ロードでも積極的にSPDビンディング。

GIRO取扱い開始~

おはようございます。
今朝はGグループ(じーさんず‐うちの父たちのグループです。すでに孫がいますからね^^;)が、雨が止んだ!って喜び勇んでサイクリングに行きました。週2回ペースで行ってますからマメなもんですね。近場を走ってますがちょうどいい運動に収まるようにするのが長続きの秘訣かと。(注:元々はサイクリストではありません)

で、ここから本題。
Gグループのメンバーは基本的にほぼ全員がフラットペダル(固定具なし)なんです。理由は嵌め外しが不安だから。元々がサイクリストとして走っておられたメンバーもいませんし、60代過ぎてからサイクリング始めた人達ばかりです。そんなメンバーに無理してビンディングペダル使いましょうなんて言いません。

SCOTT SOLあACE

敢えてビンディングを紹介するのは・・・

そうではなくて、ここでビンディングを紹介しているのはロードバイクに乗っていてすでに「ロード用ビンディング」を使っている方たちへです。昨日もロード用ビンディングに慣れなくて「立ちごけ」しちゃった・・・と言うことで相談を受けたのですが、基本的に「ロード用(3穴タイプ)」は固定力が強いですし、「片面のみ固定」、「もう片面は踏み面がない」というタイプが多いのです。唯一両面がつかえるSPEEDPLAYも固定力(特に嵌める側)が強くて万人向けとは言えません。そんなわけで、一番上のMTB形式でよく使われるSPDタイプをもっと活用しましょうと言うことです。

Crankbrothersお勧めです。

MTB系やアーバン系のシューズが使えるというメリットも大きいのですが、最大の魅力は「外すときのばねの柔らかさ」です。
シマノに「クリッカー」と呼ばれる初心者向けSPDもあり、通常SPDよりもキャッチ&リリースのばねが弱いのでそちらもお勧めですが、crankbrothersはばねがもともと弱い設定で、「ベテランはリリース角(外れる角度)を大きくしてね」というパターン。踵をひねって外すのがリリースと呼ばれるのですが、crakborothersではクリートを3パターン用意して、ちょっと(10°)ひねれば踵が外れますよという「イージーリリース」クリートの用意があります。
足を着こうとする動きは基本的に足を外へ動かそうとするので、自然に外れるようにするにはリリースのばねを弱くするのは正解なんです。

ロードツーリングにもおすすめ。

ツーリングするときに、「ロードシューズでは歩けないから」ってことで行動が制限されることもありますよね。MTB系シューズはその制約がありません。ロングライドイベントや輪行・宿泊ライドなど「走る」+「歩く」で世界が広がるSPDシューズを活用してみましょう。

本日のsmr(19/02/03報告)

19/02/03 smr 開始

本日のsmrは途中参加も含めて14名の参加でした。
トレーニング組が9名、ツーリング組が5名ということで良いのかな?
帰路にトレーニング組とツーリング組のメンバーをちょこっと入れ替えました。休憩場所が全組同じなので、行きと帰りでグループ移動もできます。ちょっと調子が悪いとか、半分だけ頑張りたいとか自由が効きますからね。

今朝のミーティング時は気温も低く、霜が降りている状態だったので路面凍結箇所も気になりましたが大丈夫でした。


ツーリング組のほうが先に蔵田着になりますが、トレーニング組がほぼ全員上がってきたのを確認して下の峠駐車場の広場へ降って集合。行きのコース途上でもあるので早めに休憩に入ってもOKですし、下りが苦手な人でも置いていかれる心配がないということを考慮してあります。グループ再編成はこの場所で。
今日はこちらもぽかぽか陽気でした。

帰着

バイクスタンドがフル活用される位には人数が集まりました。
後は昼食やその後の予定に合わせて三々五々に解散となります。

また来週もsmrは通常どおり実施します。
日曜日、晴れますように。

bici-okadamanは営業中です。

明日のsmr-2月3日予定

(19/02/02)
明日のsmrは通常通りの実施です。
・8:00 bici-okadaman 集合 -11:00帰着予定です。
・距離はトレーニング組が65㎞前後、ツーリング組が55㎞前後になります。
 (トレーニング組が途中で周回を回る設定になりました)

smrの休憩場所~(イメージ図です)

お待ちしております。

今日はトラ女子組メンバーと話をしたんですが、まだまだマラソンシーズンなので・・・なかなか参加が難しいみたいですが、もうちょっとしたら参加するので~とのことでした。

ホームページの改修中(19/02/01)

最近のホームページ関係のアプリ?いまだに使いこなせずなんですが、「これやりましょう」「こうすると良いですよ」と教えてくれるようになりました・・・じゃぁやっといてくれよって感じですが自作なのでちまちまと頑張って治してます・・・(苦笑)。と、言うことでbici-okadamanのお仕事についてちょっとずつ載せてます。まずはbici-okadaman’s workということで完成車など結果的なものですが。途中経過みたいなのは…。リンクはこちら
さすがに昔に遡って・・・みたいな感じでもないですし、セレクトもちょこちょこと抜けていますがまぁそれなりにお仕事してますのでどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。見てお分かりかとは思いますが、ロード&グラベル系クロスバイクとトライアスロン系に偏ってはおります。これらのスポーツバイクはポジションやフィッティングの変遷もありそれらのフィッティングのお仕事も当然ながらやっているんだけど色々載せられない写真ばかりですみません(苦笑)。
smrのほうも走っているところとか撮りたい&自分の走っているところも撮らなきゃ!とは思うものの、基本は「一緒に走りましょう」スタイルなので撮影に回るためには行動が別になる必要もありまして難しいです。撮れそうなところはもう登りの終わり頃なので単独走してますしね(笑)。

朝のミーティングくらいだけです僕の写真・・w。