ようやく

bici-okadamanにも本格的な「エアロロード×油圧ディスクブレーキ仕様」モデルがやってきました。
SCOTT FOIL DISC。
今週は金曜から3連休という状況でもありますので組み終わりは余裕を見て火曜日以降になると思いますが。
油圧ディスクの配線とか、そのままで良いのかという問題もありますねー。
すでに油圧ディスク系のモデルは順調に数が増えて行っているのですが、グラベル・エンデュランス系どまりでしたので、ロードレースモデルはこれからでしょうね。
今期はツールド沖縄・市民210で「エアロロード×油圧ディスク」が勝利していますし(スペシャライズド・ヴェンジだからだと言われればそれまでですが)、実際に油圧ディスクとそれに伴う恩恵は市民系のロードレースにとって有効なんですよね。プロで広まりにくい要因も油圧ディスクに伴うホイール交換の時間増加と重量増を嫌ってとは言われていますが、レース中のホイール交換が期待できなく、距離・獲得標高がプロ並みのレースがない市民レーサーにとってはあまり重要視しなくてよい問題です。

油圧ディスクとそれに伴うスルーアクスル化は
・ブレーキ時のバイクの安定化、必要な握力の低減
・制動力の強化、コントロール力のアップ(特に初期制動の向上)
・ワイドタイヤ装着が可能なこと(による、制動距離の低減や安定化)
などに現れていると思います。僕もすでにディスクロードはNINERで先行しましたが、下りでのリスク低減に有効だと思います。
特に、レース系で迷われている方、下りが苦手な方にはディスクロードが今後のスタンダードになるのかなと思い勧めていきますよ。

まぁ、まだまだリムブレーキがなくなることもないですので好みの問題なんですけど、レース的な速さで考えるとエアロロード×油圧ディスクはリムブレーキを凌駕しつつあるのかなーと。

今週はFOIL見れると思いますよー。しばらくするとずっと見れるようになりますが・・・(まだ来てないのが・・・^^;)

心拍センサー使おう。

少し前からの体調不良がなかなか改善しなくて困ってる私です。・・・甲状腺炎?らしいですが、特効薬はないとかで。
せっかくトレーニング量が増えてきたのにまた元通り(苦笑)。もうちょっと養生します。

さて、最近またパワーメーターの話が増えてきたところですが、こちらにも注目です。
Garmin HRM-Tri。

スイム・バイク・ラン3種目で心拍が測定できるセンサー。
スイム時はセンサー内に心拍データを保存し、陸に上がってから統合する。
バイクではおなじみの心拍センサーですね。
ランは、ランニングダイナミクスとしてピッチ・ストライド・上下動・接地時間の記録も行うという心拍だけではない心拍計。

ネックは「プールでの使用が制限されていることが多い」のですが、トライアスリートならトラジャージを着用して泳げばウェア内で保護されるから大丈夫だよね。
ラッシュガードなどはOKになっているプールは多いのでいろいろ工夫すれば使えそうです。
また、トライアスロンシーズンに入ってオープンスイムではトライアスロン対応ウォッチとの連携でとても役立つと思いますよ。
たとえば、ストロークやピッチと心拍の関連をトレーニング中の記録を参考にまとめておけば、レース中のペース配分にも役立ちますよね。

と、言うことで、今日は自転車ネタじゃないけどこういうものも扱っているよと言うことで。

ROTOR(ALDHU/VEGAST)新型クランク

これまでbici-okadamanではROTOR Q-ringsを積極的に推してきたわけですが、今後も継続で行きたいと思います。
ROTORのクランクもとても使いやすいからという理由もありますけどね。

Q-ringsに代表される「楕円ギア」ですが、ペダリングにおける効率的な身体の使い方を考えるととても有効だと思っています。
自転車のペダリング運動は、クランクが3時(反対が9時)方向にある時は、自らの体重をかけやすく、また踏み下ろし動作もあってパワーがかかりやすい位置です。
逆にクランク軸が6時-12時にあるときは体重をかけてもペダルが進む方向と直角の関係にあってパワーを生み出すことができず、いわゆるペダリングスキル(ペダリング中の慣性と踏み込む方向を接線方向にするスキル)を持ってパワーを生み出すので、クランク軸が3時-9時にあるときと6時-12時にある時ではペダリング力は違うのが当然なんですよね。それを機材の力である程度平均化したのが楕円ギアというわけです。
現在の楕円ギアは他社も様々な理論でだしていますが、多かれ少なかれ3時-9時に生み出すトルクが大きく、6時-12時に生み出すトルクが小さくなるように設計されています。(逆に考えると踏み込みにくい6時-12時での反力が小さいのでそれ以降の位置で踏み込みやすくなると言うことですね。)
実際に、これで「脚が回しやすくなった」とか、「ペダリングがしやすくなった」という反応は多いのですが、まぁ魔法がかかるわけではありませんので気持ちの問題もあるかもしれませんが(笑)。
某「シティサイクルに装着したら電動自転車が要らないくらい坂(以下略」というほど宣伝するつもりはありませんが。(構造考えるとまぁ楕円リングと同じようなものかなとは思うのですが)

他社ではより強烈な形のものもありますし、楕円率をいくつも設定しているものもあるんですが、僕がQ-ringsを推す理由は、「バランス」かなと思います。
楕円にすることによるペダリングの違和感、変速のトラブルなどを考えるとクランクも含めて製造しているQ-ringsかなと。

と、言うことで新型です。


これまでは、フロントダブル用、フロントシングル用はクランクの時点で別モノでした(スパイダーアームだけ交換すればできたのですが、単品スパイダーアームが無かった)
新型からはクランク軸にダイレクトに取り付けられるので、フロントシングルもフロントダブルも同じクランクで対応です。
もちろん、今までのクランクでもできたんですけどね。チェーンリングの位置がダブルに合わせてやらざるを得なくてインナー側に寄るか、アウター側に寄るかってパターンもありました。

フロントシングル専用クランクに見えるよね。ちゃんとフロントダブルにもできます。
とってもスマートに見えます。

色々な組み合わせでご提案できます。(シマノクランクからポン付け交換も可能なんです)
どうぞご相談くださいませ。

P.S.今日は19時ちょっと前に閉店です。
おいべっさん行ってきます。(雨降らないで~)。

今日のsmr(11/18日報告)

今日のsmr、新メンバー1名をお迎えして、トレーニング組が6名、ツーリング組が3名でした。女子メンバー2名。
南アルプスロングライド組(Jr.も参加していたらしい!^^;)もあるのでツーリング組は少な目。
帰路はちょっと事情により僕を含めて2名先に戻りましたので編成を替えさてもらいましたが、女子組が新メンバーアテンドしてくれました。

ツーリング組は前半は僕がずっと先導の形をとりました。
瀬戸谷で地域のお祭りをやっていた関係で車の交通量が多く、ゆっくりメンバーだと追い越しも厳しいし、新メンバーがグループで走るのにはまだ慣れていませんからね。
何度か参加する機会が増えてくれば、少しずつスキルアップのためのアドバイスができるかと。

今日は家庭の事情で10時には戻りたいなと思っていましたら、競輪場のイベントに参加するY君もびく石で折り返しする・・・と言うことで
帰路は2人で。現時点ではsmrのエースY君、さすがに強くて僕はローテーションを崩さないように休んでもらう分だけ前を走るという作戦でギリギリでした(笑)。
前の状況も必要な分はきちんと教えてくれるので安心して走ることができました。

さて、明日の焼津は西宮神社の恵比寿講、ですよね。
ちょっと早めに終了(19:00前後の予定)して、お祭りに参加する可能性があります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Power2Maxあれこれ

Power2Max、NGecoを僕のバイクにも装着しました。
僕は以前使用していた初期型のモデルが、いわゆる「水没」で断線したようでしたので、リプレースプログラムに従っての更新です。
初期型ではなく、現時点で出ているモデルをお得な価格で交換できるというやり方です。
5年以上は使っていたようですので十分に役に立ったのだなと思いますが、その点でもお得ですよ。

久しぶりにパワーメーターを使います。(心拍計も合わせて・・・スイム・ラン兼用を用意しました)
トレーニング自体を楽しむための機材としても有効ですよ。
来シーズン(ロードもトライアスロンも)に向けての機材更新を考えるのは今が一番のタイミングです。
なぜなら、もっとも長く使えるから、機材に慣れることもできますし、とくにパワーメーターなどはデータの収集が必要ですから。
いきなり、むちゃな使用をしないでシェイクダウンもできるってことは、人間にとっても機材にとっても大事なんですよね。

さて、P2Mの機材メリットをいくつかみつけました。特にショートクランク派の方などにはお勧めです。
160㎜から2.5㎜刻みでクランク長を交換して試すことも可能ですね。
「クランク長を交換して走る」というメリットはP2M独自かもしれません。
気になる方は相談してね(笑

明日のsmr (11月18日予定)

明日のsmrは通常通り実施します~。
南アルプスロングライドの組がいますが、女子トラ組が参加~って言ってましたので疑似ツーリング組ができるのではないかと・・・(期待)。
トレーニング組は今週ではなくて来週のはずです。と、言うわけでやる気満々で参加でしょう(笑)。
天気も大丈夫そうです。

smrは基本的には「志向の違い」でグループ分けをしています。
・レース組(トレーニング組)、
・ツーリング組(基本はムキになって競争はなしです。初心者からベテランまで誰でもOK。アテンドライドに近いです。人数が多ければ速い組とゆっくり組にさらに分けます)
・トライアスロン組(一部はトレーニング組もいますし、初心者のほうはツーリング組でまずは一緒に走ってもらうところからもありますね。)
って所でしょうかね。
行先だけはほぼ一緒。トレーニング組はとちゅうで周回コースをこなすような形を基本に考えるようになりました。コースが変わっても同じ形をとりたいです。
かれこれ、10年以上続けています。
レースだけじゃない、ツーリングだけでもない、いろいろなロードバイクライドの取り組みを「取り込めるように」と思ってます。
なぜなら、「長く趣味を続けて欲しいから」。
参加希望は初回だけsmrに参加しているメンバーに誘ってもらうか、bici-okadamanまで希望をお伝えください。
普段は、参加・不参加の連絡はなしでOKですよ。

ROTOR 2019分が徐々に入荷中~

ROTORも新型チェーンリングを含めて入荷してきました。
まだ、クランクが入荷してきていないですがクランク&チェーンリングも「ダイレクトマウント」の時代ですね。
これによって、アウターとインナーのチェーンリングを「一体で」作ることができるようになりますがいくつかメリットはあるのでしょう。
考えられるのは
・アウターとインナーの歯間がずれにくくなって変速性能が向上する(と、ROTORはじめダイレクトマウント推進派はPRしています)
かなとは思いますけどね。
シマノなどではその分のクランク全体のボリュームを稼いで剛性向上を狙っているわけでしょう。
ROTORは予想以上に平べったいデザインで、スリムです。

もうひとつ、メリットなのかデメリットになるのかよくわかりませんが、
これによって、「フロントシングル」専用の歯が生まれやすいのかなとは思っています。
これまでだって、従来のクランクのスパイダーアーム位置に合わせた「フロントシングル用」チェーンリングが出てきてはいるのですが、スパイダーアームの大きさに左右されることが多かった。
今度は軸中心からチェーンリングをつくることができるので設計の自由度は増してますよね。
増したからなにができるのか?と言う気はしますけど。

さて、僕はどちらかというとQringsをよく使う楕円チェーンリング派です。
特にROTORはもっとも老舗な楕円リングですが、もっとも自然なペダリングを可能にする楕円リングでもあると思っています。
これまで勧めるにあたって様々な誤解や思い込みと戦ってきました(笑)。
どういう人に向いているか、どのように感じるか、いつでもご相談くださいませ。

今期はROTOR POWERも積極的に勧めていきますよ。

SCOTT SPEEDSTER

SCOTT入荷してきました。
まずはSPEEDSTER10(リムブレーキ仕様)。
このあといくつかモデルが続いて入荷していくと思います。
今期はだいぶグラフィックチェンジしましたね。
SCOTTのバイクの特徴と言うか、ロードの志向は早いうちから「ワイドタイヤ」です。
リムブレーキ仕様でも28Cが余裕ではまるようになっていますし、ディスクブレーキ仕様は32Cまで対応です。
SPEEDSTERはアルミのベーシックグレードを担うモデルですので、カーボンキラーと呼ばれるような仕様でもないですが扱いやすさには長けていると思います。
ポジションやフィッティングはご来店されたときに合わせるとして…。
アルミロードはだんだん「エンデュランスロード」モデルが多くなってきていて、レースで使いたいとかの用途だと調整が難しくなってきているように感じますね。
年々競技優先の「ロードレーサー」としてより、一般ライダーがどのようにでも扱える「ロードバイク」として正常に進化しているとは思いますが、レーサーは肩身が狭い?
実際に乗られると「扱いやすい」と言うことが一番初めに来るのかなーとおもいますよ。

PLR(プライベートレッスンライド)

今朝は、トライアスロンのお客様2名とのレッスンライドでした。
秋から冬へのこの季節はトライアスロン系の方はランニングに移行してしまってバイクは乗らないと言う方も多いんですが、トライアスロンはやっぱり3種目をきちんとこなしていく必要ありますよね。
そういってる僕がバイクばっかりなんで人のことは言えませんが…。

今日のポイントは「登り」と言うことでした。
トライアスロンでも登りが入ることは入るのですが、ロードレース(競技)などに比べて距離に対する獲得標高は少なく、どちらかと言うと平坦重視です。
近隣のクラブの方とも話をするんですが、「自転車の練習は登り」と言う人が多いですよね。
ロードであれば上りも重要ですが、トライアスロンのバイクパートはそこまで重視する必要性はないと思います。
むしろ、「平地→登りの切り替え」、「登り終わってからの下りや平坦」をスムースにすることが重要で、「登りの走力よりもペース配分」という方向性に沿ってレッスンを進めていきました。
すでにパワーメーターを2人とも装備が決まっているのでそちらとの関連も含めて、座学も少し。

パワーメーターが来たら、今度は「FTPの計測から~」と言うことなので、そちらの計測と分析も含めてまたPLRを受けてくださるとか。
ありがたい。どうぞ、よろしくお願いいたします。

今日の作業(11月13日)

今週後半は新車のお渡しのための組立に時間を使いたいと思っていたので、今日中にオーバーホール作業を終えました。
それ以外の単発のカスタム(と、言うか部品交換)は間に挟んで作業できるのですが、さすがに2台同時で全組立みたいなことはしたくないです。
今回は、いわゆるスチールロードでケーブル系がすべて外装でしたのでそれだけでも時間が短縮~だったのですが、メンテナンスと言うことで洗車をよくやられていた様子でしたので汚れの付着も少なくてその点でも楽でした。洗車が多い場合は注油(グリスアップ)には気を使いますが、動作確認も滑らかでしたので大丈夫でしょう。

さて、単発で交換作業が入るだろう、そのための準備です。

ここ最近では、走力のあるライダー向けに「52×36」→「52×38」を勧めています。
これは元の選手用ギア、53×39に近い考え方のギアです。特にフロント側のギアを1つ軽くしたところで大きな変化があるわけではないですが。
むしろインナーギアを使いやすくしようと言うことですね。インナーギアが34、あるいは36だと
34-12(インナー×トップ2枚目)×90=32km/h  ※インナートップはたすきがけ、チェンの弛みなどを考えて避けるのが良いです。
34-12(インナー×トップ2枚目)×90=34km/h
までと言う感じです。
インナー38にすると
38-12(インナー×トップ2枚目)×90=38km/h
で、ほぼ平坦でもカバーできることになりますね。レース中だとインナー→アウターのギア変更はタイミングが重要です。
登りの最中でするか、平らいなってからするか、下りに入ってからアウターにギア変更するか。
インナーギアを重くしておくと選択肢の自由が増えると僕は思います。
もうひとつ、フロントの変速が確実性を増すということも要因です。
まぁ、レース志向で考えるとと言うことですけどね。重くなった分はリアのスプロケットをワイドにして補うのがよろしいかと。

で、実はもうほとんどその組み合わせってないんですよね…。
インナー-38T、絶滅危惧種です。