9月12日展示会から

9月第2週は毎年某メーカーの展示会に合わせて数多くの代理店が展示会を行うことになっています。(場所があちこちなので移動の手間が大変なんですが)
ここまできちんと情報を隠して?くれる代理店さんもありますし、すでに分かっているものしか並ばない代理店さんもありますし・・・。効率的に回ろうと毎年画策しているのですが。
と、いうことでいくつか気になったものをピックアップ。

JAMISは2019も継続取扱いの予定です(たぶん大丈夫)。
本国ではロードバイクのシリーズも充実していますが、日本へはレネゲード、アドベンチャーロード(グラベルロード)とMTB、クロスバイクが中心ですね。
特におおきな変更点はないのですが、ツーリング向けに特化したかのようなベーシックなグラベルロードはあまり他ではみない安い価格帯もありますのでお勧めです。
グラベルロードにはいろいろな使い方があるのですが、ツーリング向けが一般的になってきていますね。レース向けの軽量性もそれほど必要ないし、オフロードをガンガンという強靭性も・・、ロードに近いポジションで積載性も抜群(これはフレームの設計が上位から下位までほぼ同じなので)。もうひとつお勧めなのは通常のロードバイクよりも1サイズ小さい車輪サイズで140㎝~155㎝程度の方向けの自転車も用意していること。無理なくサイクルツーリングを楽しめるメーカーですよ。

COMMENCALはMTBブランドなんですが、bici-okadamanでは時々販売されています。
と、言うのもKid’s用MTBが素晴らしいものが多くでているからですね(笑)。
早くからKid’用にもきちんとしたVブレーキ、ディスクブレーキを搭載しているブランドで、子供用の体格にきちんと合わせて作ってあるんだなといつも感心してみているわけです。
価格帯の安いほうのモデルは敢えて?フルリジッドにして軽量性ねらい?上位モデルは大人顔負けのバイクに仕上がっていると思います。子供と一緒に遊びたいバイカー向けに(笑)。

ちょっとマニアックな話。新しく油圧ディスク用に出てきたSTIレバーのST-R7020 と、ST-R7025の比較。
右側がショートリーチSTIと呼ばれるST-R7025なのですが、要は手の小さい人用にブレーキを掛けやすくしていますよというレバーです。
ところが、手が大きいはずの僕でもST-R7025の方が持ちやすい。特にレバーを手に引っ掛けやすく感じます。手の大きい人でもありかもしれませんが、さてどのように展示?試乗?しようか迷います。

日本のウェアメーカー、RERICも来季はモデルが変わるものがあるよということで、展示会にお邪魔してきました。
こちらについてはまたおいおい詳細をいただけるそうなので追加で紹介もしていきたいと思います。
実はRUN用もあるんですよね。RUNアパレルも入荷可能ですので、ご相談くださいませ。
女性向けのモデルはちょっとサイズ選びが難しいということもお伝えしたら、またいろいろと相談にのっていだけるそうです。と、言うことでお勧めです。

国内にも初登場となる、ツールドフランスでも使用された2SPOKE。特にリアブレーキのダイレクトマウントとクランク式パワーメーターのバッティングに悩まれている方向けにお勧めなeebrake。
Power2maxもすでに所有されてて故障などで使用されていない、あるいは新モデルに変えたいと言う方に向けてのお得なプランが出ています。

・・・と特に今週は小ネタ的な新製品情報とそれにまつわる話もありますのでまたどうぞ~。