2018/12/11 ツーリング組のsmr

smrの冬活用についてちょこちょこと書き始めました。前回はケイデンス練習やろう、みたいな。あと、トライアスロン部。

ツーリング組の活用がちょっと難しいです。
8時集合で11時帰着だと、「どこかによって休憩して食べて帰ろう!」が難しいんですよね。
どこもまだ開いていない・・・(苦笑)。

コース途中はちょっと厳しいなと思うので蓮華寺池か・・・もしくは岡部。
峠の駐車場でさきに折り返して寄っていくという手はどうかな?
10時15分くらいにはお店開いているのかな?
それなら寄り道可能な気がします。

今のところ、ツーリング組は「ツーリングの練習」という形です。
ツーリングでも「グループで走る」はとても重要です。
例えばロングライドイベントを1人で走り切るのって意外とつらいです。(特に初心者にとって)
ペース配分もそうなんですが、グループライドで走るほうが「楽に」「速いペースで」走行が可能です。
「列走行が怖い」と言うことも、実地で練習しないと解決しない問題です。ロングライドのイベントでは周りに同じライダーがいるということも。周りのライダーが敵になってしまうのか、味方になってくれるのか。
そういったことを少しずつ解決していきましょうと言うのが、smrのツーリング組・・・のはずなんですよね(笑)。
始めは前のライダーがなにをしてもよけられると思う距離で(それが何mかは言いませんが)離れて走っていても大丈夫。少しずつ前のライダーの動き、その前の状況がわかってくれば「空気抵抗の低減」を受けられる距離で安全に走ることは可能です。
初めての参加のライダーがいるときは、注意や励ましが必要だと思ったら声が掛けられる位置を必ずサポートするように心がけています。

まぁ、そんなわけで、グループライドデビューしてみたい方は、ぜひ声をかけてくださいませ。
仲間を増やすことがグループライドを楽しく走るコツ・・・なのかなとは思いますけどね。
smrの参加に関してはほぼ自由参加です。(初回だけbici-okadamanにご連絡くださいと言うことをお願いしています。)

※基本的に休憩場所はトレーニング組もツーリング組も同じ場所。(コースの距離は違います)
※トレーニング組もツーリング組も組の移動はその日の気分でOKです。