CEEPO(2019ラインナップ出ましたよ)

日本発のトップトライアスロンバイクブランドであるCEEPOの2019ラインナップが、価格も含めて発表になりました。
ハワイアイアンマンなどではいよいよ新型バイクで走るトッププロがみられることでしょうね。CEEPOバイクはわくわくな1年になりました。

CEEPOのトップレンジのバイクはディスクブレーキ化とともに未来的なデザインを纏って登場してきました。
Shadow-R (フレームセット¥720,000、Dura-Ace Di2/油圧ディスク仕様、ホイールレス¥1,180,000ともに税抜)。
これまでの自転車の常識だったフロントフォークがステアリングと車輪軸をまっすぐに繋いでいるという構造を取っていません。

すでに動画も上がっているのですが細かなことはお店のほうで力説させてもらいます(笑)
特にミドル~ロング向けに効果を発揮すると思います。構造の難しさ故に主流になるとは思えませんが効果の高さは無視できないレベルなのでは。(僕も乗ってみたい・・・)。
ディスクブレーキ仕様になったからこその構造ですが、今期はノーマルフォーク仕様もあるそうです。


そのほか、今期はVIPER、KATANA,が継続、MANBAにはディスクブレーキモデルとしてMANBA-Rも登場します。
特にロードバイクからTTバイクへのステップアップをお考えのかたでブレーキ操作が苦手と言う方にはMANBA-Rもお勧めです。
油圧ディスク化してしまえば、ブレーキ操作がよりしやすくなるので落ち着いてバイク操作することができますからね。
と、いうことで全モデルの詳細はすでにショップのほうで把握することができるようになりましたので、どうぞご相談くださいませ。

TTバイクを早めに準備することの大切さは・・・「マラソンシーズンでトレーニングをマラソンだけに偏らないようにする」意味合いでも重要かなーと思います。(ラン系の選手に多いのです)
バイクの競技時間は全競技の中でもっとも長いので、バイクの走行スキルを上げることは効果的でもあるんです。
特にロードからTTバイクへのスイッチを考えている方は年末までにバイク練習をスタートする方が良いですよ。(冬場は良い風が吹いています^^;)