コンチネンタル

ContinentalがニューモデルGP5000を登場させましたね。
GP4000の登場以来なんと10年の時をかけて?のモデルチェンジです。(途中でS2とマイナーチェンジ版が出ていることになるようですがすでに記憶のかなた・・・。)
今回は23C、25C、28Cのクリンチャー版だけでなくチューブレス版(レディではない模様です、レディにしては重量が少し重いです)も登場。
さらに、650Cではなく、ディスクブレーキ版を見越しての650B仕様が登場になっています。
今回のGP5000からは、たぶん中心が25C、そしてディスクブレーキ仕様は28Cが中心になっていくものと思います。
2000年代後半のフレームではまだ23C以上の太さのタイヤが装着不可能なモデルが多いので23Cも残っていくものとは思いますけどね。
そしてチューブレス仕様もいよいよ登場で、タイヤに関しては決戦用などの使用は「チューブレス」に移っていくのかなと。

で、今回のblogを書いたわけ。
12月にはGP5000を代理店でも在庫開始になるそうです。GP4000S2の在庫はすでに代理店にはなく、すべて5000に移るとのことなので、そちらも承知くださいってことなんですが、

「GP4000S2の在庫があります」と、言うことで在庫セールをします。って言うほど在庫もありませんが(しかも中途半端・・・)
GP4000とGP5000の間くらいで(笑)。どっちを想像してもらっても構いません、気が付いた人だけです。