ロードバイク最初の1台。

急激に暖かくなってきてそろそろ自転車乗りたくなってきませんか?
と、言うことでbici-okadaman的最初のロードバイクは何が良いかな?と言うことでこれまでに入荷してきているものも含めて紹介です。
まぁ、「ロードバイク的」なものに絞ってみるとという感じですが。

Cinelli Semper disc

ディスクロード

まずはオーソドックスにですが、今年からスタートさせるというのであればまずはディスクロードをお勧めします。
ブレーキの形式が大きく変わりつつあるのが今のロードバイクです。車軸に取り付けた円盤をブレーキキャリパーが挟んでいく形式です。これまでのブレーキシステムはホイールとブレーキを兼ねている部分があったのが、ブレーキがほぼ専用品になったことですね。それはともかく「ディスクブレーキをお勧めする」のは、ブレーキシステムとしてより強力だからという理由もありますが、「太いタイヤが嵌るようになったから」が大きな理由です。
細いタイヤによる見た目な不安感以外にも、耐パンク能力、衝撃吸収性、安定性に加えて、「速さを損なわない」と言うことが大きいです。今や、レースで使われているロードバイクもどんどんタイヤサイズが太くなっているのが現状なんです。(下の写真の車軸付近に見えるシルバーの円盤がディスクブレーキの一部)

で、紹介しているCINELLI SEMPER DISCは、現状の上位モデルと同じフレーム規格を用意されていますが、ブレーキシステムは従来のワイヤで引っ張る「機械式ディスクブレーキ」でうまくコストダウンしてあります。特に初心者や輪行などで旅をしてみたい人には向いている仕様で、油圧よりもメンテナンスが簡略なメリットもありますね。ブレーキ力は街乗り~サイクリングには十分な仕様になっていますが、グレードアップの余地もあります。

で、もう1台は。

Jamis renegade

あえての「グラベルロード」

純粋なロードバイクとは違いますが、林道、砂利道なども走破することができるロードバイクと言うことで、グラベルロードもお勧めです。
特に「サイクリングしたいけど特に目標があるわけではない」「色々走ってみたい」「ロードの姿勢やタイヤがちょっと怖い」と言う人にお勧めです。速度領域はロードバイクに比べて少し落ちるので、仲間で走りたいと言う方は・・・ロードの方がお勧めかも。目的に応じて選んでもらえば快適です。
見た目通りで、
ディスクロードの中でももっとも太いタイヤが装着可能。写真のタイヤよりさらに太くも可能ですし、ギア比も全体に低めに調整してある。
砂利道などを走るということでもともと直進安定性がよくなるように設計もされていて、長距離、積載性もロードバイクよりは優位。
もうひとつ、グラベルロードは比較的グレードを問わないということもあって、価格帯が安価なところからスタートしているメーカーも多いです。(ちょっと旧い規格を使っていますが汎用性は大丈夫です)
bici-okadamanではJAMISを筆頭にFELT、SCOTTあたりがメジャーブランドでしょうかね。

グラベルロードを推す理由。

ロードと言いつつ、ロードじゃないじゃんと言う人も多いです。
ですが、ロードバイクもジャンルが少しずつ増えている・・・と考えればグラベルロードだって「汎用性の高いロード=SUV」的なとらえ方で乗ってもらったほうが使い方を限定しないのでお勧めできるんですよね。まずはどんどん乗って欲しいという点でグラベルロードがお勧めな方もいますのでぜひ実物をご覧になってから検討してみてください。