在庫中:再up CARRERA/WILIER/BOMA

bici-okadamanでは基本的にバイクサイズ最優先で「ごまかして売りたくない」ので完成車&フレーム在庫は持たない主義なのですが…色々な事情で在庫中の2017年モデル在庫についてお知らせします。

CARRERA ER01 (size-S) ¥98,000+tax
(例:105完成車¥190,000+tax アルテグラ完成車¥235,000+tax)
イタリア、カレラの末っ子は今年デビューなのですがフレームサイズの割にハンドル高が高めになる設定なので、これからロングライドデビューしたい人には使いやすいと思います。その辺も考慮して設計されているようで、長めのホイールベースなど「乗りやすい」ことに主眼が置かれていますね。
ちなみにサイズSは170㎝前後の人向きかなと考えています。メーカー完成車もあるので105、アルテグラ完成車は同じ仕様であれば同じ価格で、それ以外でも組むことが可能ですのでご相談下さい。

Wilier monte grappa team ティアグラ完成車(size-S) ¥145,000+tax
Wilierのアルミシリーズも2017年から新型フレームに変わりました。(旧型も引き続き用意されていますがいずれはこちらに統一されるのでは)
フォークはカーボンモデルと同じフルカーボン仕様を採用しています。また、リア側の形状は上位のカーボンモデルのフォルムを採用しているというデザイン的にはかなり意欲的な造りにはなっています。アルミフレームモデルもシートポスト径が細くなるなど、やはり衝撃吸収性能を優先させるようになっています。「アルミだから」と言う枕詞が不要なほど今のアルミバイクは万能に使える仕様になっています。

BOMA C-1 Limited (フレーム¥135,000+tax)
参考で105仕様完成車・・・¥230,000+tax
(BOMA Cofy-2に105完成車仕様があるのでそちらと同価格にします)
今年新型になったBide Lumiere と在庫させる方を迷ったのですが、限定カラーということで逃したら終わりだし…とも思いこちらを入荷させています。
こちらはM-480表記なのですが、このバイクも上記2車種とほぼ同じサイズ。サイズ表記にあるS-M-Lってメーカーが所在する国によって違うケースもありあまり当てになりません。ウェアの外国サイズとにたようなところがあります。
C-1は同価格帯にあるCofy-2に比べて若干コンペティションモデルです。より高剛性に、ポジションも低いポジションを取れるようになっています。もうひとつ、限定モデルの方がオリジナルカラーより軽いと言う点もミソですね(笑)。じつは白色塗装はどうしても重くなってしまうとか。カーボンフレームは地が黒系なので暗色の方が塗装が薄くすることが可能な点が効いているそうです。これまでに実績のあるC-1フレームなのでガンガン走りたい人に向けてはお勧めですよ。



いうことで、以上3点の在庫あります。
完成車価格もメーカー仕様として用意しているものに基本合わせるようにしますのでフレームだと完成車価格が分かりにくい、割高に感じるといった点もある程度解消できるかと思いますのでぜひご相談くださいませ。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

オーバーホール作業の受付のお知らせについて(3/21~3/28)

オーバーホール作業の受付についてお知らせです。
今週3/21~24と、3/27~28に予定するオーバーホール作業をいただきましたので、次のオーバーホール作業の受付可能予定は3/30~31(受入れ今週末~お渡し来週末が可能です)となります。また、それ以降のオーバーホール作業のご相談についてもいつでもお伺いいたします。ご来店時にバイクをお持ち込みいただけるとバイクの状態を確認しながら大まかな見積もまとめさせていただきます。
オーバーホール作業は作業時間に加えて部品準備、待機時間が必要になるため現在は最低2日のお預かり期間をいただいています。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

gruppo bici-okadamanジャージ予約状況更新です。

gruppo bici-okadamanジャージについて

現在Mサイズの予約状況が多くて残りが1枚となっております。
Sサイズ、Lサイズはそれぞれ現在の在庫が1枚ずつありますが、Mサイズは予約のみの受付です。欲しい方はお早めにお声がけくださいね~。

P.S. Mサイズの予約分がいったん埋まりました。引き続きキャンセル待ち(サイズ違いの可能性があります)+再追加注文分の予約をお受けしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

gruppo ジュニアメンバーたち。

たまにはFBの別ページも更新しなくてはと言うことで。

今年高校を卒業する2名を含めて、ジュニアだったメンバーたちが頑張ってます。
2017年はこちらのジャージでレースを走ります。
FB-gruppobici-okadaman Jr.のページ
これまでのメンバーのうち、OBのもう一人は学連レースへ出場中です。

現在は正式にgruppoのジャージで走っているジュニアメンバーは1名だけです。
高体連登録をしているメンバーもいますし、ジュニアメンバーじたいは2名になりますけどね。以前はJCF&実業団チーム登録の形で走っているメンバーもいました。メンバーの走りたい形態に合わせて対応していこうと言うのが今の僕のスタンスです。
gruppoやsmrのメンバーに支えられて走ってきたことはOB達も今後も忘れずに続けてほしいなと思います。ちなみにsmrに参加されるかbici-okadamanのお客様であればgruppo bici-okadamanの加入?はいつでも歓迎しますので、ジュニアメンバーとは別によろしくお願いいたします。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

TTバー上のハイドレーションについて

CEEPO KATANAをお引き渡ししました。
このバイクはサイズXL、185㎝台の身長の方が乗られます。
日本にはなかなか入れていないサイズなんだそうです。

ただ、今回のTTバー上のハイドレーションに関しては縦型を採用しました。

profile designから新型のハイドレーション台座が出ています。
これまでマジックテープなどでとめる形式が多かったのですが、ネジどめに変更されて台座がしっかりと固定されるようになりました。また、縦型ボトルの形状に合わせた台座がよりしっかりと固定するようになったこと、専用の赤いゴムバンドが付属されるようになり脱着がしやすくなったことで縦型の設置性がよくなった印象があります。
縦型のメリットはTTバーの持ち手を邪魔しないこと。


以前、僕が珠洲トライアスロンに出るために苦心して取り付けた方法ですがTTバーの前の方を侵食してしまうためにやった逆付け方法なんですが、TTバーが短めにセットされている人はもっと大変なんですよね。手に当たるどころか持つ場所がなくなってしまうと言う人が多かったのです。


TTバー前方はこれだけ余裕が生まれたのでバーが短めにセットされている人でも大丈夫かなと思いますよ。
・・・ちなみに、もともとこのボトルは台座レスで売られているのでバーの間に挟み込むだけで使用している人が多いように記憶しています。ボトルはグラグラしますし、段差で跳ねやすいのでお勧めできません。近年しっかりした台座もでていますのでやっぱりちゃんと固定しましょう。

毎年、こまかな変更を受けて登場するパーツ群ですが、使用経験に基づいて評価できるように取り組んでいます。マンパワーは小さいですがより実用的、実践的なパーツ群は紹介できるようにしていいきたいと思います。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

本日のsmr(2017/03/19報告)

本日のsmrは9名の参加でした。高校生1名が先輩にひきつられて初参加でした。
先週からは・・・4名が引き続きということなので半数入れ替わりになりましたが、よく人数が一定になるなと言う感じです(笑)。

今日のメンバーはちょうど3名-3名-3名のパターンになり、前の2グループのうち真ん中が高校生になりましたので頭を使ってもらうように追いつく位置の指示をだしましたが・・・1人が早々に千切れて半分くらいできたかな?と言う感じでした。危なくならない程度にゲーム性を持たせるトレーニングはまた人数が集まるようになったら実施したいと思います。ゆっくり組はマラソンのリハビリ組&ブランクからの復帰トレーニング中の3人で走りました。ゆっくりの時でも先頭交代は定期的に、かつメンバーの脚をそろえるように行います。だれか最初から最後まで引いてくれる人がいれば楽と言えば楽ですが、ついて行くだけと言う意識になり楽しさも少し減ってしまいます。また先頭交代をすることで誰が余裕があって誰が苦しそうかをグループで共有してもらうことができるようになるとグループライドのペースが上がるのです。余裕があるなと思えばちょっと長めに、余裕がないなと思えば短く先頭を引いて交代することによって皆の疲労分担を図るのです。
短いライドでは先頭固定やグループばらばらでもある程度走れてしまいますが、長い距離になればなるほど先頭交代をしながらまとまって走ることの有効性が大きくなります。
と、いうことでゆっくり組でもできるようになったら先頭交代をして走りますよ。

帰路はメンバーの入れ替えをちょっとして走りました。
帰路は基本的には速いグループほど「トレーニング」の意識が強くなります。
先頭交代をしつつおっかけっこ状態になると、下り気味のコースなので危険度も増してしまいます。おちついて走れることが第1かと思います。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする

明日のsmrについて(3月19日予定)

明日のsmrは通常通りの実施です。
雨天にはならないと思いますが・・・雨天のみ中止のグループライドです。ヘルメット着用ということと、安全の意識を持ちましょうねと言うこと、それから自己責任でお願いしますと言うことをお願いしています。

レースのトレーニングのために走りたいもよし、ツーリングのつもりで仲間で走る感覚を身に着けたいも良しと思っていますが、基本的にはグループライドなので複数人で固まって走りますし、逆に千切り合いのような形にはある程度制限も必要かなと思っています。要は「いかにグループで安全に走るか?」がツーリングにもレースにも必要なスキルなんです。単独で走るさいのペースが15㎞/hだとするとグループライドで同じルートを走るとだいたい20㎞/h近くになることがあります。そうなると、同じ労力でペースが上がった分だけより遠くに走りに行くことが可能なんです。どうやったらグループ内で安全に、冷静に走ることができるか?は同じグループメンバー、同じコースで定期的に練習することがもっとも効率的だと思っています。

と、言うことで・・・smrは明日も通常通り実施します。

カテゴリー: bici-okadaman | コメントする