2020バイクの予約受付中デス。

と、ともに在庫中の完成車をはじめ一部商品を「入替えのため」セール中です。
まぁ完成車、型落ちじゃない(今期も継続の某ディスクロードです)のでお買い得だと思います。

2020はロードバイクに関しては「ディスクロード」「グラベルロード」が中心になってきます。「リムブレーキロード」はフレーム販売を含めて上位モデルから姿を消しつつあります。軽量性に優れるリムブレーキ系ですが、安定感やグリップ、障害物に対してのパンクリスク対応にはディスクブレーキ系の設計自由度のほうに長所があり、競技者レベルでもほぼ受け入れが進んできた現状から大手ブランドでもディスクブレーキ系へのシフトが進んでいるようです。

bici-okadamanでは、ディスクブレーキ系ロードのシフトへも積極的対応中ですが、まだこれまで使用している機材との関係でリムブレーキを使いたいという方もおりましてリムブレーキ系のバイクのことを忘れたわけではありませんよ。
・ぶっちゃけディスクブレーキロードはどうなの?
・ディスクブレーキは重くなるよね?
・輪行は大変だよね?
・ディスクブレーキのメンテナンスって大変だよね?
・下りはリムブレーキでも大丈夫でしょ?
等々、疑問にもすでにライド&メンテナンス実績から十分にお答えできるかと思いますのでどうぞご相談くださいませ。

ちなみに、僕の今乗っている2台はこちら。来年もこちら…(笑)。