Muc-offタイヤシーラント入荷

Muc-Off TUBELESS SEALANT KIT

先日、朝のライド中に「チームスカイが使ってるルブ注文しといてくれ!」って頼まれていたのですが、「はい」って返事はしたものの注文できる機会が訪れず・・・。チューブレスのシーラントを探していて思い出したのでこちらと一緒に注文だしました(笑)。↑に移っているルブとは別ですよ。

と、言うわけで「NO PUNCTURE」ハッスルチューブレスシーラントキット入荷です。これにしたのはちょっと理由もあって、ロードだと前後1回の装着で使いきらない容量なんですよね。大体1本分余分に入っています。ご自宅でパンク修理での追加やもう1回自分でセットしてるときに使えます。キットとして入っているので必要な道具もそろっています。便利でしょ?だいたい、6㎜くらいまでの穴なら塞ぐことができる可能性がある(100%ではないので念のため)とのこと。

チューブレスレディ仕様には必須です。

基本的にリムかタイヤのどちらかが「チューブレスレディ」の仕様ならば「シーラントは必要」です。シーラントが不要なのはリムとタイヤどちらも「チューブレス」である場合のみ。現状ではチューブレスよりもチューブレスレディのほうに開発が進んでいます。メーカーがシーラントを使うことにメリットを感じている?かもしれません。
シーラントは液状に近い膜をタイヤ内部に作ってしまうので、エア漏れのリスクがチューブレスよりも低いように感じます。さらに、パンク時には穴を埋める作用が働くので小さい穴なら気が付いていないかもしれませんね。(大きな穴が開くとシーラントが噴出するなどのデメリットもあるにはありますが。)

実際にチューブレスレディタイヤを使用していると、チューブレスタイヤに拘る必要をあまり感じませんね。タイヤの性能に関して言えば、チューブレスレディにすることで利点もあります。

「チューブド」タイヤにシーラントは効果が薄い…。

ということだそうです。某メーカーで聞いてきた話。
まぁその辺はお店のほうでお話しますが。