bici-okadaman’s work

これまでの写真を整理?してアップしていきます。

ロード(リムブレーキ系)
まだまだ主力のリムブレーキ系ロード。特にホイールやパーツ載せ替えでの需要が続きます。成熟したリムブレーキ系がディスクロードの刺激を受けてどう変わっていくかもポイントかも。

リムブレーキロードでも「ワイドタイヤ化」の流れが止まらず、基本的には28Cタイヤが装着できるかどうかがお勧めするポイントになってきています(使うのは25Cが中心)。アルミモデルは初心者~誰でもOKなのですが、ロード競技者にはちょっと注意が必要なエンデュランスモデルが多くなってきました。カーボンモデルは今がもっとも成熟したものがおおいです。

ディスクロード(オンロード)
これから採用が増えてくる業界の関心事(笑)。2019はワールドツアーのレース現場でも使用率が50%を超えてくるだろうと言うことでbici-okadamanでも採用を勧めていきます。これからですよ。

取扱い先の傾向からSCOTTが中心になっていますが、他社も今後は(笑)。
重量不安からエアロロード系が先行していますが、オールラウンド系も今後は。

TTバイク・トライアスロン
主にトライアスロン系が多いですが、ロング勢を中心にTTバイクの導入の際にアドバイスをしながらお勧めしてます。これからトラの出場を考える方はロード系からのカスタムでもお勧めですね。今後は日本のコースの特徴も考えてディスクブレーキバイクの導入が進みそうです。

大井川トライアスロンに合わせて、ロード+TTバーの組み合わせも多いですが、ミドル・ロングへの出場に合わせてTTバイクへの乗り換えが増えてきています。日本のコース特徴から過激な平坦番長系よりも登りも多少こなせる万能系を勧めていますが、今後はディスクブレーキを装着したバイクへのお勧めを考えています。レース環境も下りで苦労することが多いのですが、静岡中西部の土地柄を考えると・・・。

グラベルロード
勢いを増すグラベルロード人気、bici-okadamanでは、ソロツーリング志向のオンロード仕様に寄せることが多いですが、元々はレーサーのバイクもあるのでガンガン使いたおすにちょうど手頃なバイクです。

グラベルロードはお客様の志向によって多種多様な組み方が可能です。
海外ツーリングに持っていくための機械式ディスク+フロントシングルでシンプル化、ブレーキ強化を含めて油圧ディスク化、フロントダブルで行動範囲を限定しないように、キャリアを取り付けてバッグ類の設置をしやすく・・・。スチール、アルミ、カーボンモデル、コストと志向に合わせて自由にバイクを組み立てられます。タイヤサイズ28C~35c前後がツーリング用途に合わせて人気です。

Crossbike / Kid’s bike etc.
クロスバイクは徐々にグラベルロードへ移行中。Kid’sはキックバイクとMTBが中心でした。
その他にBurleyの子供載せトレーラー。

フロントシングル化

MTBでは主流となったフロント変速機を省略して変速の仕組みをシンプルにしようという取り組みをロードでも。

2018年よりロード&グラベルロードのフロントシングル化のテストを開始、依頼もいただくようになりました。スポーツバイクは前・後ろの2つの変速機を操作し、その組み合わせで負荷に合わせたクランク回転数を決めることになります。組み合わせが多ければ多いほど良いという時代が長く続きましたが、結果として重複するギアも多くなり、操作が煩雑・組み合わせに頭を悩ます・・・と言うことが生まれています。フロントシングルは前側変速を廃し、シンプルな変速比率配置で走ろうという方法です。ナローワイドチェーンリング・効果的な前側のギア構成、リアスプロケットのギア比構成を選ぶことで、コースを限定することも無くなってきています。

トライアスロン
トライアスロン用品関連も積極的に取扱いしております。こちらは主に入荷・紹介した用品などをピックアップしていきます。(情報が古いものも残っていますがご容赦)

ライドサポート
トライアスロン大井川港大会
公式メカニックサポート
smrの主宰、Jrチームのコーチ
etc.