サングラスは自転車にとって必需品

SMITH WILDCAT

SMITH の新型サングラス、WILDCATが入荷しました。

左側のイエローの方です。僕の写真載せようと思ったんですが・・・自撮り難しいです。ちゃんとサイクルウェア着用したときに撮ります。
今、流行中の縦に広く、平面(左右に湾曲してます)のレンズのサングラス。取り外しもしやすくてクリアレンズが付属しています。SMITHはクロマポップという独自のきれいなレンズを持っていますからとてもお勧めです。
来年からは僕も少しずつサングラスを別ブランドで使う予定です。

サイクルスポーツとサングラス

ロードバイクだけに限らず、MTBでもトライアスロンでもそうなんですが、サイクルスポーツにとってサングラスは切っても切れない存在です。とにかく「目の保護」が重要です。日差しやUVケアだけでなく、目に飛び込む可能性のある埃や虫からの防護、落車などをしたときの目周辺の保護・・・と、多岐にわたっています。なので、Jr.の子たちにも「サングラスは必ずするように」と。ファッションではないのでヘルメットに付けていたり・・・では意味がないです。(登りなどでは外しているケースもありますけどね。)

サイクルスポーツで注意すること

例えばランニングの時のサングラスではあまり重視されないことですが、特にロードでは視線が若干上目遣いになることに注意が必要だと思います。鼻が低いと言われている日本人にとってはちょっと注意すべきことで、鼻パッドが調整できるものがベストです。ランの時だと少し上目についてしまうので特にトライアスロンなどだと気になる人もいますよね。
もうひとつ、速度があるていど速いので日向と日陰の時の見え方の違いも。
一応、店内に在庫中のものは、ノーズピースの調整にこだわっておいてありますので、某サングラスメーカーに飽きたかたはどうぞ(笑)。