Cinelli

まだ予約分が入荷してきてない(苦笑)ブランドなんですが、チネッリ?普通はチネリって呼ばれてますね。昨日ちょっと話題がでまして、他のモデルが代理店には在庫中になっているのでご紹介と。(あ、今日は定休日です^^;)

チネリは近年はレースの表舞台に立つことがないブランドなので、プロモーションも片手落ち?気味なんですが、伝統的クロモリフレームを継続している一方で新しいものにチャレンジすることが好きなブランドですよね。デザイン系に関しては右に出るものがいないんじゃないかと思います。

ディスクブレーキ、スチールフレーム、カラーに注目

伝統的スチール(鉄)フレームを製造しながら、近代スチールフレームにもディスクブレーキモデルを用意し、ほぼすべてのカーボン・アルミ・スチールモデルにディスクブレーキ対応モデルしていますから車種の多さではほかにも負けてません。なによりカラーセンスは素晴らしいなと僕は思うのですがいかがでしょう。
それぞれの素材には良さもあり、それを知り尽くしているのは実はチネリ。自転車用の素材メーカーでもあるコロンバスとのつながりが強いということもありますが、イタリアブランドの中では本当にディスクブレーキ”も”対応するのが早かったのです。
どちらかと言うと、ガチのレーサーモデルは少な目、エンデュランススポーツとして、ロングライドのサイクリングとして、あるいはモデルによってはコミューターロードとしての位置づけのモデルもあり、フレーム売り、完成車でコストパフォーマンスもそこそこ抑えられているのも魅力的かと。

bici-okadamanでは取扱いしておりますので~。