本日の営業はこれまでと言うことで

本日(9月30日)のbici-okadamanの営業について、18時30分を持ちまして終了といたします。
すでに大雨・暴風警報が発令されていますが、焼津も高草山のふもとは風もなくて静かなんですよね。
とは、言えすでに人通りも車の通行もない状況なので営業を終了と言うことで・・。

なお、明日10月1日は事情により臨時休業とさせていただいております。
今週の営業は10月2日、4日~となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今日はさすがに午前中にお客様が集中していました。
一時期話題がストップしていたパワーメーターですがまた徐々に質問や問い合わせが増えてきました。
僕の個人的な推しは
・POWER2MAX
・ROTOR
です。どちらも汎用性に優れていて、ブレーキのシステムに影響しないこと、故障歴が少ないのが魅力的です。もまた、電池が一般的なものに変わったことも大きな要因ですね。
Power2MAXはクランク長を変更する可能性がある人にお勧めです。故障時の交換プログラムも魅力的です。
ROTORについては最上位機種はもちろんQ-Riingsの使用を考えている方にはうってつけですが、軽量性やチェーンリングの種類の豊富さが武器でしょう。
と言うことでそのほか、使用するアプリやトレーニングなどのポイントについてもご相談どうぞ。

本日のsmrは台風&天気悪化予報のため中止でしたが・・・。

今日のsmrは事前の情報通りに中止とさせていただきました。
なお、bici-okadamanは大雨(洪水)警報がでてくるまでは通常通りの営業をいたします。

・・・そうなんですよね、どうも午前中は天気が「持っていたのかもしれない」んですよね。
8時にはJr.メンバーが1人「中止ですかー!?」と来ました。
中止と言うことでちょっとトレーニングの打ち合わせなどをしておしまいにしたのですが、そのあとも一向に雨が降ってこない(笑)。
どうやらできたかもしれないね・・・。
今年はこういう天気が多すぎです。天候が読めません。

プレステージ新城のおかげで、天候の悪化、路面状況の悪化、舗装・未舗装・・・まぁあまり関係なくなりましたが、さすがに毎週バイクを洗うのは勘弁です(笑)。
今日も営業しております。年末~2019に向けて新型バイクのご相談も是非どうぞ。
来年モデルはディスクロード&グラベルロードが充実しています。

明日の営業について~(台風のため様子を見ながらの営業です)

台風24号が関西から北陸への上陸コースになっていますね。
明日の営業はこの台風24号の動きを見ながらの営業とさせていただきます。
今のところは午後3時ごろまでは営業見込みで、その後は大雨・洪水・暴風の各警報しだい営業中止とさせていただきます。
大雨・暴風警報出るの早すぎ~(予防的措置?)と言うことで天気の様子をみながらもうしばらく営業続けます。

またアメダスの様子を見つつになりますのでよろしくです。

今週末のサイクルイベントは軒並み中止となってしまいました。
唯一?シクロクロスだけが「今のところ開催予定」らしいです・・・が、泥仕合確定ですね(苦笑)。
さすがに無理との判断はきちんとされるとは思いますが、特に個々で走られている皆様も判断を大事にしてくださいませ。
smrも今の時点をもって30日は中止とさせていただきます。

そろそろなんとか晴れてくれよーと思ったら台風25号が発生。
また同じコースを辿るんじゃないかとのことで…いつになったら天気が回復するのでしょうか。
今年は自転車趣味にとっては大変な1年です。

定期的なメンテナンス(チェーン)

ひとつ、イベントも終わりましてしばらくはメインバイクをNINER RLT9STEELのほうにしようと思うので、いちどそちらのメンテナンスをしようと思います。
今回はチェーンとその周辺(ドライブトレイン)のクリーンアップについて。

以前にWAKO’Sさんの洗車講習会に参加された人には聞いた話かもしれませんが、最低でも300㎞程度に1度はバイクをクリーンアップしたほうが良いですよと言うところ。
いざ、実践しようとすると意外と間隔が短くて僕でもさぼりがちになってしまいます(苦笑)が、やっぱりやりましょう。

完璧である必要はありません。手順にそってやればチェーン周りなら10分もあれば大丈夫だし、全体でも30分から40分見ておけば大丈夫です。
こまめにやられている場合のほうが時間が短くて済みますし、長期間クリーンアップをさぼると大仕事になってしまします。
(オーバーホールの時も実は差がでるので、受け取りの時にまずは汚れ具合を確認をしているのです。どのくらい時間がかかりそうか、部品交換がひつようになるかどうかとか。)
次回に走ってみればすぐにわかります。チェーンは歯車と噛みこむために、オイルが回っていなければキリキリと音がしますし、砂や土、埃がオイルと混じって強く付着していると「じゃりじゃり・・・」と言うような感じでお供感触も残ります。でも、それは「良い状態の時を知っているかどうか」も大事ですね。

用品はこのWAKO’Sで揃えるのであれば+ウエス(ぼろタオルなどでOK)です。
・チェーンクリーナー
・フォーミングマルチクリーナー
・チェーンオイル
・ラスペネ(マルチオイル)

チェーンクリーンの商品は様々なブランドから出ていますが、使い方を間違えなければどれもきちんと用途を発揮してくれます。
ただし、灯油だったり、パーツクリーナーは今は使わない方向になっています。
灯油は洗い流すという意味では能力も高いのですが、逆に必要な油分を落としすぎるという問題もあります。もうひとつは廃油の問題も。
パーツクリーナーはジェット噴射で飛ばして落とすと言う点で使う人も多いのですが、水分を含んでいたりゴム成分を溶かしてしまったりと言う点で部品の劣化が早まることも考慮に入れたほうが良いでしょう。
作業後に水置換性のオイルなどでリンク部の保護をすることが多いですが、やはり1年~2年に1回はオーバーホールをして部品の動きそのものをチェックするのがベターかな。
チェーンオイルが本当に効果を発揮するのは「きちんんと洗浄してから」です。様々な性格の違うオイルがでていますが、大事なのは以前のオイルやほこり・汚れと混ぜないようにねと言うことですね。
と、メンテナンスについても気を配って、秋の長雨後のライドに備えましょう・・・(もうあめやだー)。

 

 

今週末の営業・smrについて(と、10月1日の臨時休業について)

今週末(9月29日、30日)の営業についてお知らせします。
今週末は通常通りの営業になりますが、「当地にて暴風雨に関わる警報」が出ている間は営業をお休みにさせていただきます。
また、smrも通常対応なんですが、天気予報上は「暴風雨」だそうですのでこちらも現時点では中止の予定になります。
今週末、八ヶ岳GFや、志賀高原、浜松などでもイベントがあるんですけど、実施が難しそうですね・・・早くも関西のイベントは中止の発表が出ている、ついていない週末になりそうです。
それ以上に台風への備えも気を付けておかないといけませんね。Rapha Prestige Shinshiroが本当に先週で良かった・・・というところです。(店主ロスってます。)

もうひとつ、お知らせです。10月1日は所用によりお休みをいただく予定です。
申し訳ありませんが、来週の営業は月曜日もお休みになります。

今朝からNINER RLT9 STEELに乗り始めました。
もうすぐ1年です。そろそろタイヤを変えてチューブレスにしていきます。冬場の間はこちらのバイクに乗る機会が増えると思います。
こちらのバイクでも普段と同じコースを走っていて-1~2㎞/hのダウン程度です。ロードレース(バイク)のような加速性、軽量性はありませんが巡航性はありますよ。
なにより、積載能力、安定性が高いので冬場にいろいろな道探索をするのに都合が良いのです。今回のRapha Prestige Shinshiroを走って「新しい道を走ること」の面白さを再認識しました。
近いうちに、先ごろ用意したチェアとガスストーブを積載して朝ライドをより楽しむ仕様にしたいと思います。

今回の機材編。(フロントシングル)

さて、一昨日のRapha Prestige 新城では、「グラベルロード推奨します」とは一切なくともまさにグラベルロードサイクリングだったのですが(笑)、僕をはじめメンバーは全員が普段使っているロードバイクで出ました。他チームも基本的にはロードバイク。主宰側も普通に「さぁ行ってらっしゃい」ですからね。凄いイベントだと思います。

今回僕が試した機材的には「フロントシングル、1×11」で走りました。
距離150km超、グラベル込みでの獲得標高が3500m台(グラベルでの走りの重さは1.5倍くらい効いてくるかも^^;)です。
ひとつひとつの登りは短いですが、パンチの効いた激坂あり、グラベルでの登りあり。平地も短いながら三ケ日~浜名湖畔を走りますので、かなりのバリエーションをこなすことになります。

普段はよりトレーニングよりで48/11-30(訂正46/11-30です)というギア比を使っていますが、今回は46/11-34で(gruppo bici-okadamanでは同じギア比でもう1人)臨みました。
結論から言うと、グラベルも考慮してのサイクリングという意味ではフロントシングルはすごく使いやすかったし、まだまだ工夫のし甲斐があると感じます。

1.トップスピードを求めるセッティングはいらない。
平地や下り坂ですっ飛ばすようなセッティングは要らないですね。今回使ったギアでもトップギアは全く使用していないですし、もう一つ軽い44Tを使っても良かったかもしれません。
グラベルロードで参加されていた人にもフロントシングルの人がいましたが、40や42でもトータルではペースは変わらないですね。
2.平地の巡航スピードに合わせたトップ側のギア比でOK。
上と同じなんですが、リアのワイドギアでもトップ側の何枚かはステップ歯数が1枚繋がりです。(多少比率に直すと違いがあります)
フロントに50、52を入れていると巡航時のギアはミドルギアを使うのでステップで見直すとフロントシングルでも大差がないことになります。
3.ロー側のギアはグラベル路面によるが、ロードバイクでグラベルは1:1ほどのギアは無意味。
グラベルロードの場合タイヤが太くてバイクが安定します。なのでローギアに超軽いギアを入れておくのは意味もあるかもしれません。(バランスして乗っていられます)
ロードバイクだと超低速ではバイクが安定しずらいのと、上り斜面ではどっちみちスリップしてだめですね。もう1つ軽いギアを入れても良かったかなとは思いますが、1:1のような軽量ギアでは使えなかったでしょう。
歩いたほうが正解です(笑)。

フロントシングルにするメリットは変速の明快さもあるかなと思います。
フロント変速を考える迷いがありません。登りの入り口、下りの入り口でフロント変速するだけでしょ?って人も多いのですが、実はフロント変速は「トリム調整」が必要なのです。
インナートップ、アウターローでは必ずフロントの変速機にチェーンが当たって「チリチリ」と音を発生しています。本来は避けるべきギア比ですが、かなりの人が平気で使っています。
フロントシングルはそれをわかったうえですべてのギアを使いますが、その分フロントのチェーンリングは特殊な歯をしているわけです。チェーンが脱落しにくく、トラブルが出にくくなります。
使いこなせるギア比だけを残したことで入っているけど使わないということも減ってきます。

だいたいこんな感じでロード版のフロントシングルのサイクリング運用、とてもいいですよ。

ちなみに、グラベルロードはやはりディスクロード&ワイドなクリアランスが良いですよ(笑)。

何度、泥詰まりを起こして泥を掻き出したことやら・・・。

rapha prestige Shinshiro 行ってきました。

今日は通常営業しています。

Rapha Prestige Shinshiro (ラファ プレステージ 新城)に参加してきました。
サイクルウェアブランドのラファが主催している、サイクリングイベントです。
4-5人のチームを組んで、困難に立ち向かいましょう的なロングライドなんですが、多分初めて東海地方での開催と言うことでわくわくとチーム編成を始めたのでした。
今回のメンバーはグラベル経験・耐性があるY,O君+僕と、若さと勢いクライマーのI,N君。
で、9月23日早朝(3時前)に岡部藤枝I.C.から新城のモリトピア愛知(トレランをやっていた頃では新城トレイルでもなじみの場所でしたね。)。
4時受付、4時30分から小声で全体ブリーフィング、5時から2分おきに1チームごとスタートして僕らは48分スタートという形。

装備自体は、普段のロードバイクですが、事前情報からグラベル向けにタイヤは全員25C~28C。フロントシングルのO君と僕はリアをワイドギアに変更しています。
通常あるはずのエイドステーションもなく、コンビニも1か所はあるもののそれ以上は期待できないのでそれなりに準備。
もう一つ、特徴的なのは「事前のコース図はGPSのデータのみ。コースの矢印等一切なし」なので全員GPSのナビ機能をONに。

前半の景色の良いところを走る際には写真を撮っている余裕がまだありました・・・。ちなみにこの時点ですでにミスコースを2回ほど(笑)。
ナビ機能の曲がるタイミングがわかりにくい、コースが同じ斜面にある道を示していてどちらの道かわかりにくい・・・と。

序盤の試練はいきなり「行き止まり」とある市道・・・。行き止まりじゃなかった。グラベルの始まり。砂利や、砂地、泥地・・・。
今回のコースのために何か整備してあるということがありません。
周りにはパンクするチームも出始めますが、僕らのチームはパンクの代わりにミスコースの嵐(笑)。
普段、ナビを使わないで走っているのでこれはもっと練習が必要です。

こちらも前半のグラベル区間。
ぐったりした表情が物語る、間違って出てきちゃった感(笑)。

唯一の平地区間と言っても良い三ケ日~浜名湖西岸もあっという間に登りとともに引き返し、また山の中で戻りまして普通の登りでもこのぐったり感。

 

後半のグラベル区間は距離も長く、登り・下り、がれ場、水たまり、泥、砂利地獄・・・とありとあらゆるグラベルを堪能しました。
もうやってらんねーぜ。

後半はもう写真を撮ってる余裕もなく・・・(笑)。


無事5人でゴールしました。
制限時間まであと20分少々残してのゴールでした。
約150㎞、獲得標高が3500m前後。(グラベル区間が約20㎞の様子)
パンク、バイクトラブルはなしが幸運でしたが、細かなミスコースを10回以上・・・(笑)。
グラベル区間で落車が3人。(ばんそうこうの擦り傷程度?)
コース中盤での頭痛が1人(途中で治った?)

コースオーガナイザー、主催の皆様ありがとうございました。
普通のロングライドのイメージとはかけ離れたライドでしたが、素晴らしい体験でした。
まぁ、普通の人にお勧めできるかと言ったら・・・バイクに泥は詰まるし、細かい傷は増えるし、パンクリスクは半端なく、苔のスリップなど、本当に体力さえあれば安全に走り切ればなんとかなるというイベントと違います。
なんで誰でも勧められないですけど、僕ら自身は「これでたとえロードバイクであれ走れないフィールドは確実に減ったね」と話しがでました。
もしくは、素直にグラベルロードで楽しもうということでしょうかね(それでも苦しむそういうイベントだと思います(笑)。

さて、またしばらくイベントが開きますが楽しそうなイベントがあれば参加しますよ。
人数が多いイベント、みんなで行こうよと是非smrの時にお誘いください。

CEEPO2019の情報は

2019のCEEPOはカタログ等の情報が少し遅れているそうですのでFACEBOOKのCEEPO JAPANのページを参照くださいね。
注目のSHADOW-R、定番のKATANAについても詳しく説明がなされていますが、バイクがちょっと苦手なトライアスリート向けとしてはMAMBA-R(ディスクブレーキモデル)もおすすめです。
走力的に苦手なかたというよりも、なんとなくトレーニングに行きにくい、公道を走るのが苦手、下りが苦手と言う方でも次のステップを踏みたいよと言う方はいますよね。そういう人にぜひおすすめです。ブレーキ、そしてタイヤの太さによる安心感はこれまでの「細いタイヤ」のロード感を一変してくれますよ。

今日、ちょうど日本向けの情報がアップされていますのでぜひ!

明日はお休みですよ。

明日はお休みさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

と、言うことでバイクの準備も終了しました。
明日の仕様は「ロードバイク」と言うことでこんな形で。

獲得標高が4500m越えを予想しているのでフロントシングルで46/11-34の組み合わせにしました。
gruppo bici-okadamanからは2人がこの組み合わせになる?と思います。
途中、グラベルも予想されていますが、タイヤは普段から28Cチューブレスを使っているのでそのままで。
メンバーは26Cのグラベルキングの選択もありましたね。パリ・ルーベを思えばこのくらいのバイク装備で何とか走れるでしょう(笑)。
荷物にかんしてはサドルバッグへなるべく入れることにしています。僕は背中に荷物を背負うスタイルが(背中痛を起こしやすくて)だめなので普段のロードスタイルを崩さないようにしています。
コースについてはすでにライダー間で共有されているのですが、まだ公開はしないでねということなので走ったらね。
スタート時間とゴール時間に早朝と夕方の時間が含まれる可能性があり、ライトも必携です。
今回はロードスタイルを崩さないように走るのでこのような形で。(普段からタイヤもそのままなので、新城仕様なのはギア比だけですね。)

 

さて、2019年版のJAMIS BIKESのカタログが到着しています。
2018年から継続のRENEGADE EXPLOREを試乗車に置いています。グラベルロード・アドベンチャーロードとしては王道的なモデルです。
RENEGADEは、その性格を生かしてマルチな役割を持たせています。
旅バイクとしても使うことが可能だし、フィットネス的にはロードバイクとしても十分な性能を持たせています。
グラベル(ダートロード)を走るためには45C幅のタイヤをも使用することができるので、林道系走破にも向いていますし、通勤ロードでも耐パンク的、バッグの積載な意味合いで使いやすいモデルですよ。
これらのグラベルロードの流れを引っ張ってきたのはJAMISという気もしています。
いつでも試乗できますので(特にグラベルロードに)興味のあるかたは是非~。

今日は通常営業(~19:00頃まで)

今日はほぼ通常営業です。19時以降は明日のRaphaプレステージ新城に向けての準備を開始していますので営業終了が早まる可能性がありますよ。
23日(日曜日)はbici-okadamanはお休み、smrは自主運行日になります。
24日(月曜日)は新城から帰着しだいの予定ですが、10:00ぐらいにはこちらへ戻っているはずですので通常営業になります。どうぞよろしくお願いいたします。

代理店のほうでちょっと在庫がなかった・・・と言うことですが、明日に間に合った?
こういうものも取り扱っています。

Helinox チェアワン。(Mon-bell取扱い製品から取寄せ可能)

通常の折り畳み椅子に比べてちょっとシートを張る手間があるけど、その分座り心地も軽量性も高くて気持ちが良い!


明日も持っていく予定ですが、バイクパッキングで椅子とガスストーブ類だけ持って行って出先で本を読んだり過ごすのに最適な大きさ。
店にも広げて置いておくので立ち寄られた方はぜひ座っていってみてください。

・・・最近自転車の話題がとぼしいbici-okadamanでした(苦笑)。
あとでもうちょっと別の記事アップしまーす。