SCOTT 2020

実は今年(小売店向け)展示会がないという話なのがSCOTTでして‥。
すでに佐渡でADDICT RC(ディスク)がお披露目されているのと、今週の王滝でもMTB系がお披露目されていて一般ユーザー向けは会場で見られます状態なんですよね。どうやらADDICT RCもグレードによっては10月には初回入荷の見込みだそうです。MTBも欲しいけど・・・(笑)。

すでにWEB系カタログは登場していてきちんと説明もされているのでそちらもどうぞ。
SCOTT sports

僕の場合はロードは’19でFOIL DISCに乗り換えてしまっているので今期も・・・はないですが、引き続きFOIL DISCも推していきますし、ADDICT RC(こちらもディスクモデルのみです)もプッシュしていきます。ハンドル回りのケーブル処理についてはフル内蔵にしなかったFOIL DISC(ようはモデル更新がまだなんですが)ときちんと「調整」に目を向けているADDICT RCにそれぞれ利点があるんです。
特に自分が乗り換えて毎回思うことなのですが、「前のバイクのハンドル高さや遠さは簡単には引き継げない」と言うことがあります。リムブレーキ→ディスクブレーキに限らずバイクの特性の違いから操作性やペダリングを考えて高さも遠さも微調整していることもありますし、年齢やスキル、乗車環境を考えて時々ポジションを変えている人は特にハンドル回りの整備性は重要です。
まぁあくまで勧める側の意見としては・・・なので、「このモデルが良いんだけど」という人もウェルカムです(笑い)