シーズン終了からのO/H

弊店お客様のマキノ君が’19のトライアスロン最終戦を終えてバイクのオーバーホールにそのまま持ち込みいただきました。
トロフィーと一緒に!(ご本人許可済み)

バイクラップもベスト10以内だそうですが、ランラップ2位ということでバイク強化が進んだ1年ではなかったかと思います。(毎月FTP計測会と称してローラートレーニングチェックをしてました)おめでとうございます。

ご本人曰く「パワーメーターでのペースコントロールがうまくいった」とのことで、ロングもショートもうまく活用できていますよね。スイム強化はもちろんですが、まだまだ底上げして仲間の刺激になるのではないでしょうか。
バイクに関して言えばパワーメーターの装着はトライアスリートにもとても有効であることが実証できていると思います。コースのところどころに出てくる登り勾配、下り勾配や追い風区間、向かい風をどのようなペースで走ればよいか?実際には登りで頑張りすぎ、向かい風で頑張りすぎという場合がほとんどなんです。

さて、明日からこのバイクはオーバーホール作業をします。
トライアスロンの場合、レース終了後は補給食などの残りがバイクについてしまっていたり、スイム終了からバイクへ移る関係で海水などが付着しているため、バイク洗浄やボルト類の交換、消耗品のチェックと交換は「少なくとも毎シーズン」をお勧めします。その際に来シーズンを見据えたポジションチェックなどもしておくといいと思います。TTバーなどモデルチェンジが進んできていまして、肘置きパッドの形状やバーの持ちやすさなど快適性だけでなく安全性にも直結する開発が進んできている印象です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください