班もゆっくり組となりましたので気持ちよくライドできました。
上の写真は出発前のミーティング。おもに班分けとちょっとした注意事項、あとは「さぁ行きましょう!」ぐらいです。

休憩場所その1です。蔵田(天王坂の頂上)。
いつもありがとうございます。ただ、こちらはあくまで暫定の休憩場所です。ここへ来るまで3.3㎞の上りがありますからね。
上りを登るのも登らないのも自由だよと言うことにしてあります。例えば、登りきる自信がなかったり、下りが怖い人がコースをカットできるようにしています。坂の手前にも休憩場所があるのでこのコースは使い勝手が良いんです。

と、言うことで帰路。
帰路は行きとは反対で緩い下り基調なのでペースが上がりやすいです。メンバー調整をもう1度行ってグループを小さめに設定するわけです。
特に速いグループは小さく(ペースが上がりにくくなるのと、一人ひとりが長く引くことができるように。)、ゆっくりなグループは危険度が増えないように前後をベテランの人が挟めるように。
という感じでしょうかね。昨日も無事にsmr終了しました。

早くも2019年の情報が

すでにサイクルスポーツ関連情報WEBなどでもアップされているので調べている方はご存知だと思いますが
2109年?情報として「CARRERA」の新規情報がbici-okadamanにも届いています。
と、言っても紙情報なんですけどね。
正直、生情報を手に入れるのは難しいブランドになっているのかな…とは思います。
店頭で並べるにはちょっと難しいところがありますから。
でも、形状やカラーリングの魅力は相変わらず独自性を歩んでいるのでその辺で期待しておきましょう。

と、言うことで。

本日のsmr &今週(22~29日ごろまで)の予定です。

今日のsmrは12名+1名(笑)の参加でした。(終了後に来ましたので参加と言えるか?)
トレーニング班が7名、ツーリング班が5名という形。ツーリング班が常連メンバーだったので今日はぼくもトレーニング班のほうに入れさせてもらいました。
1~2か月に1度くらいはトレーニング班のほうで走ることができたらとは思いますが、なるべく多くのグループに入りたいと思っていますので、「一緒に走って、見て欲しい」と言う方は声をかけておいてくださいね。

今日のトレーニング班は行きは中途から6名(登り気味なので脚力的にきつい状況なら無理することはないです。帰路だけトレーニング班でもOK、と言うことでフレキシブルに対応していただきました)
高校生~20歳までが元気なのと、今日のトレーニング班のエースが強くて・・僕は無理に前を引かないことにしましたが、メンバーが入れかわった状況でもだいぶペースが戻ってきていることを実感しました。単純に強いメンバーがいるというだけではなかなかペースが維持できるわけじゃないんですね。今日は最後の最後まで脱落メンバーが出ずに人数が揃えられたのがペースを維持できた要因ですし、グループのメンバーを相対的にみて自分の力を理解できているときほどペースが速いです。先頭交代練習はただ機械的にぐるぐるとローテーションしているわけではなく、グループの中で自分が果たせる力や役割を理解するということも大事だと思います。と、言うことでペース維持もそうですがメンバーが崩れずに最後までまとまって走れている、そして列がくずれることが少なかったのが今日はよかったなーと思いました。

休憩場所に一度着いてから、ツーリング班が上ってくるのを出迎えに?下り返して最後尾から登ります。
登ってくる人にもなにかしら声をかけて走っていますが・・・時々目線も合わせてくれない人が(苦笑)。
ただ、声をかけてもらうだけでも上る人は元気になると思うので、下る人はちょっと考えてもらうと良いなーと思うのですが。
これは個人的感想なだけですけど。

さて、今週の平日は予定作業が新車組立・オーバーホール作業・コンポーネント組み換え・・・とフルセットで入っております。
ゴールデンウィークにそのまま突入してしまいますので、ゴールデンウィーク中の作業については「時間的な確約ができない」と思われます。
それでも良いよ~という方はお受けしますのでお早めにご相談くださいませ。予定より1~2日程度時間をいただく可能性があります&部品の取寄せなどができませんのでゴールデンウィーク明けの可能性もあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今週末は通常通りの営業です~

なかなかblogアップのネタがなくてすみません(苦笑)。
モノが届いてないものが多くてですね…。

来週はフロントシングルのバイクが2台納車予定、ディスクブレーキ&28Cロードタイヤのネタ・・・と豊富にお送りできそうです。
フロントシングル、「バイクに乗ること」に集中できて良いですよ。
もう、かれこれ30年オーバーのロード歴でもフロント変速は「難しい」と思っています。
昔に比べたら、手元変速になり、変速レバーも操作感が軽くなり、変速時にチェーンが落ちることも減り(無くなることはありません、プロレースでも落ちるでしょ?あれば整備だけの問題ではないのです)・・・よっぽど使いやすくなりましたが、それと同時にリアディレーラーの変速性能も上がっています。リア変速はもともとが素早く、細かな変速ステップと機構をもっていますからどうやってもフロント変速の矛盾が僕は気になってきたのですよね。

まぁ、まだ完成車仕様に採用されることはありませんし、万人向けとは言えない部分(その人に合わせたカスタマイズが必要なのが玉にきずです)もありますので、「おもしろいよ」とだけ言うことにしています(笑)。

今週末は通常通りの営業です。11時~20時開店しています。

本日定休日です。

ちょっと出かけるまで時間があるのでちょっと雑感。

今週後半はロードバイクの1台組立て。フレーム売りのものを持ち込みパーツなどと合わせて組み立てます。
今回はガンガン乗るためのロードではないのでフロントシングルで行っちゃいましょう!と言うことになりまして・・・。ぼくとしては楽しみでもあります。

と、言うことでぼちぼちと作業開始であります。

あ、今日は雨天のため午前中はジムに行って、身体のお勉強+メンテナンス、午後から少しは乗る予定です。

来週の予定です~。

来週はオーバーホール&コンポーネント組み換え作業が入りましたので、オーバーホール作業はゴールデンウィーク明けになる予定です。
新車のご相談だったり、修理・メンテナンスのご相談だったりはオーバーホール作業とは関係なく対応させていただいていますのでいつでもお気軽にお立ち寄りくださいませ。
「新車をゴールデンウィーク前に間に合わせてくれ!」でもまだ何とかなるかなー(笑)というところですよ。
それからゴールデンウィーク明けくらいからトライアスロン関係ではそろそろ海スイムの練習を始めようかと思っている方もおられるかと思いますが、ウェットスーツの在庫が少々ありますのでお気軽にご相談ください。ここまでの経験で「サイズ表が全く役に立たない(苦笑)」という感じで、アウトレット価格で出せるものもあります。試着可能です。

今日は17日連続でのライド~(と、言っても休息日なども設けているので毎日ハードに乗っているわけじゃないですけど)。
昨日、取り付けをしたシュラフを重りにして、ゆっくりと試走ライドに行ってきました。
僕はかなりアップバー(フラットな部分)を握るのでシュラフが邪魔にならないかどうか・・・と思ったのですがやっぱりちょっと手に当たりますね。
少しだけハンドルと離れてくれれば邪魔にはならないかなと思っているのでDIYでなんとかしてみようとおもいます。
グラベルロードの良いところ、ワイドタイヤ(今は33Cを装着していますが)の良いところは、重量物を取り付けてもあまり操作性や走行性能に影響が出ないところです。
ハンドルバーへの取り付けが上手く行っているというのもありますが、下りでも安定してハンドリングができますし、ディスクブレーキの恩恵が大きく止まることの不安感がありません。
あと、重量が増えても走行抵抗がさほど増加したという感覚がないのも良いですよ。
ツーリングロードとしての活用ならグラベルロードを活用されることをお勧めします。

 

久しぶりにエントリーしました(w

ちょっと先の予定です。

バイクナビGPのツールドエコパエンデューロに参加することにしましたよ。
5月5日開催の1時間エンデューロです。(理由は1時間くらいしか持たないだろうなーということと営業時間前に戻ってこれそうだからです笑)。
http://www.bikenavi.net/02Ecopa2018/index.html
5月5日の営業時間には響かない予定ですが・・・ダウンしていたら営業時間遅らせます(苦笑)ご承知おきください。
また直前になったらおしらせします。
エンデューロといっても1時間なので周回遅れにならなければロードレースで考えても良いかなーとは思いつつ。あと3週間ほど頑張ります。
レースは12月に新城のシクロクロスに出ているのでまぁ落ち着いて走れると思うんですけどね…。

もうひとつ、4月のつもりで考えていたのですが5月に入りそうなイベントが…。
どこかの週で火~水の予定でキャンプライド行ってきます。
こちらも徐々に準備中です。とりあえず、ソロキャンプの予定ですが、まぁ一人で遭難しないように楽しく行って楽しく帰ってくる予定なので天気予報と家族の予定次第で日程を決めます。
と、いうことで「いつ?」がまだ定まりませんが決まり次第、bici-okadamanのお休み予定をお知らせします。(火曜日1日どこかで休むことになりますので)

ちょっと悩ましいのがシュラフの固定方法。
ウルトラライトでもっと軽いものを用意すればたしかに良いんですが、僕の場合身体もでかいし、当然良いのは高価だし(笑)。
いや、それよりも厄介なのはフロントへの固定方法ですね。アピデュラやACEPACなどからも出ているロールバッグ方式だとドロップハンドルとの相性が微妙なようです。
現状ではポーセリンロケットのものを使う予定でいますがこれもただハンドルに巻き付けるだけなので、アップバーがちょっと握りにくそう。
DIYでアダプタを作ってハンドルから数cmほど離したいですが、ぶら下がっているだけなので振動への対策も必要そう。ちょっと検討中です。
ちなみにこの正面に小型のバッグを取り付けることで貴重品や小物系を入れるのは重宝ですね。まだつけていませんが。

比較的費用を安価にまとめてバイクパッキングをしたいのであればACEPACがお勧めな気がします。
下記の写真のものでLサイズですが、540㎜トップ位からちょうど良さそうです。(ただ、このモデル、受注WEBでみると在庫限りみたいですが)
普段使いでつけっぱなしでも良いですし、ロングライドの時には小物類を持っていけるのでとても重宝です。
分散して荷重がかかるのでカーボンフレームであってもほとんど問題ないですね。ボトルの取り出しにくさはちょっとありますが…サイズ次第という感じ。
(ポーセリンロケットと比較するとちょっと上下方向の長さがあります)

今日はそんなところで。

パワーメーターはないけれど(TRIMPの活用を考える)

さいきん、バイクが2台体制になって(ランは逆に走っていません)、パワーメーターの使用を取りやめています(P2Mが長期使用でさすがに内部断線したようです)。
この2週間きちんと毎日バイクに乗るようになって、そろそろトレーニング量によるトレーニング蓄積量と疲労蓄積の評価をしたいなーと思ったのですが・・・。
パワーメータを使用していないのでTSS/TSB評価ができず・・・。
TRIMP/TSB評価できないかなーと探してきてようやく見ることができました。

TRIMPって?
パワーメーターによるTSS(トレーニングストレススコア)と同じなのですが、トレーニングによる心拍変動に重み付けをして積算したもの・・・で大まかに理解すればいいですかね。
距離や走行時間だけとは違い、「強度」の概念が入ってくるので大雑把には「強度」を「時間」で積分したものと言うような形になります。
高強度のトレーニングはその分を重みづけして(例えば強度2~3の間は×1.2をかけてやるなど)あげると、短いけど強度が高い割合が強い日はそれだけハードなトレーニングをしたということですね。
その分、回復のために要求される休養時間が長くなります。(完全休養すべきか、強度を抑えてやるかは少なくとも数値上読み取りやすくなります)
強度はパワーでも心拍でもOKでしょ?(厳密にはずれが生じます)
このメリットはむしろバイカーよりもトライアスリートにとって有効なんです。
パワーメーターが必要なTSS評価と違って、TRIMPは心拍ベースなので全競技(ランもスイムも)計測可能です。
ランで頑張って次の日バイクだからいいやってこと・・・でも実はないんですよね。
その辺はデータと突き合わせて確認しておくことが有効だと思います。

もうひとつ絶対的に必要なのは「主観的疲労評価」だと思います。
過小評価しがちですが、「今日は疲れてるなー」「今日は頑張れそう」「走り出したらよかった」「体のここがちょっと痛みがあるなー」などの情報もきちんと押さえておくべきです。
1~5で評価しておいてもいいです。
数値的なデータと照らし合わせると、今の評価はこのくらいだけど自分の感覚は疲れてるって判断するんだなーなどとより深く身体のことがわかってくると思います。
血圧だったり、安静時心拍も大事なんですがね。
パワーメーターはなくてもトレーニングには絶対的に心拍データはとって置いたほうが良いですよ。
と、言うことで。