女性向けサドルのセッティング

女性トライアスリートのサドルセッティングしました。(写真撮るのを忘れたのでちょっと他の画像になってますが)
仲間の女性トライアスリートの方に「ポジション治してもらいな!」って言われてようやくその気になった?ようなんですけどね(笑)。

bici-okadamanで以前から女性向けのサドルセッティングで試していることがあります。
多くの場合、男性と女性ではサドルの座る位置が違っています。
女性用サドルに変えたとしても女性の場合はサドルの後部ぎりぎりに座られる方が多いです。だからサドルを見た目でつけてしまうと「後ろ乗り」になりすぎる傾向があります。
ハムストリングに負担がかかったり、腰痛がきつそうなフォームになったり・・・と、自転車から降りてもらってバイクを見ると不思議と普通のポジションに見えるんですけどね。
以前はサドルの使い方を指摘していたこともありましたが、もともとそういう使い方をすると割り切ってサドル位置を決めたほうが動きも良いので、最近は敢えて前にセットすることが多いです。
もちろんローラー台に乗ってもらってフォームチェックしたり、バイク操作を実走で試してみてもらいながら決定しているのですが。
この辺は個人差があるので、サドルの座り方を見ながら慣れてきてまた変化するようなら修正が必要ですね。

オフセットのあるシートポストはほとんど限界で前方に、オフセット0のシートポストでちょうどいい。
というパターンが多いのです。
座る位置が男性より後方になるので乗車前の見た目ほど前乗りにはなっていないです。座ってちょうどいい(座っていたくない)位置を優先するべきですね。
トライアスロン系前乗りに変更しようとすると実はロードバイクではサドルの前出し量が足りないケースも多く、最終的にはTTバイクかな・・・というケースも多いです。
ただ、最初からTTバイクを勧めるのも乗り慣れる問題やコストの問題もあって難しいのでその辺は工夫してますけどね。
なんとなく乗りにくい、特にハンドルが遠いという方は相談してみていただけると…。