cervelo S5 disc

cervelo S5 disc 組み上げました。

見た目に反して?意外と組みやすい設計になっていました。
以前に多かった、オリジナルリム(V)ブレーキ仕様よりは配線がスムースになっているので、作業工数が多いとは言え「頭を悩ませる」作業がないのは良かったです。油圧ディスクのブリーディング作業も実際にやってみると通常作業となんら変わりがなくできました(ボルトの脱着作業だけは多いのですけど)。技術の進歩って凄いですねぇ…。

S5は現時点ではもっとも「エアロロード」な設計を誇る1台と言っていいと思います。組みながらいろいろとチェックしていたのですが、さすがにエアロ全振りしているなぁという印象です。現代はエアロと言ってもオールマイティに乗れなくては使えないですし、重量にも目を配る必要があれば、横風対策も必要です。
SCOTT FOILに代表される仮想フィン設計が多いなかで翼断面に近い設計なのは珍しい部類になってきていますからね。


V字のステムなども機械式変速すらスムースに変速させるためのルーティングとしては最高なシステムのようで外装変速となんら変わりないレベルの変速性能でした。そのほか、さすがはcervelo・・・と。
もうすぐフィッティング&納車というところです。(バーテープはフィッティング後にというところです。)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください